山梨県の工務店にリフォーム相談

山梨県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

山梨県でのリフォームのポイント

軍神が護る富士の国!山梨県を語る。

案外東京からほど近い場所に位置する山梨県ですが、その魅力を知る人はどれほどいるのでしょうか。実は面白い点がたくさんある山梨県、今回はそれを語っていこうと思って降ります。少しでも伝われば幸いです。


・山梨と言うけれど、山無し県ではない

多くの山々に護られる地、山梨県。その景色はまさに雄大の一言です。一度、山登りなんかに行って見たいものですね。

山梨県は、その名前にかけて「山無し県」なんていう人が結構いますよね。

しかし、それは大きな間違いだということをご存知でしょうか。赤石山脈や八ヶ岳、そして奥扶父山脈という山々に囲まれており、しかもそのすべてが2000メートル級です。そのため山登りで訪れる観光客がかなり多く、紅葉のシーズンなんかになると他県では類を見ないほどの人々がやってくるのです。

名前とは裏腹に山に恵まれている県で、そのため気温も低めですので夏なんかは結構涼しい場所があったりします。夏休みなんかに訪れる避暑地にも結構ピッタリで、山梨県に別荘を所有しているセレブなんかも結構いらっしゃいます。

そして、山梨にある山といえば、はずせないの富士山です。


・富士山と山梨県

山梨県にある富士山は、この景観はバツグン。昔から日本を代表する景観として絵なんかでもよくモチーフにされてきました。今でもこういう感じのポストカードは定番となっていますよね。

実は山梨県は、富士山を所有している県でもあります。

「富士山といえば静岡県のもの」と思っている人も結構いますが、実は静岡県から見えている富士山は、行ってみれば「裏富士」だったというわけです。

こういったこともあるので、富士山が見える場所に別荘を構える人というのが結構いらっしゃるんですよ。しかしその金額は土地代なんかを含めると東京の一等地を越えるレベルになってしまうことも少なくありません。

なので、セレブな人でも中古物件のリフォームを利用して金額を少しでも抑えようとするみたいですね。

それだけ、富士山を眺めることができる景観というのは価値が高いというわけです。

何しろ、日本を代表する山ですからね。


・ミネラルウォーター

今では当たり前のように出されるようになったミネラルウォーターですが、かつては「水をわざわざ買うなんて」といわれるほどでした。

 

そして山々に囲まれているということは、水が多いということにもつながります。例えばコンビニなんかで良く目にする「南アルプスの天然水」は、山梨県から来ています。


富士山や南アルプス山脈から流れ出る天然の湧き水はミネラルが大変豊富で、お酒との相性も抜群です。そのため、バーなんかでは「南アルプスの天然水」のウォーターサーバーを設置しているほどです。ちなみに山梨県の水道水も、ミネラルウォーターほどではないにしろ品質がかなり高いです。


また、一部家庭では未だに井戸をリフォームしながら使用しているというところも結構あります。それだけ、地下水も美味しいというわけなんでしょうね。他県ではなかなか見ることができません。

 

・果樹栽培が盛ん

世界中で愛される果物、葡萄。特に巨峰は身も大振りで、更にみずみずしく甘みが非常に強い種の葡萄です。デパートなんかでは結構良い値段で売られてたりしますよね。

 

高地が多い山梨県では、果樹栽培が非常に盛んです。

特にブドウに力を入れており、なんとワインを製造しているほどです。地酒がワインなんて結構シャレていますよね。

そのため一般家庭でも地ワインを常備しているというところが結構あり、中にはリフォームを活用してワインセラーが自宅にあるなんて家庭もあったりします。

味はといいますと、海外のワインに比べると渋みが少なく、日本食にもあわせやすい甘口な味です。ですのでお酒が苦手という人も結構飲みやすいんですね。

金額も千円~二千円程度なので料理にも使いやすく、例えばビーフシチューに使用すると、硬い牛肉の赤みも非常にやわらかくなり、お手軽に本格的なものが楽しめます。


・武田信玄

山梨県民に「好きな四文字熟語」をたずねると必ず「風林火山」と返ってくるでしょう(笑)大河ドラマ「風林火山」のビデオ、DVD、ブルーレイのすべてを所有する人も多いのだとか。

そして、山梨県を語る上ではずせないのが「武田信玄公」です。

今絶賛放送中の大河「真田丸」に登場する真田の一族が使えていた武将で、「軍神」とも恐れられたほどの人物です。「織田信長の鉄砲隊」と「武田信玄公の騎馬隊」は、歴史を知らない人でも知っている二大ワードではないでしょうか。


山梨県の人たちは、とにかく武田信玄が大好きです。思わず「武田信玄」と呼び捨てで書いてしまいましたが、もし目の前に山梨県民が殴られるかもしれません。山梨県の人は「信玄公」や「信玄様」とかなり敬っています。それほどまでに、武田信玄公は山梨県では英傑なのです。ちなみに私は、どうせ呼ぶなら「御館様」と呼んでみたいと思います。


・ほうとうに次ぐ名物「吉田うどん」

結構具沢山で、食べ応えがバツグンなのがほうとうです。これ一杯で、かなりおなかが膨れます。

山梨県の名物といえば「ほうとう」です。

平打ちの麺がダシを吸い、スルスルと食べられて更に腹持ちが良いという、食事としてイケてしまう名物ですが、実はこれに良く似た名物が存在します。

その名も「吉田うどん」です。

見た目は本当にほうとうそっくりなのですが、ほうとうとは違いコシが強く、日本人なら大好きな感じの麺です。飲んだ後のシメなんかに良く選ばれるようで、山梨の人しか知らない隠れた名物となっています。

しかし、元からある名物に「コシ」という要素を加えることでリフォームをし、まったく新しい名物を作り上げてしまうなんて、なかなかすごいことです。

東京からもそんなに遠くないところなので、気になる方はぜひ行って食べてみてください。


・サッカーが熱い

今では野球人気を奪うまでになったサッカー。

山梨県は、実はサッカー県であることで知られています。

その理由としては、なんといっても「中田英寿」選手の生まれ故郷であるからでしょう。更に「ヴァンフォーレ甲府」の本拠地でもあるため、特に子供たちはサッカーに夢中です。


お父さん世代も、最近は野球世代からサッカー世代に交代しつつあり、「野球の試合」と「サッカーの試合」でチャンネル争いをするなんていうことも減ってきているようです。そのため、例えば公園を見ると、最近では遊具を増やすことよりサッカーができるようなグランドを設けるようなリフォームが行われている場合が多く、スポーツが結構盛んな県とも言えるのです。しかし、おじいちゃん世代は未だに野球世代なようです。

 

・よっちゃんイカと山梨県

数十円あればかなり楽しめる駄菓子屋、まさに子供の聖地です。

子供のころに口にした、アノ駄菓子「よっちゃんイカ」の故郷が、実は山梨県であるということはあまり知られていません。

この名物駄菓子を作るのは「よっちゃん食品工業」という、名前にすでに「よっちゃん」とついている会社で、山梨県の中央市にあります。

今でもおつまみとして、大人でも口にしている人は多いのではないでしょうか。

もともとは「スルメイカ」のように、おやつというよりおつまみとしての要素が強かったものを「おやつ」としてリフォームし値段も安くして販売する、まさに子供の味方といっても過言ではない会社です。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全17件中 1~10件目

参考になったランキング 全17件中