山形県の工務店にリフォーム相談

山形県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

山形県でのリフォームのポイント

山形県ってどんなとこ?

・川と共に生きる

マイナスイオンを感じます。

山形県の中央には、最上川が流れています。県の中央を、まるで分断するように川が流れているところというのは、おそらく山形県だけではないでしょうか。実は県民の多くは、この最上川の流域に住んでいます。

水辺に多くの人が集まるというのは過去にも見られることで、例えば神戸や博多のようなもともと港町だったところが今なお栄えているのが良い例でしょう。

水辺というのは古くから流通の要として利用されていた経緯があり、最上川も例外ではありません。川を使って品を運ぶことで商売が成り立つため、自然と人が集まってきたのでしょう。

その名残が、今なお残っているというわけです。

そんな最上川ですが、県民からは「母なる川」として今でも愛されています。

川辺の中古物件をリフォームして、コテージとして利用するなんてのも良いかもしれないですね。

ちなみにこの最上川、あの松尾芭蕉も訪れ一句詠んだとされています。


・くだものがおいしい!!

山形県と聞いて真っ先に思い浮かぶ作物といえば、ずばり佐藤錦ではないでしょうか。知らない人のために説明いたしますと、佐藤錦とはさくらんぼのことです。味はアメリカンチェリーに比べるといっそう甘く、程よい酸味もあり何個でも食べられてしまうようなおいしいさくらんぼです。

それでいて香り高く、食べた後は香水でもつけているかのような香りが漂います。

しかし、山形県はさくらんぼだけではありません。

いわゆる「ラ・フランス」すなわち洋ナシの産地としても有名です。

その味はジューシーでやわらかく、そして甘みも大変強いです。

高地というのは野菜などは限られた品種しか育てることができませんが、こと果物になると非常に強いのです。


・冷めても美味しいお米

冷ご飯をおいしく食べられるなんて・・・

お米というのは本来、炊き立てが最もおいしいタイミングです。

熱々のお米に多少のおかずがあれば、日本人であればそれで食事が成り立地増す。


しかしここ山形では、なんと冷めてもおいしく頂けるというお米が存在します。その名も「つや姫」です。コシヒカリに並ぶブランド米として注目されています。山形は山地がほとんどなので稲作はあまり盛んではなかったのですが、こういった新しいお米の誕生や、休耕田のリフォームなどによって参加しやすくなり、今現在では稲作農家が拡大してきております。


・特産品「玉こんにゃく」


一見、お団子に見えますね。

日本人なら誰もが知る「こんにゃく」は、こんにゃく芋から作られます。本来、こんにゃく芋は食べることができないのです。それを様々な過程を通して、いってみれば食べられるようにリフォームした結果誕生したのが「こんにゃく」なのです。


その背景には飢饉などが考えられますが、未だに謎です。

そしてここ山形県は、こんにゃくの消費量が日本一であることで知られています。その一端を担っているのが、「玉こんにゃく」です。

文字通りまん丸なこんにゃくで、非常に食べやすいです。まるで団子のような見た目で、甘辛いしょうゆダレをかけたり、あるいはダシで煮て七味をパラッとかけて食します。今晩のおかずから間食までカバーでき、さらにノンカロリーというのがうれしいですね。


そもそもなぜ丸いのかというと、こんにゃくを製造する過程で手で丸めたほうが簡単だったからという説が有力なようです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全12件中 1~10件目

参考になったランキング 全11件中