屋根の雨漏りについて

Q 質問

屋根の雨漏りについて

(千葉 )
  • 質問者:よしママ
  • 投稿日時:2015年04月23日(木) 19:47
  • お住まいの状況 : 戸建て

屋根の雨漏りについて相談したいです。

築25年以上の家に住んでいます。
1年くらい前に、雨漏りが多く出ました。
ある業者に相談したところ、屋根はどこから雨漏りしているのかわからないので、全部取り替えたほうがいい、と言われました。
大手の名前が書いてあったので来てもらったのですが、屋根裏に上ったりすることもなく、全部取り替えと言われたので不信感しかなく、そのままにしてしまいました。

その後、雨漏りはなくなったのですが、天井裏にたまっているのではないか、と不安になっています。

屋根の雨漏りは100%修理できないものなのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

A 回答1

回答者
回答した数
669
参考になった数
1934
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2015年04月23日(木) 21:17

屋根の雨漏りは修理で直せます。

雨漏りが何故!?起きるのか? わかっていないからそのように答えたのでしょう!

現在の屋根はどのような状況なのか見ていないのではっきりした事はわかりませんが、雨漏りがしない家は雨仕舞いが良い家がしにくいです。

雨漏り相談では 過去の苦情相談の統計から屋根からの雨漏りは全体の15%くらいで、後は外壁及びその他の箇所からの雨漏りが85%です。

また、屋根からの雨漏り苦情相談にお伺いをすると屋根の形状の勾配(角度)が少ない、家が殆どで、勾配が大きいところは殆どないという統計結果です。

ですので、このたびの雨漏りが本当に屋根からの雨漏りなのか、どうか確認しないとはっきりした事は言えないのですが、屋根から雨漏りがしているとすれば、屋根瓦またはカラーベストコロニアル等などのスレート葺の屋根材の裏に侵入した雨水が勾配による水の通り道でまた、外へ逃げてくる仕組みなのですが、その屋根材下に施工してある防水シートの設置が不備なのか?
或いは勾配が低く、雨水が外へ排出されず、屋根材を支えている野地板に雨水が浸みてきているか? 或いは屋根の形状が単純ではなく複雑な形状になっているか、または軒が殆ど出ていない等々・・・・かと存じます。

屋根からの雨漏りがしているのではないかと思っていたら、実は電気配線の配線部分から入っていたり、バルコニーや屋上があればその笠木部分等などが原因になっているのかもしれません。
屋根の雨漏りは修理で直すことはほぼ、可能でございますので、ご安心をしてください。

まずは、本当に雨漏りは屋根からなのか? 屋根だとすれば、棟や下棟(下り棟)から雨漏りがしているのか、或いは、屋根がギヤ(下屋根)であれば、外壁部分との境目なのか? 或いは瓦がずれていないか等々、現場調査をすれば、その殆どがわかります。

ですが・・・・。雨漏りをしている住宅を実際に解決した経験のない業者や会社はその現場調査の仕方もわからないのでしょうね。。。

よく相談にこられる方々の苦情相談をお聞きすると建てて貰ったハウスメーカーや工務店に補修してもらったが・・・結局、直らず、直して、解決してほしい、どうしたら良いでしょうか?という相談も数多いのも現実です。

住宅は生き物です。 住宅が喜んでいるかどうかわかる人は今の住宅が雨漏りがしている場合、その原因、また、その他の問題も出ていればわかるはずなのですが・・・。

私の家系は宮大工の家系で、小さい頃から宮大工の棟梁ばかりがいる世界で育ってきましたので、住宅=木材が喜ぶような住宅というものはどのような住宅(建物)なのか、自然とわかるようになってきたのですが、現在の住宅は木材にとってあまり良い環境でない建て方が数多くなりましたので、正直、どこが雨が漏ってもおかしくない家が数多くなってきました。
ですので、雨が漏ったからといって、悲観はなされないで下さい。

雨漏りというものをしていない住宅よりもいち早く、今、現時点での住宅の問題点を知ることができたのですから。

雨漏りは直りますので、ご安心をして下さい。

参考になった数 7
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年04月23日(木) 21:34
ご丁寧にありがとうございました。

直せます!と言っていただきとても安心しました。
担当さんがどんな方なのか、ちゃんと経験や人となりを確かめることがとても大切だとわかりました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧