Q 質問

洗面室の床のきしみ

(東京23区 )
  • 質問者:ひでお
  • 投稿日時:2018年06月02日() 19:24
  • お住まいの状況 : 戸建て

築年数35年の戸建て住宅に住んでおり、
洗面室の床がきしむようになってきました。
どしどし勢いよく歩くだけで、ミシミシと音をたてて、
いまにも床が抜け落ちるのではないかと心配しています。

洗面室の床だけを、撥水加工のしてある床に張りかえる
リフォーム工事を実施することは可能ですか?
可能な場合は、工期の日数と費用はどの程度でしょうか?

現在の洗面室の床がきしむようになった原因は、
お湯で体が濡れた状態で浴室から洗面室に入るため、
水しぶきが床に浸み込んでいることにあると想像しています。
このため、洗面室の床だけをきれいに張りかえて、
材質も、現在の板張りではなく、
撥水加工のしてあるマンションの洗面室のような床材に変更したいのです。

できれば1日だけの工期で工事を完了可能であれば、
リフォーム工事を発注することも検討したいと思っています。

crown

ベストアンサー

回答者
回答した数
766
参考になった数
1728
ベストアンサー
177
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者:有限会社 藤田ハウスの藤田靖英です。
  • 回答日時:2018年06月03日() 07:45

こんにちは、ひでおさん。
現状を確認の上で、本体(家の構造部分)の一部を補修交換などの
大掛かりな工事が必要なければ、1日の工事も十分可能ではないかと考えられます。

ただ、ミシミシの原因が何であるのかを先に突き止めなければなりません。
 特に工事を1日で終わらせたいのであれば、念密な計画(下見,調査)が必要です。
事前に工事(見積もり)を依頼する方に下見をしてもらい、床なりの原因が、表面材だけなのか…
湿気で、シロアリが来ていないか、腐朽菌などで木材部分が傷んでないのか…などの
事前調査は必須です。

そのうえ、間違いなく表面だけの傷みであれば、洗濯機や洗面化粧台の一時移動をさせる場所や
大工さんが工事を作業するときの作業スペースの確保や各業者の連絡伝達系統をしっかりさせて、
ロスのない工事運びも1日完工の条件にもなります。

ただ、一つだけお願いがあります。

工事をしなければ見えなかった家の傷みなどへは、業者さんから説明の上、
工事延長や追加工事を検討する余地は持っておかないと、工期を優先するあまり
点検以外のところにシロアリや痛みが見つかっても報告がされないと困りますからね。

最初に申し上げたように
工期はおおむね一日で出来る内容ですが、予備日を設けてあげて丁寧な仕事をお願いする方が最終的には
施主様が特になるとおもいます。
工費ですが、このような工事に定価はないので、間違いのない算定は難しいですが
安く上がれば10万円z前後の可能性はありますが、会社や様々条件によっては
20万円前後の可能性はあります。
床材もクッションフロアとよばれる比較的安価な素材や、
フロアタイルとよばれる クッションフロアより硬い素材ですが、見た目の良さ
撥水性や耐久性には優れています。
素材での金額差もでますが、大きな面積ではないので、ちょっとおしゃれで、贅沢もよいのかと思います。
気になる素材はサンプルの依頼やその商品の特性もしっかり聞いておくとよいでしょう。
 
 最後に見積もりをお願いするときには、一式工事でなく、詳細な見積もりをお願いするのも
間違いの少ない工事につながります。

参考になった数 1
1の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2018年06月07日(木) 10:58
原因は水かと思っていましたが、他にもあるのですね。ありがとうございます。

関連するQ&A

カテゴリー一覧