鳥取県の工務店にリフォーム相談

鳥取県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

鳥取県でのリフォームのポイント

何も無いなんて言わせない!鳥取県はこんな所!

地味さ日本一とまで言われる、最も地味な県「鳥取県」ですが、近年ではその地味さを売りにした自虐的な宣伝によって妙な知名度を誇っています。今回は、そんな鳥取県について触れていきます。


・人口が減少中だからこそ
少子高齢化社会という問題に全世界が直面している最中、日本は最も深刻であるといわれています。

特に年金問題は、現役世代が老人を支えるという仕組みであるためその影響は顕著です。そしてここ鳥取県は、よりいっそう深刻な事態になっているのです。

なんと、鳥取県は日本全国の中でも人口減少率が1位。なんとも不名誉な称号ですね。

それもそのはず、「セブンイレブンも無い」「スターバックスも無い」をうたい文句にしているわけですから他県から若者が寄ってくるはずも無いのです。なんとも歯がゆい話ではありますが・・・

しかし、だからこそ今注目されているという面もあります。どういうことかといいますと、不動産額が結構手ごろな金額なんですよね。

なんせ人口が60万人を切ってしまっているという現実がありますから。

そこまでくると、実際に住むということも比較的簡単です。人口が減ってきているということはそれだけ中古物件も増えているということですので壁の塗り替え程度のリフォームで、比較的キレイな物件を安く手に入れることも可能です。

最近では海外の観光客を取り込むための民泊のための物件が、そういった人口が少ない地域で増えていく可能性もあるので、今後は副収入としてそういった物件を鳥取県で所有する人が増えていくのかもしれません。


・スタバが無いから、カフェが多い

世界最大のコーヒーチェーンであるスターバックスは、世界中のどこでも美味しいコーヒーが飲めるというところに魅力があります。

実際にはそれだけでなく、コーヒー文化が浸透していない地域や低品質のコーヒーしかない地域においては「周囲のコーヒー品質向上」という面でも一役買っているのです。

何せ、自分たちと同じくらいか、もしくはそれ以下の金額で高品質のものを提供されてしまうわけですから。そうなると周りのお店も努力をして美味しいコーヒーを出すようになるというわけです。

しかし、ここ鳥取県には未だにスターバックスがありません。

その理由はたった一つで「カフェ文化」が根付いているからです。

実は鳥取県は、美味しいコーヒーを出すお店が多いのです。特に近年のカフェブームによって、従来の喫茶店を他県業者が買い取り、外見をオシャレな雰囲気に立て替えてカフェをオープンするということが結構見られます。

また先ほども述べたように中古物件が多いというのも近年のカフェブームとマッチしています。

いわゆる「家カフェ」という、古いお家の外観はそのままに、中を例えば壁紙を替えたり、畳からヴィンテージ風のフローリングに張り替えたりしてカフェにするというものが最近流行しており、鳥取県はその家カフェがかなり多いのです。言ってみれば隠れ家的なお店ってやつですね。


・ハワイ温泉があるけど、豪雪地帯

鳥取県には「ハワイ温泉」という名所があります。といってもアノ「ハワイ」では無く「羽合」と書いて「ハワイ」と読む地名の温泉です。

なんだかだまされたような気分になりますが、逆にそれが駄洒落のように感じる人が多く、結構にぎわっているようです。

このハワイ温泉のせい・・・といっていいのかどうかわかりませんが「鳥取県は暖かい」と勘違いする人が結構居るらしいんですね


しかし実際は、日本有数の豪雪地帯です。冬になると西日本1とも言われるほどの寒さで、もはや吹雪といった天気に見舞われることも少なくないのだそうです。以外に思われる人も少なくないかと思います。

そのため、最近ではリフォームの補助金を利用して床暖房を設置するお宅も増えています。


冬になると一番堪えるのが「底冷え」ですからね。冷たいフローリングをはだしで歩くと、足が凍傷に遭うなんてことも実は結構あるんです。

暖房があまりスキではないという人は、壁の緩衝材を保温効果があるものに替えたりしているそうです。


そうすることで、暖房の温度をゆるく上げるだけで結構暖かいんですよ。


・ゴースト?いいえ、妖怪タウンです

人口が極めて少ない街を「ゴーストタウン」と呼びますよね。特に、かつては栄華を極めた街が寂れてしまう様を指します。最も有名な例がアメリカのデトロイト。


かつては自動車産業で栄えた街も工場の国外移転などにより一気に寂れ、今では廃村ならぬ廃街と化しています。一方鳥取県も、ある意味でゴーストタウンといわれています。


それは人口減少が理由・・・ではなく、アノ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者として有名な「水木しげる」さんの生まれ故郷であるからです。この事実に鳥取県は全体重をかけるかのごとく乗っかり、街のいたるところに「砂かけばばあ」や「子泣きじじい」のオブジェが見られます。それだけでなく、なんと公共施設の壁にそれらのキャラクターを描居てしまっているところもあります。


当然最初からそうだったわけではなく、最初からあった建物の壁を塗り替えて作ったものです。こういう県を代表するキャラクターと言うのは、実は結構貴重な存在ですからね。


・完全無添加!白バラコーヒー

鳥取県は、実は牛乳の名産地でもあります。

北海道に比べると知名度は低いでしょうが「白バラコーヒー」は誰もが知っているかと思います。


完全無添加の牛乳を使った、いわゆる「コーヒー牛乳」ですね。味は甘めで、風呂上りなんかには美味しいですので、銭湯なんかには必ずといっていいほど置いてあります。最近ではコンビニでも売られるようになったので、知名度が全国的になってきているというわけです。


・鳥取砂丘とリフォーム

鳥取県と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが「鳥取砂丘」です。なんと本物のラクダが生息しているというのですから驚きですよね。

そんな鳥取砂丘に関して、結構疑問に思っている人が多いのです。

「周囲が砂漠化しないのか」と。

確かに、例えば中国から降り注ぐ黄砂なんかは近年話題になっていますからね。

実際のところどうなのかというと、まったくの逆なんです。

 

なんと、鳥取砂丘は放置しているとすぐに「草原化」してしまうんです。

なので、「草原化防止条例」なんてものが制定されていたりします。

 

なので「砂を防ぐためのリフォーム」ということをする必要は無く、むしろ非常に良い風が入ってくるので窓を向かい合わせにするように作り変えて、風通しをよくするようなリフォームをするお宅が多いです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全7件中 1~10件目

参考になったランキング 全6件中