東京都の工務店にリフォーム相談

東京都のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

東京都でのリフォームのポイント

東京都のリフォーム事情

眠らない都、東京!!リフォーム事情を見てみた


日本の首都である東京を上空から見ると、いつ何時でも光り輝いています。

誰かが夜の街で遊んでいたり、あるいは深夜の残業に追われていたりと事情はさまざまではありますが、ドーナツ化現象なんて感じさせないほどに多くの人が東京から離れることがありません。


人が集まるということは、そこに多くの人が住んでいることになります。しかし、東京といえば地価が高く、それに比例して家賃も高いです。

ですが、それでも多くの人が東京に魅力を感じて集まってくるのです。

 

・高級住宅地に住みたいなら、リフォームもアリ


高級住宅街、たとえば世田谷区なんかが有名ですよね。

億ションなんかが多く立ち並ぶ東京の中でも「別格」な雰囲気が漂う場所です。

そんなところに住むとなると、一体どれだけのお金が必要になるか・・・気が遠くなりますね。

 

しかし、そういった所でもリフォームを利用すれば、案外住めなくもないものです。

それでも他所と比べるとかなり高いですが、新築を買うことを考えると「世田谷に住む」というステータスを買うことにもなるので選択の余地はアリではないかと思います。

 

また、実は世田谷にも年季の入った格安アパートなんてものがかつてはあったのですが、最近ではこれらも新しい大家さんによってリフォームやリノベートされて、非常にきれいに生まれ変わっているところもあるようです。

そういったアパートの家賃は10万円前後とお高いですが、世田谷ということを考えると「手が出せないでもない」金額ですよね。

 

※世田谷といってもイロイロ

世田谷区と聞くと、どうしても大金持ちが住んでいるイメージですが最近は僧でもないのです。

特に最近は、上でも書いたようにリフォームやリノベーション技術の向上により比較的安いアパートが増えてきました。

コレは、世田谷に住む人が「所有しているものの使い切れていない不動産」を利用した結果ともいえます。

つまり、使い切れていない土地を貸し出し、そこにアパートを建てる人が現れ、その結果安い家賃のアパートやマンションが増えているということなのだとか。

壁の張替えや回収事業そのものは実は20年前から盛んに行われていて「バブルの頃に買ったけど、かなりボロボロ」という建物をリフォームという今の定番が流行したのも、ちょうどその頃です。

かつては世田谷でも「風呂無しアパート」が存在していたというのだから驚きです。

もちろんそのアパートも今では浴槽が設置され、風呂有りの物件に生まれ変わっています。


・東京に住みたいけど地価が・・・23区外も視野に入れるべし


また、「東京に一軒家を持ちたいけど、お金が・・・」と考える人も結構いるかと思います。

何せ地価が高いですからね。

しかし、それは23区内」のみを視野に入れていた場合です。23区外」、たとえば調布市ですとかそういった「東京都にある市」を選択肢に含むと、金額がグッと抑えられます。

ベッドタウンとしても機能しておりますので、不便も少ないですからね。

なおかつ東京なので中古物件も多く、リフォームという選択肢が大いに活躍できます。

東京というと、すぐに「渋谷」ですとか「新宿」のような23区内を思い浮かべてしまうものではありますが、「家を建てる」となると、23区外も考えておいた方がよいと言えるでしょう。

 

※実際のリフォーム体験談

23区外になると、もう住んで20年~30年なんて人が結構います。

東京といってもその辺は地方の自治体とそんなに変わりませんし、下手をするとものすごく田舎だったりするのです。コレが東京の面白いところですね。

そんなに長く住むと、やはり家のいたるところが傷んでしまいます。

そんなときに必要になるのがリフォームですよね。

最も多いのが「屋根の張替え」です。

お風呂から出る湯気なんかが屋根にたまり、結構痛んでしまうというケースがあるのだそうです。

実際に依頼された方に聞くと、全体的に張り替えたわけではなかったので、23日で工事は終わったのだとか。

そのときにリフォーム会社の方から聞いたのが、「梅雨に当たってしまうと工事中に雨漏りしてしまうことが結構ある」というお話。

もう10年も前の話なので今では何らかの対策が立てられているのでしうょうが、家の屋根を修理する際には、念のために梅雨を避けて夏の晴れが続く日に依頼したほうが良いでしょうね。


・盲点!!東京都のリゾート地、八丈島


「老後はどこか、静かなところで余生をのんびり過ごしたい」と考えている人も多いかと思います。東京に住んでいる人だと「東京の喧騒を離れて、どこか南の島にでも」なんて考えてしまうものです。

しかし、実は東京にもそんな島が存在するのです。それが「八丈島」です。

こういったリゾート地のような物件は値段に差かなりのがあったり、あるいは通常の不動産屋では取り扱っていなかったりする場合があります。

なので、「リゾート地を専門とする不動産屋」が存在します。

近年では、中古の別荘を購入してリフォームをし、貸し別荘とするような企業が登場しており、民泊の登場もあってか個人がそういった事業を手がけていることもあります。

 

そのため、実は八丈島の不動産は結構人気が出てきているんですよね。ですので詳しい不動産屋さんも以前に比べると非常に多くなっている傾向にあります。

 

※リゾート地の不動産

不動産業界の中で、最も扱いにくいとされているのがリゾート地にある不動産です。なぜなら地価の変動が激しく、更に利便性が皆無であるため住宅地としては非常に使いにくく、用途が限定されてしまうからです。なので、同じ不動産会社でもリゾート地を専門に扱う部署があったりします。

コレはリフォームの分野においても同じようです。

なぜなら、リゾート地は普通の土地よりも気候が安定しないことが多いので一般的な材料ではすぐに磨耗してしまうからです。

海を想像していただくとわかりやすいですね。毎日吹き続ける潮風が、家の外壁を浸食していくのです。

なので、リゾート地の建物を修繕や改修する際は専門の知識を有した技術者が携わることが多いようです。

・毎日何かしらのイベントがある


東京といえば、毎日どこかで必ずイベントを行っている場所でもあります。

アイドルのイベントや、あるいは作家の講演など数え切れないほどです。

土日なんかになると、それこそ100以上のイベントがあるといっても過言ではないです。

そのため、ただ街を歩いているだけでも結構楽しいんですよね。

逆に言えば地方の人間にとってはかなり大変で、そういったイベントに参加しようと思うと交通費などを含めて数万円は飛んでいってしまいます。

なので熱心なファンなんかは、東京へ移住してしまうこともあるようです。

地方と東京の家賃を比べると、下手をすると倍以上の差があるんですよね。なので周辺の埼玉や千葉あたりに居を構えたり、あるいは最初に上げたようなリフォームを利用している人も多くおります。

私も地方の人間なので、そういったイベントが毎回東京で開催されることを知るたびに「ズルい!」と思ってしまうものです。

それだけ人が多くいるのでイベントが開催されるわけですが、実は多いのは人だけではありません。

 

・物件が多数存在する


人が多く集まるということは、同時に建物も多く存在することを意味します。

そのため、東京には中古物件が集中しているという事実があります。といいましても、空き家などではなく不動産会社が管理している建物が多いという意味です。

地方ですと、リフォームを活用する場合は完全な空き家となっている物件をリフォームするということが多く、割と費用がかかってしまいます。

 

しかし、東京の場合はひとつの建物でも人の出入りが激しいので家がそんなに痛んでいないことが多いのです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

東京都のリフォーム事例集

リフォームQ&A

新着相談 全310件中 1~10件目

参考になったランキング 全303件中