トイレのリフォーム基礎知識!便器の種類や機能、交換時の注意点

トイレのリフォーム基礎知識!便器の種類や機能、交換時の注意点

普段、当たり前のように使用していて生活の一部としてなくてはならない便器。急に使えなくなったり、長年の使用から破損するなどのトラブルが起こったことを考えるだけでもゾッとしますよね。実際、トイレの寿命はおよそ10年と言われていますから、長きにわたって不調など1度も経験したことがないという方も多くいらっしゃると思います。しかし、万が一のトラブルで、交換が必要になったらどうしますか?便器の交換は、決して費用も安価なものではないので、それなりの知識は蓄えていたいもの。今回、トイレの種類や給水方式など、取り換えに関するマメ知識をお伝えします。不測の事態に備えて、ご自宅の既設のトイレがどのタイプに属するのか、日頃から確認しておくことをおすすめします。

トイレリフォームについて

トイレリフォームはどのような時に行うか?

一概にトイレのリフォームと言っても、特に水回りに詳しくない一般の方であればなかなかイメージしにくいのが現状です。多くは、便器そのものを交換する工事がトイレリフォームと呼ばれており、周辺から水漏れしたり、陶器の破損、詰まり、その他さまざまな不調が原因で取り換えを希望される方が多いです。また、昨今では多くの種類のものが販売されており、トイレ内部のイメージを一新する目的で最新の機種に変更される方も増えています。

トイレリフォームの種類

トイレリフォームの種類には、便器本体を交換する工事とともに壁紙などのクロス張替え、クッションフロアー(床材)の張替え工事がセットで組まれていることが多いです。また、最も多いリフォームに洗浄便座のみの交換も挙げられます。昨今では、高齢者向けに改築する目的で、暖房機器の設置、より断熱効果の高いサッシへの取り換え工事なども主流になりつつあります。


洋風便器の基本構造とは?

多くの住宅で用いられている便器は、昨今では機能性・快適性の面からも実用性の高い洋風便器が主流となっています。便器は、主に次の3つのパーツから構成され、それぞれの役割を保ちながら機能しています。便器を交換するうえで最も大事なのは、「よい便器を選ぶこと」。一般に、「良い便器」とは、「汚れが付きにくく臭いが上がりにくい」、「音が静か」、「節水効果が高い」などのポイントを踏まえたもので、かつ手軽な価格で購入できるものが良いとされています。まずは、トイレを構成する3つのパーツがどのようなものかを簡単に説明します。



便座部

メーカーによってそれぞれ呼び方が異なりますが、一般には、「温水洗浄便座」「シャワートイレ」と呼ばれる便座部に暖房機能とシャワー機能を兼ね備えた便座が多く取り付けられています。その他には、暖房機能のみを備えた「暖房便座」、一切の機能を持たない「普通便座」の3種類に大別できます。

 

便器部

トイレを構成する主要パーツ部で、様々な洗浄方式で汚物を配管まで運ぶ最もメインとなる部分。昨今では、陶器のものが主流で、流水性能がよく、お手入れもしやすくて音も静かなものが人気です。

 

タンク部

便器へ流す洗浄水を貯めておく部分で、節水効果の高いものに人気があります。樹脂製のものもありますが、耐久性や機能的な面でも陶器でできたものがおすすめです。

 

衛生陶器の特徴

近年は、陶器以外の便器も人気がありますが、特に耐久性や清掃面で、便器には衛生陶器のものが最も適していると言えます。陶器の利便性・特徴は以下となります。

1.吸水性がなく、機械的強度が十分である。

2.汚れが目立ちやすく、かつ清掃に便利である。

3.耐蝕性・耐摩耗性に優れている。

4.洗浄・排水などの機能を持たせる複雑な形が作りやすい。

5.強い衝撃を与えると破損の恐れあり。

6.部分的に強熱をかけると、その部分のみが膨張し、破損の恐れがあるため、清掃の際などに60℃以上の熱湯はかけない。

 

上記のことからも、樹脂製は年数にともない、腐食・変色・破損の恐れが高いですが、陶器であれば耐摩耗性に優れているため、長く安心して使うことができます。また、日頃のお手入れも快適に、楽に行うことができると言えます。


大便器の種類|給水方式など

一概に便器と言っても様々な種類・型式があり、交換の際は、ご家庭に既設の便器がどのタイプであるのかを確認し、選ぶことが重要です。近年、住宅用として最も一般的な便器は、ロータンク型の洋風便器が主流であり、その他にも給水方式によって以下のようなタイプに分かれます。それぞれの特徴をお伝えしますので、基礎知識として知っておくと役に立つと思います。

 

ロータンク型

ロータンク型の便器は、便器に直接タンクを乗せたタイプのもの。一般的なご家庭に多くある仕様で、水圧に左右されにくく、比較的汚物も楽に流せるといった特徴があります。反面、1度使用するとタンクが満水になるのを待つ必要があり、連続使用ができないなどのデメリットもあります。ロータンクタイプには、「密結」「隅付」「平付」の3タイプがあります。

 

ハイタンク型

現在ではあまり見かけなくなりましたが、便器に対して高い位置にタンクが設置してある水栓便器。タンクから垂れ下がっている紐などでタンク内の水を便器まで給水する古い型式。

 

ダイレクトバルブ型

ロータンクやフラッシュバルブを介さず、便器(機能部)に内蔵した洗浄バルブに直接給水する方式で、近年の新築住宅に多く見られる洗浄タイプ。タンク給水の待ち時間がないため、連続洗浄が可能であるなどのメリットがある反面、水圧が足りないと洗浄不良を起こす場合があるといったデメリットもあります。

 

フラッシュバルブ型

パブリック用に設置されている場合が多く、一般住宅では使用されないタイプ。連続使用が可能で、フラッシュバルブを通じて給水される公共用トイレ方式。


洋風便器の洗浄方式

住宅用トイレ便器は、上記の給水方式以外に様々な種類の洗浄方式があります。洗浄方式の違いにより、汚水を吸い込む際の音が異なったり、溜水面の広さが異なるなど多くの違いが出てきます。一般にはサイホン作用により汚水を吸引する「サイホン系」と、洗浄水により汚水を押し出しながら流す「洗い落とし系」に大別されます。いざ交換する便器がどの型式に属するのかを知っておくことはとても重要な事です。

サイホン系 エアドライブ式

水と空気の力を利用してしっかりと洗浄する方式。静かな洗浄音で、深夜の使用も気にならない大型サイズの洗浄タイプ。

 

サイホン系 パワードライブ式

パワードライブユニットで加圧した水を利用して洗浄する方式。一定の圧力で静かに、かつ強力に洗い流すタイプ。

 

サイホン系 ダイレクトバルブ式

水圧だけで便器が洗浄できる新方式で、タンクへの給水がなく、連続使用が可能な昨今の新築住宅などで多く見かける大型便器の洗浄方式。

 

洗い落とし系 ワイルドボルテックス式

一般にサイホン系に比べ、溜水面の広さが狭い洗い落とし系の便器の中でも、ほぼ同等の広さを確保できる新洗浄方式のワイルドボルテックス式。主にマンションリフォーム用便器などに多く使用されています。

 

上記以外にも様々な洗浄方式がありますが、多くはリフォーム用便器として販売店などで展示されています。ご自宅に既設の便器とどのように違うのかを前もって確認しておき、節水効果や家族構成なども比較しながら、最適な1台を見つけるようにしてください。


便器を交換する際の注意点

ご自宅の便器を交換リフォームする際、必ず知っておかなければならない2つの項目があります。リフォーム工事に着手する前には、交換業者による下見がありますので、見落とすことはありませんが、前もって知っていれば店頭で新しいものを選ぶ際の参考になりますし、時間の短縮にもつながりますので損はないでしょう。便器を交換する際の注意点として、事前にご自宅の設置状況を確認しておき、以下の事項を店頭で伝えるようにしてください。

 

壁排水と床排水タイプの違い

多くの戸建て住宅に設置されているトイレは、床に排水管が通じている「床排水」タイプが主流です。また、マンションなどでは、壁面に排管のある「壁排水」タイプが多く、トイレを入れ替える際は、ご自宅の既設トイレが「壁排水」か「床排水」かをまず最初に確認しておく必要があります。ショールームや店頭で販売されている便器には、それぞれに上記の種別が記載されており、仕様が分かれていますので、事前に確認したのちに購入を検討するようにしましょう。

排水芯の確認

排水芯の確認とは、床や壁に設置されている排水管の中心位置を調べる作業で、設置されている便器までの距離、または床までの高さがどのくらいかを知ることにより、選べる便器を絞る大事な作業です。おもに販売されているリフォーム用の便器の排水芯の種類は、120用・200用・200550用の3種類が多く、許容範囲の広い200550用であれば、その数値以内の排水芯なら排水アジャスターという付属のアタッチメントを用いて広く取り付けることができます。一般の住宅のトイレは、200若しくは200550用で対応できることが多く、マンションなどの集合住宅では、120の壁排水型が多く取り付けられている傾向にあります。


トイレリフォームの価格

トイレのリフォームには、様々な種類があり、例えばタンク・便器・洗浄便座の3点セットを交換する場合、購入を考えている商品によって見積金額が大幅に変わるという特徴があります。これはどういうことかと言うと、通常、販売店などに並んでいる便器セットは、前述のとおり、3点セットで販売されている場合が多く、便器であれば洗浄方式や材質、節水効果などが異なります。また、洗浄便座であれば、自動開閉機能の付いたものなどは、金額が高くなってしまいます。そのようなことからリフォーム金額にバラツキが出てきてしまうのです。肝心なのは、ご家庭に合う便器がどの程度のもので、どのような機能を持ったものが1番理想なのかという目的を明確にし、同水準での価格帯を調べて参考にするのが良いでしょう。以下に一般的なトイレ工事の価格をお伝えします。便器のメーカーや機種によっては、大幅に金額が異なる場合も多いですが、相場として参考にしてみてください。

<トイレ工事費内訳/洗浄便座・便器・タンク3点セット>

種別

本体価格

標準工事費

処分費

合計

一般的な便器セット

3000080000/セット

29000

3000

62000112000

ハイパフォーマンス便器セット

100000200000/セット

29000

3000

132000232000

上記、洋式便器から洋式便器への標準交換費用となります。和式便器から洋式便器への交換費用は含まれません。また、途中、床はがし等の突発工事が発生した場合は、この限りではありません。

 

<その他別途付帯工事内訳>

種別

工事費

床クッションフロア貼り換え

1400017000/材工

壁クロス+床クッションフロア貼り換え

3800040000/材工

+天井クロス貼り換え

3800040000/材工

壁&天井クロス+床クッションフロア貼り換え

43000円~45000/材工

※上記、一般的なトイレスペース0.5坪分、材工込み価格です。


まとめ

便器の交換を含むトイレのリフォームは、毎日、快適な居住空間を確保するための代表的なリノベーションの1つと言えます。昨今では、ご年配の方向けに手すりを設置したり、床をバリアフリー化するなど、先を見据えたリフォーム工事が進んでいます。是非、ご自身の将来のためにも、次世代型のトイレに改装してみてはいかがでしょうか。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

洗浄便座のお手軽交換|便座の種類や取り換え費用について

冬場など、特に寒い時期のトイレ使用時に欠かせないマストアイテムの洗浄便座。おしりも暖かく、シャワー機能の快適さに誰もが使い心地の良さを感じるのではないでしょうか。しかしながら、日頃の使用を積み重ねると少しずつ劣化し、破損してくるのもまた事実。ある日突然、「割れてしまった!」「シャワーが出なくなった!」などの声も多く聞かれます。

このような便座トラブルの場合、初めての方ですと、トイレ本体そのものを交換しなければならないと勘違いされがちですが、実はそんなことはありません。コストの掛かるトイレ工事に比べて時間も短く、安価で手軽に便座のみの交換ができてしまうんです。

今回、洗浄便座の交換を依頼した際の費用や便座のタイプ、その他の便座との違いなどをご紹介します。

トイレリフォームの価格と相場

トイレのリフォームを行おうと考えていながら費用面でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。トイレは毎日使用する住宅設備ですので、安易に考えるべきではありません。水を流す必要もあって、工事に手間がかかるケースもあります。

トイレのリフォームは簡単ではないため、失敗しないように業者の選択は慎重にすべきだと思われます。 一言でトイレのリフォームといっても千差万別であり、業者によっても、使用する製品によっても、リフォーム価格に差があります。

価格といってもピンからキリまであり、中々、一概には論じられませんが、標準的な製品・材質でリフォームした場合の価格・相場をご紹介いたします。

トイレリフォームを検討するとき考えたいことは?

お家の中でとても重要な役割であるトイレ。お客様を通すこともある場所なので、リフォームには慎重になりますね。便器の形状や洗面所部分はもちろんのこと、トイレ空間の広さ、インテリアなど、いろいろ計算して、理想の1室を作りたくありませんか?

今回はトイレリフォームに注目し、事例の紹介から、パーツやインテリアについても触れていきます。