トイレリフォームの価格と相場

トイレリフォームの価格と相場

トイレのリフォームを行おうと考えていながら費用面でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。トイレは毎日使用する住宅設備ですので、安易に考えるべきではありません。水を流す必要もあって、工事に手間がかかるケースもあります。

トイレのリフォームは簡単ではないため、失敗しないように業者の選択は慎重にすべきだと思われます。 一言でトイレのリフォームといっても千差万別であり、業者によっても、使用する製品によっても、リフォーム価格に差があります。

価格といってもピンからキリまであり、中々、一概には論じられませんが、標準的な製品・材質でリフォームした場合の価格・相場をご紹介いたします。

各種リフォーム方法による価格の違い

便座のみ交換する場合

 便器本体や内装はそのままで、便座のみ暖房機能温水洗浄機能(ウォシュレット が付いたものに交換する場合、およそ510万円でリフォーム可能です。

 便座の価格はメーカーによって、あるいは、同じメーカーであっても製品によって差があるものの、一般的には38万円前後となっています。工事費用は12万円前後と考えて良いです。

 なお、トイレの中にコンセントが無い場合、コンセントを設置するための電気工事も必要となり、23万円の費用が上乗せになります。

便器(便座含む)を交換する場合

 内装(壁紙や床材など)はそのままで、一般的な材質である陶器の便器(便座含む)を交換する場合は、1020万円でリフォーム可能です。

 便器は材質等によって価格に差がありますが、暖房機能や温水洗浄機能のついた便座を含めて一般的に15万円前後、工事費用は35万円前後と考えて良いです。

便器・便座を交換して内装も新しくする場合

 トイレの広さによって内装工事の価格は異なりますが、畳一畳くらいの広さの一般的な家庭用トイレで考えた場合、壁のクロスの貼り換えが24万円前後、床のクッションフロアシートの貼り換えも24万円前後となっています。

 なお、床材をフローリングにすると12万円上乗せ、タイルにすると36万円上乗せになります。便器や便座も含めると、合計で25万円前後でリフォーム可能です。

タンクレス便器と手洗いカウンター設置を行う場合

 タンクレス便器は便器後方部分にタンクがないため、トイレ内部の空間が広くなります。しかし、別途、手洗いカウンターを設置する必要があるため、工事費用も高くなります。

 旧式のタンクが付いた便器をタンクレス便器にして、手洗いカウンターを設置し、便座や内装も一新した場合、合計で5060万円くらいの費用がかかることになります。

和式から洋式に変更する場合

 和式トイレから洋式トイレに変更する場合、洋式便器や便座の価格、壁や床の内装工事費用も含めて、合計で45万円くらい必要になります。

 内訳としては、和式便器の撤去費用・配管などの基礎的な工事で20万円、洋式便器・便座の価格や壁や床の内装工事で25万円程度かかります。

トイレリフォームの相場一覧表

上で見てきたように、様々なケースで価格が異なりますが、表にまとめると以下のようになります。

リフォーム方法

交換・新規設置するもの

相場

便座のみ交換

便座

510万円

便器と便座を交換

便器、便座

1020万円

便器と便座を交換して内装も一新する

便器、便座、壁のクロス、床のクッションフロアシート

25万円前後

タンクレス便器にして手洗いカウンターを設置して内装も一新する

便器、便座、手洗いカウンター、壁のクロス、床のクッションフロアシートなど

5060万円

和式から洋式へ変更して内装も一新する

便器、便座、壁のクロス、床のクッションフロアシートなど

45万円前後

 

各製品、各作業ごとの詳細

製品・工事代金を含めたリフォーム工事一式の総額ではなく、各部品別、各作業別の価格を詳細に見ると、一般的には以下のようになっているようです(あくまでも目安です)。

・便器本体:510万円

・便座:510万円

・便器・便座設置作業:2~3万円前後

・クッションフロアシート:1万円前後

・フローリング材:2万円前後

・床タイル:3~4万円

・床の貼り換え作業:1万円前後

・壁のクロス:12万円

・壁紙の貼り換え作業:1万円前後

・ドア:2万円前後

・トイレットペーパーホルダー、タオル掛けなど:数千円

・照明器具:数千円

・換気扇:2~5万円

・手すり:1~2万円

・手すり設置作業:1~2万円

・コンセント設置作業(電気工事):2~3万円

他の人はどのくらいの予算でリフォームしているのか?


以上、様々なリフォーム方法において必要となる費用の一般的な相場をご紹介してきましたが、具体的な価格はメーカーや工事業者によって異なります。トイレは千差万別であり、中々、単一価格で論じることはできません。


参考までに、どのくらいの総費用でトイレのリフォームを行う人が多いのか調査すると、以下のようになっているようです。



・20万円未満:20%前後

・20~50万円:50%前後

・50~70万円:20%前後

・70万円以上:10%前後

トイレの広さや使用する製品の材質などで大きな差が出るため、一概には論じられませんが、大体、20~50万円くらいの費用でリフォームを行っている人が多いようです。

まとめ

実際にリフォームを行う場合は、複数の業者に問い合わせをして、見積もりを出してもらって比較検討した方が良いでしょう。ただし、業者によって各要素ごとに詳細な価格を提示する場合もあれば、すべて込みの価格しか提示しない場合もあります。実際に、トイレ関連製品のメーカー(TOTOLIXILなど)のショールームやホームセンター等に行って、製品を自分の目で確かめたり、価格を調べてみるのも良いことです。

なお、家族の中に要支援要介護に認定された人がいる場合、バリアフリー設計のトイレに改修する費用(和式から洋式にリフォームする費用、手すり設置費用など)の一部が介護保険によって補助・助成されることもあるので、ケアマネージャーや居住している市町村に相談してみると良いでしょう。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

トイレのリフォーム基礎知識!便器の種類や機能、交換時の注意点

普段、当たり前のように使用していて生活の一部としてなくてはならない便器。急に使えなくなったり、長年の使用から破損するなどのトラブルが起こったことを考えるだけでもゾッとしますよね。実際、トイレの寿命はおよそ10年と言われていますから、長きにわたって不調など1度も経験したことがないという方も多くいらっしゃると思います。しかし、万が一のトラブルで、交換が必要になったらどうしますか?便器の交換は、決して費用も安価なものではないので、それなりの知識は蓄えていたいもの。今回、トイレの種類や給水方式など、取り換えに関するマメ知識をお伝えします。不測の事態に備えて、ご自宅の既設のトイレがどのタイプに属するのか、日頃から確認しておくことをおすすめします。

洗浄便座のお手軽交換|便座の種類や取り換え費用について

冬場など、特に寒い時期のトイレ使用時に欠かせないマストアイテムの洗浄便座。おしりも暖かく、シャワー機能の快適さに誰もが使い心地の良さを感じるのではないでしょうか。しかしながら、日頃の使用を積み重ねると少しずつ劣化し、破損してくるのもまた事実。ある日突然、「割れてしまった!」「シャワーが出なくなった!」などの声も多く聞かれます。

このような便座トラブルの場合、初めての方ですと、トイレ本体そのものを交換しなければならないと勘違いされがちですが、実はそんなことはありません。コストの掛かるトイレ工事に比べて時間も短く、安価で手軽に便座のみの交換ができてしまうんです。

今回、洗浄便座の交換を依頼した際の費用や便座のタイプ、その他の便座との違いなどをご紹介します。

トイレリフォームを検討するとき考えたいことは?

お家の中でとても重要な役割であるトイレ。お客様を通すこともある場所なので、リフォームには慎重になりますね。便器の形状や洗面所部分はもちろんのこと、トイレ空間の広さ、インテリアなど、いろいろ計算して、理想の1室を作りたくありませんか?

今回はトイレリフォームに注目し、事例の紹介から、パーツやインテリアについても触れていきます。