栃木県の工務店にリフォーム相談

栃木県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

栃木県でのリフォームのポイント

たくさん遊べる栃木に「リフォーム」を利用して第二の人生を歩む人々!!

栃木県と言うと、何故か県民ですら「何も無い」と言ってしまうほどの県であるイメージが強いです。ネットでも結構有名なネタですしね。

 

それに、実際に内陸県、いわゆる「海無し県」であるためレジャー的な要素は低く思われています。

さらに言うと、なんとなく「田舎のヤンキーが多い土地」というイメージもありますよね。

 

しかし、実際には数多くの観光名所があったり、あるいは今後「ある産業」がより発展する可能性があったりと、実は非常に注目されている県だったのです。

 

・観光名所多数!!老後の余生にはピッタリ

 

実は、非常に観光名所が多いのが栃木県です。

例えば日光東照宮や輪王寺をはじめとした世界遺産温泉、あるいは那須岳や中禅寺湖のような自然も多いです。何せ、日本発の国立公園である日光国立公園がありますからね。

 

そのため、栃木県は住んでみると京都のような雰囲気を味わえ、なおかつ東京にも出ようと思えば出られるので「老後は静かに暮らしたい」と思っている人にはピッタリな土地で、実際に中古物件をリフォームして暮らしているという人も結構います。

田舎に住みたいという理想はあっても、実際に住んでみるとかなり不便なものです。

そして新しい物件を買ったり、あるいは賃貸だと今後が不安に思えるものです。

なので、退職金なんかで古い物件を土地ごと安く買って、リフォームをして余生を楽しむというわけです。

栃木もそんなにいうほど田舎でもないですからね。コンビニや大型スーパーだってキチンとありますし、そこまで不便に感じないので調度イイのです。

 

※実際に住んでいる人は?

栃木県は比較的に東京も近いだけあって若い人も結構住んでいます。

結構時間はかかりますが、東京に通おうと思えば通えてしまうわけです。

それでいて栃木県そのものもそんなに不便ではないので、多くの住民は満足しています。

実際に、中古の物件を購入した人も「外見はそんなに痛んでいなかったので、中の一部だけを修繕することで住めるようになった」とのことで、結構大切に使われていた印象を持ったのだとか。

その改修部分というのが浴槽で、汚れていたということは無く単に広いものにしたかったための交換とのこと。

結構キレイな中古物件も多いようなので、リフォームをせずとも住める場合が結構多いのだそうです。


・観光資源がとても多い

 

先ほども述べたように、観光資源が非常に多いという特徴を持ちます。

なので、実は海外の方からもひそかに人気があるのです。

お金のある外国の方であれば新規の物件を購入してしまうところですが、そこまで持っていない人は、やはり中古で物件を購入し、リフォームをするようです。

ただし彼らはそこに永住するわけでなく、いわゆる「別荘」として活用するわけです。

別荘もリフォームを活用すれば、金額を安く抑えることができますからね。

特に日本好きな人にとっては「お寺」や「温泉」があるわけですから、それはもうたまらないでしょうね。

 

※外国人観光客を狙って・・・

こういった観光資源がある土地に、例えば飲食店を出そうという人は結構多いです。

特に「外国人観光客」は、古参のお店でも英語が話せない場合が多いため、その隙間に参入するチャンスがあると見て進出が増えているのです。

特に最近は中古の店舗を買い、外観をリフォームするということが一般的になってきているので比較的簡単に出店できます。

定年退職をした人が、新たな人生として飲食店を経営するという話は結構あります。

昔は店舗と設備を用意するだけで退職金が吹っ飛んでしまった、なんて話が結構ありました。最近は、既存の設備を利用して外観と中をキレイに改修することでお店を開けるので、金額的にも安く済むようです。

 

・実は農業が盛ん!!脱サラして一発勝負を決めるにはもってこい!!

 

そして栃木県といえば、非常に農業が盛んです。

名産品のイチゴは人気が非常に高く、またカンピョウにいたってはなんと日本に存在する99%をまかなっているほどです。

農業にとって非常に重要なのが「土」です。

この土が悪ければ、よい状態にするのに数年はかかってしまいます。

しかし栃木は、よい土である土地が多いようで、それでいて農業人口が減ってきているという現状もあってか「脱サラして農家に転進」という人にも人気です。

物件にしたって、もともと農家の人のものであった物件だって多数ありますし、それをリフォームしてしまえば比較的早く農業を営むことができてしまうのです。

場合によっては納屋のような作物を保管しておくような建物がついている場合もありますので、ある意味でオトクです。

ちなみに、そういった物件は実は地元の農協に不動産部門があったりするのでそこで訊いてみるとよいでしょう。

 

※農協と不動産

農協、すなわち農業組合と不動産ってそんなに接点が無いように思えますが実は僧でもありません。

この世の中で最も土地が重要なのが「農家」です。土地がないと成り立ちませんからね。

そして農協は、戦後に古参の農家たちが共同して立ち上げた組織であるため地域密着型の組織ともいえます。

なので、不動産にはかなり強いです。

それだけでなく、「○○さんの長男が~している」といった情報も入りやすいので、結果的に建築会社やリフォーム業者ともつながりが強いです。私の実家も農家なのですが、農業とはまったく関係ない外壁の修繕の際にリフォーム業者を紹介してもらったほどですからね。農協は、不動産関係の情報は不動産会社並に持っているといえるのです。

 

・農業に企業も参入?

 

大きい企業はすでに参入していますが、たとえば中小の外食産業や、あるいは東京で経営しているレストランなんかも参入してきています。

単なる契約としてではなく、場合によっては上記のようにリフォームを利用して安く農業をできる環境を整え、人を雇った上で自分のお店で自分の畑で作った野菜を出すのだそうです。

そうすることで、自分たちで品質の管理をしながら安く野菜を確保できるというわけです。

国産であっても、信用できる農家と出会うまでの道のりが大変ですからね。

ならば、自分たちで作ってしまおうというわけです。

 

実は、いわゆる休耕田のような「作物を作っていない農地」の中にはビニールハウスの「枠」だけを残しているなんて状態のものもあり、これをリフォームして活用しているという場合もあったりするのです。

 

※どんな会社が農業に参入するのか

最も画策している企業が、三菱のように自社で広く手がけている企業グループです。

自社の不動産部門から情報を引き上げ、建築部門で必要な建物の建設、及びリフォームを行い、機械部門が農業機器を製作するというわけです。

特に建築やリフォームが自社で可能というのが良いですね。他の会社に依頼するとなかなか融通が利かなかったりしますから。

 

・おまけ 当たり前すぎて気づかない

 

さて、ここまで栃木県のすごさを書いてきましたが、地元の人と言うのは案外気がつかないものなのです。

なぜかといいますと「それが当たり前に存在しているから」なのです。

周りにいくら観光名所があろうが毎日見ていると飽きてしまいますし、いくら自然が豊かであっても、言ってみれば「田舎感」が増すだけです。

そのため、自身の故郷に対して非常にネガティブな感情を持つようになり「何もない」と感じてしまうのでしょう。

 

しかし、今後はリフォームを利用して栃木に住もうという人や、栃木で仕事を始めようとする人も増えてくるかも知れません。

 

そうすると、地元の人たちも栃木県に対するイメージが変わっていくのではないかと思います。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全14件中 1~10件目

参考になったランキング 全14件中