階段 | リフォームの価格比較

階段リフォーム
見積比較

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

階段リフォームのポイント

★階段リフォームの全貌を徹底解説★

~知って得する情報と確認すべきポイントをお伝えします♪~

 

 

平屋の一戸建て住宅も数多く存在していますが、2階や3階を有する一戸建てもやはり根強い人気を誇っています。

 

築年数を重ねるにつれ、どうしても老朽化してしまうのが建物ですが、特に「階段」のリフォームを希望される方も増えています。

 

上位階へ登るために大切な「階段」。安全面や耐久性からも階段のリフォームの概要は気になるところですよね。

 

そこで今回は「★階段リフォームの全貌を徹底解説★」と題し階段リフォームの情報について詳しくお伝えしたいと思います♪♪

 

2~3階を有する一戸建て住宅にお住まいの皆さんには是非ご一読頂ければと思います★

 

 

1.階段リフォームとは?気をつけるべきポイントを一挙大公開!

階段リフォームをご検討されていらっしゃる皆さんのうち、「一体何に気を付けて契約すれば良いのか分からない」というお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、何を基準に検討すべきなのか、気を付けるポイントは何なのかについて確認したいと思います。

 

■階段リフォームとは?リフォームすべきタイミングを検討しましょう♪

古い一戸建て住宅などの場合、階段の勾配の角度が急であり、年配の方が上り下りする際の危険性が高い場合があります。このようなケースにおいて、勾配のゆるい階段へのリフォームも希望される方が昨今増えています。

 

木造住宅の階段の架け替えリフォーム工事は、勾配の傾斜を緩やかにしたり、階段自体の位置の変更をすることが可能です。ただし、階段のみの架け替え工事を単体で施工することは、非常に難度も高く滅多にありません。基本的には位置を変更するという工事は階段のみの架け替えではなく、

 

該当する1階部分・2階部分の大規模リフォームを施す必要があるケースが多いです。

 

空間の確保や梁組み部分からの施工が必要となる場合があり、リフォーム工事は費用も時間も掛かります。

実際の具体的な費用は、担当されるリフォーム業者へ直接ご相談されることをオススメ致します。

 

■手すりの設置も階段リフォームです♪安全・安心な生活を実現しましょう★

古い建物の場合、手すりが設置されていない階段も多く散見されます。安全面を考慮すると当然ながら手すりを設置することをオススメ致します。また、現在では手すりの設置は義務付けられており、もし手すりがない場合には「側壁その他これに代わるもの」が必要です。

 

若いうちには何の不自由もなく上り下りが出来ていても、加齢によって足腰の筋肉が衰えると、手すりの無い階段の上り下りに不安を抱える方も多いかと思います。現在手すりが設置できていない階段を所有されている場合には、ぜひ将来のためにも設置をご検討されてくださいね。

 

■建築基準法を遵守しましょう!階段リフォームにおいてご注意頂きたい規定をご紹介♪

皆さんは「建築基準法」という法規をご存知でしょうか? この法律は「国民の生命、健康、財産の保護のため、建築物の敷地、設備、構造、用途についてその最低基準を定めた」法律であるとされています。 

 

昭和25年に制定された同法には、安全面を考慮する必要から、建築に関する多くのルールが定められており、階段に必要な各部位についても法定サイズが規定されています。

 

具体的には階段の横幅、蹴上げの高さ、踏み面の奥行きに関して、必要となる最低基準の数値が明記されています。

 

当然ながらこのルールを守らねば法律違反となってしまいますので、必ず遵守する必要があります。将来の老後についても考慮した上で、登りやすく安全な階段リフォームを実施するためにも、高さや横幅などの階段に関するサイズについては、ご担当のリフォーム業者と念入りにお打ち合わせされることをオススメします。

 

後悔の無いように、納得のいくリフォームを実現されるようにされてくださいね。

 

■階段リフォームの際にはぜひ足元ライトをご検討ください★

寝室が2階にあるが、お手洗いが1階にあるといったご自宅などにおいて、夜中に階段を使う場面もあるかと思います。

 

安全性の確保のため、転倒防止のためにも足元ライトの設置をご検討されることをオススメ致します。足元ライトの設置が金銭的に難しいという場合であっても、照明の明るさを強化したりといった工夫をされると良いでしょう。

 

■階段リフォームで素材を見直しましょう!滑りづらく安全性の高い階段へ★

階段は自宅の中でも最も転倒の危険性が高い場所でもあります。よって、安全性を出来る限り高めるという考え方が階段リフォームにおいてマストとなります。

 

前述の手すりの設置は当然ながら、階段自体の床材の素材を検討する際にも滑りづらく転倒しづらい素材を選ばれると良いでしょう。具体的には、カーペット素材コルク素材などを選択されると、より安全性が高まります。デザイン性ばかりを重視するのではなく、安全面への配慮を念頭に置いたリフォーム施工のご検討をお願い致します。

 

  

2.階段リフォームの具体例をご紹介♪リフォームの際のご参考に★

階段リフォームを検討しているものの、具体的にどういった施工が出来るのか気になるところですよね。

 

具体例として以下にリフォーム施工例をご紹介致します★

 

■アイディア収納♪階段リフォームで収納場所を増やしましょう★

人気の階段リフォームの中のひとつに、階段に収納スペースを設置するというものがあります。クローゼットなどの収納スペースでは足りずに、荷物や物が散乱しているという方にオススメしたいリフォーム施工ですね。

 

例えば、階段下のスペースを倉庫としてリフォームしたり、棚などを設置したりと自由度は高いです。安全性と耐久性の確保は必須となりますが、出来うる範囲内でご要望に適したリフォーム施工をご検討くださいね♪

 

■階段リフォームで大胆イメチェン★オシャレなデザインへリフォーム♪

階段は従来は上位階への移動手段としての側面のみが重要視されていましたが、昨今ではオシャレにデザイン性も考慮されたリフォームが人気を得ています。リビングや廊下のデザインとの整合性を高めたり、用いる素材のグレードを上げて劣化を防いだりと、見た目の大胆イメージチェンジにも繋がります。

 

3.階段リフォームの気になる費用は!?相場をご紹介致します♪

安全性アップは勿論のこと、デザイン性の向上という側面からも人気を集めている階段リフォームですが、

そのリフォーム施工に掛かる費用は一体どれぐらいなのでしょうか?

 

以下に階段リフォームの相場をご紹介したいと思います。

 

○手すりや滑り止めの設置などの簡単なリフォーム内容の施工:約10万円程度

○階段の表面の板材を貼り替えてるリフォーム内容の施工:約30万円~50万円程度

○階段自体の位置変更など架け替えなどの大規模なリフォーム施工:約100万円~

 

以上のように、「階段リフォーム」と言って豊富な種類と方法がありますので、費用の相場も様々です。

当然ながら使用する材料のグレードによっても施工内容によっても具体的な費用は異なります。

リフォームには定価という概念が存在しないため、

♪複数のリフォーム業者からの相見積もりをとってご検討されることが大変重要となります!

 

4.おわりに

いかがでしたでしょうか?今回は階段リフォームについてその概要や種類をお伝えしました。

ぜひ綿密な計画と打ち合わせをして頂き、納得のいく階段リフォームを実施されてくださいね♪

将来ために安全を確保し、オシャレで画期的なデザインを実現しましょう★

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

階段リフォームQ&A

新着相談 全25件中 1~10件目

参考になったランキング 全24件中