静岡県の工務店にリフォーム相談

静岡県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

静岡県でのリフォームのポイント

サッカーにピアノ!?静岡県のオモシロ事情!!

うなぎパイがお土産の定番で、そして富士山が見える県の静岡県ですが、実は、様々な隠れた情報が存在していたのです。今回は、そんな知られざる静岡県の秘密に迫っていこうと思っています。ぜひ、ご一読ください。


・お茶が有名


これが全部お茶葉だというんですから、驚きですよね。新緑のカーテンといった感じで、本当に美しいです。また、一面にお茶の良い香りが漂っていて、収穫中も自然と疲れが取れるとだとか。

静岡県の名産品の中でも最も有名なのが「お茶」です。関東の人々は、親戚に静岡県民がいれば新茶を必ず送ってもらうほどで、その味はすがすがしく心に染み渡ります。

ところで、紅茶やウーロン茶、そしてこの日本茶の茶葉は皆同じ種であるというのはご存知でしょうか。

時は鎌倉時代、ある一つの大国がありました。それは「元」です。今で言うところのモンゴルで、この元を支配していたのが「フビライ・ハン」や「チンギス・ハン」で知られる「ハン一族」です。彼らの勢力はすさまじく、ヨーロッパ大陸にまでわたり、歴史学においては「小国同士の争いや営みが中心の地域史から、本当の意味での世界史に変えた存在」とまで言われています。

この一族によって生まれた流通経路が、いわゆる「シルクロード」です。日本からも、干しあわびなどの俵物や、そして茶葉も輸出されていました。それが中国に渡るとある程度発酵し「ウーロン茶」にリフォームし、そしてヨーロッパに渡る頃には更に発酵し「紅茶」になったというわけです。

この静岡の名産品も、かつてはシルクロードを代表する商品だったのでした。

・隠れた名産、ウナギ


うなぎはきれいな水でしか生息できないと思われがちですが、実はそうでもありません。フナなんかが生息しているレベルの水質であれば、問題なく生きることができます。もしかしたら、近所の川にもいるかもしれません。

そしてもう一つの名産品は、日本人ならダレもが大好きな「うなぎ」です。

浜名湖はうなぎ養殖が盛んで、また天然のうなぎも多く居ります。かつては「江戸丸」と呼ばれ、東京の隅田川で簡単に獲れたといわれていますが今では養殖物すら大変高価なものになりました。

この静岡のうなぎが、あぶらの乗りきった物は関東へ、そして小ぶりの物は関西へ出荷されます。

関東では大きいうなぎを背開きで捌き、そして蒸すという工程が入ります。これは武士が支配していた江戸ならではの考え方で「腹を切るのは縁起が悪い」との事でこういった捌き方になったという逸話があります。

しかし実際には、脂が乗りすぎているため腹から切ると身が崩れてしまうのです。

一方の関西は腹開きで、蒸すという工程がありません。小ぶりのうなぎを使用しているため、そもそも蒸して脂を落とす必要が無いのです。そして「千度返し」と呼ばれるほどに、皮をぱりぱりに焼いていきます。

関西風は、皮も美味しくいただけるのです。元は静岡のうなぎですが、料理される場所が違うだけでまったく異なる形でリフォームされるのです。


・富士山が美しい


静岡県側から見られる富士山です。裏富士なんていわれていますが、こちらから見ても美しいことに変わりはありません。素朴な感じもして、非常に日本的ですよね。

静岡県といえば、富士山が見えることで知られます。

しかし、実は富士山を所有しているのは「山梨県」なのです。なので、静岡から見える富士山は「裏富士」ということになります。

しかし、裏富士といってもその景色は圧巻です。

特に新茶のシーズンになると、茶畑が一面新緑となり、その後ろで壮大にそびえる富士山という景色は、一度見ると一生忘れることができないでしょう。


・二つの政令指定都市

 

政令指定都市というのは、持っている権限がほかの市町村よりもはるかに大きいので行政サービスも豊富です。そんなのが二つもあるなんて、静岡県は本当にお金持ちだといえるでしょう。

静岡県は、全国でも結構珍しい「政令指定都市が二箇所有る」県です。

一つは県庁所在地である「静岡市」で、もう一つは「浜松市」です。そのため全国的に見ても結構なお金持ちで、会社も相当な数が存在しています。

東京ほど地価が高いわけでもないので、若い経営者がテナントをリフォームして企業するのにも最適な土地です。

大企業の支社もかなりあるので、営業なんかにもかなり便利な場所といえます。以外にも、ビジネスの街なんです。

 

・ピアノの国


一家に一台は必ずあるといっても過言ではないそうで、場合によっては家族の全員がピアノを弾けるなんて事も珍しくないのだそうです。合唱コンクールのときなんか、逆にモメそうですね(笑)

静岡県は、なんと日本のピアノ生産率が100%です。

それもそのはず、あの楽器で有名な「ヤマハ」の本社がありますから。そのため子供の習い事といえばピアノは未だに定番で、男の子でもピアノを習っていると言うのがかなり見られます。

そのため、防音を目的としたリフォームやリノベートも盛んです。新築なんかはまず間違いなく防音が施されています。

しかし、実際には夕方にそこらじゅうからピアノの音色が聞こえてくるので、正直な話防音のリフォームが果たして必要なのかと問われると、なかなか微妙な話ではあります。

ちなみにヤマハ本社があるからか、静岡のバイク乗りのほとんどがヤマハ信者であると言われています。本当かどうかは定かではないですが、地元に一大バイクメーカーが有るんですから、そりゃあ地元のバイクを跨ぎたいと思うでしょうね。


あとは、なんと静岡県ではガンダムが作られているというのです。ガンダムといえば、もはや世界を代表するといっても過言ではないロボットアニメです。

それも、日本での製造工場は静岡県のみです。

一口にガンプラといっても、その楽しみ方は様々で、中には既存のパーツを様々なリフォームを施し、芸術の域にまで高めるほどの「プロモデラー」という職人が存在し、なんと百万円以上で作品が取引されていたりします。

 

誰もが体験する小学校。あの世界は今思うとなかなか特殊で、今でも時々思い出してしまうほどです。それにスポットを当てたちびまる子ちゃんは、そりゃあ面白いです。

 

そして静岡県を語る上で外せないのが「ちびまる子ちゃん」です。さくらももこ氏の小学校生活を元に描かれた作品で、小学生独特の毒舌や、昭和の雰囲気が楽しめるのが見所です。

実は、キャラクターのほとんどは実際には存在しないそうですが、一部本当にいた人物もいるようです。

実在したキャラクターも、実は性格が真反対にリフォームされた上で登場しており、元同級生であっても誰が誰かわからないそうです。そのことについては、さくらももこ氏のエッセイに記されていますが、実は漫画よりもエッセイのほうが毒が強く、かなり面白いです。

興味のある人は、ぜひ一度読んでみてくだ

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全48件中 1~10件目