島根県の工務店にリフォーム相談

島根県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

島根県でのリフォームのポイント

島根県の、知られざる魅力!!

地味なものというのは、「地味なもの」を思い浮かべたときにすら出てこないものこそが、本物の「地味なもの」なのです。なので、地味さを競うに当たって必ずといっていいほど出てくる「埼玉県」や「佐賀県」は、さほど地味ではないといえます。


では、日本の都道府県において本当に地味な県は、どこなのかといいますと、それは「島根県」です。これを読まれている多くの方も「地味な県」と聞いて島根県が浮かんだ人は結構少ないのではないでしょうか。真の意味で地味な県、島根県ですがそこには我々がまだ知らない魅力やうわさがたくさんあるのです。今回は、そんな島根県に関する様々な情報に触れて生きたいと思っております。


・神無月じゃない?

日本語とは大変ややこしいもので、例えば100年経っただけで言葉がガラッと変わってしまっています。図書館などで本を見るとわかるように100年前のものだと今で言うところの古語が使われていますので「古文」の知識がないと読めなかったりします。英語の場合は、多少の流行はあるでしょうが基本的なものは一切変わりません。なので、数百年前の本であっても読めます。

例えばロードオブザリングは100年以上前の本ですが、映画化もされましたしね。


日本においては、暦ですら昔と言い方が違うわけですが、その暦の中でもひときわ目立つものがあります。それが「神無月」です。


神が無い月・・・なんとも運がなさそうな月ですがこれには理由があります。

それは、日本中の神様が神議に参加するからです。なので、島根県では逆に「神在月」と呼んでいたのだそうです。


知り合いのリフォーム業者が、ある島根県のお宅にヒノキ風呂のメンテナンスに向かった際にそのような話になり、思わず「10月って言えば、昔は神無月って呼んでいたそうで」と依頼主のご隠居様に話すと「物を知らない」と、えらく叱られてしまったのだとか。


・パワースポットの宝庫

島根県は神様が集まるため、様々な神社が用意されています。

そのため、神様にとってはそれらすべてにあいさつ回りをしなければならないのでかなり大変な思いをする土地ともいえるのではないだろうかと思います。

近年のパワースポットブームにより、多くの日本人にこの島根県が認知されるようになりました。特に、先ほども書いた神議の時期になると神様と共に大勢の人が押しせるようになったのだとか。


なんせパワースポットどころかパワーそのものが集まるわけですからね、行かないわけが無いというわけです。


近年では、退職後の移住先としても注目されているようです。新居でなくても、リノベーションを利用すれば安くて良い物件が手に入る時代ですからね。

それに、神様のお膝元で生涯の最後を迎えるなんて、なかなかロマンチックではないかと思います。


・そうなの!?島根の特産品はワイン
各都道府県には、多くの特産物が存在しています。

野菜であったりあるいは果物であったり、世界的にも注目されている和牛なんかは、今では全都道府県がブランド化に取り組んでいる最中です。

しかし、島根県は「コレ」といった特産品が思い浮かばないんですよね。

なので、少し調べてみました。するとわかったのが、島根県は葡萄の名産地であるということです。しかし、他県に比べるといささか地味、というか知られていないですよね。


なので島根県が考えたのが「ワイン」なんです。島根県は、日本酒で有名な山口県に近く、酒造りに比較的近い立ち位置におります。

実際に島根県でも日本酒作りは盛んですし。しかし、隣の山口県には一歩及ばず、といったところなんです。そこで、もう一つの地味な特産品「葡萄」を利用したというわけです。もともと日本酒を造っていた設備もありますし、多少壁を張り替えたり床をキレイなものにしたりといったリフォームは必要ですが、それでも比較的早くワイン製造の事業に取り組むことが出来たようです。

今では、古い民家を建替えた道の駅などで販売されているそうです。

 

・神棚と島根県

今ではすっかり見なくなった神棚は、ふと訪れる神様「客人神(まろうどがみ)」を祭るためのものといわれています。

昔話で、客用に用意していた御菓子が少し減っていたり、夕飯のオカズがなくなっていたりすると客人神の仕業ということでしばらく幸福が続くなんてお話があります。 

 

今では洋風の家が増え、玄関に神棚は合わないということで取り付けないお宅が増えてきました。が、ここ島根県は神棚率が八割以上といわれています。


なんせ神様が大勢集まるわけですから、無いと失礼ですしココぞとばかりにご利益を得たいですからね。

そんな神棚ですが、ふとした時に破損してしまうこともあります。

なので、なんと神棚を修繕するための業者が存在します。中には普段は大工やリフォームを請け負っている業者が顧客からの頼みごととしてやっていることもあるそうです。


神棚は小さい家みたいなものですからね。定期的に壁や屋根を張り替えることで長く使えるのです。

本当に家みたいですね。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全7件中 1~10件目

参考になったランキング 全6件中