平屋の屋根裏に部屋を作りたい

Q 質問

平屋の屋根裏に部屋を作りたい

(岩手 )
  • 質問者:ここ
  • 投稿日時:2017年11月21日(火) 12:13
  • お住まいの状況 : 戸建て

平屋の屋根裏に、窓をつけた6畳位の部屋を作りたい。
屋根を一部壊して、屋根裏の天上の高さを少し部屋の部分だけ高くしたいです。
登りは小さな階段をつけたいのですが、屋根裏の屋根を壊して、窓をつけることは可能でしょうか?
予算はどのくらいですか?

A 回答1

回答者
回答した数
669
参考になった数
1781
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2018年01月11日(木) 14:04

ここ様 質問ありがとうございます。

現場の状況及び、屋根の勾配、現在の屋根材がコロニアルなのか?瓦なのかによって、
ご希望される内容の工事(屋根裏の高さを確保をするのに屋根の一部の高さを上げたい!?)が可能なのか、不可能なのか判断が難しいところです。

雨漏りがしない屋根の構造は屋根の勾配の一番高い部分の棟部分から軒先(屋根の勾配で一番低い場所の雨横樋がついている部分)迄の間、もっこりと高さのある障害物のようなものがありますと現在の屋根裏に雨水が入り込んだ水分の通り道なっている水分の流れが止まって、水はけが悪くなると雨漏りがしてしまいますので、屋根裏に入り込んだ、水の通り道の水はけをよくしておかないと外へ排出されなく、内部の釘穴の小さな穴と防水シートの間の細かい隙間や穴から屋根裏に水分の逃げ道ができてしまい雨漏りの原因を作ってしまいますので、この掲示板上で正確に可能なのか不可能なのかはっきり答えられないのでご理解の程宜しくお願いいたします。
屋根部分に窓をつけるだけという工事であれば、まだ、その雨仕舞いの雨水の水漏れになる危険性が少なくなりますが、そういった危険性をなくすのであれば、新築の状態から施工するのでしたらまだ、良いのですが、後からリフォームで穴を空けて工事する場合はその危険性をゼロにする為、屋根裏の防水シートの収まり、板金工事によって水分の通り道になっている水分が障害物で止まった部分から外へ排出しやすいように水分の通り道を作ってあげなければなりません。それ故、小さい窓をつけるだけでも15万~20万かかってしまうので、最低でも二畳三畳くらいの大きさの部分を壊して窓付きの屋根を新しく作る工事の内容になるのでないかと推察しているのですがそうした場合は最低でも60万~80万円位は場合によっては100万円以上かかる可能性もあります。ただ、ここまでお金をかけて意味のある内容になるのか、もしくは危険性を考えてできないのかはこの場で正確に回答できず、現場調査をしてみないと金額も正確に回答できませんのでご了承の程、宜しくお願いいたします。

屋根部分が可能だとして内部の工事は階段をつけて、180万~250万円又は300万円弱くらいになるのではと推察していますが、これも屋根裏の構造体部分が新しく新設する屋根部屋の重量を支えるほどの骨組の構造体なのかどうかも現場調査をしないとできなければ、正確にはその工事の可否の判断ができません。1F部分から柱又は柱壁を作らないと重量に耐えられないと言う事になってしまう可能性もございますので、

ここで回答できるのはあくまで、創造の域の中での回答になってしまいますので、ご理解の程、宜しくお願いいたします。
あくまで、今の時点では現場の状況が正確にわからないので、雨漏りの危険性と構造体の重量に支えられるかどうかという部分が大きなポイントになる、そういった部分を最低限考えていかなければならないと参考にして頂ければ幸いに存じます。

参考になった数 3
の専門家がこの回答を支持しています。

関連するQ&A

カテゴリー一覧