戸建総リフォームとマンション住み替え、老後はどちらが良いでしょう?

Q 質問

戸建総リフォームとマンション住み替え、老後はどちらが良いでしょう?

(北海道 )
  • 質問者:きらくひらく
  • 投稿日時:2015年05月21日(木) 07:47
  • お住まいの状況 : 分からない

50代の夫婦です。

最近、高齢になった両親と同居するようになりました。
住居は両親の戸建持ち家(築30年)です。

これから二世帯で快適に過ごせるように改築したいのですが、予算が少ないので、まずはキッチン増築やバリアフリー改修など、最低限のリフォームから始めようと思っていました。

そこで、知り合いの建築士さんに相談したところ、「長く住むために、水道管など見えないところを修繕したり、総バリアフリーにしたり(足が不自由な私と高齢の両親のため)、総合的なことを兼ねて二世帯仕様の『総リフォーム』をしたほうが良いです。」
そのためには、安く見積もっても、また行政の助成金をもらっても、1000万円以上の費用は必要だと言われました。

これには驚きましたが、改めて両親と子どものいない私たち夫婦の、老後を考える機会となりました。

そして、同じお金をかけるなら、交通の便が良い都心の賃貸マンションに、(同棟に両親と私たち夫婦それぞれに部屋を借りて)住み替えるほうが良いかもしれないという思いが浮かんできたのです。

それは、以下のメリットが考えられたからです。

・両親や私が通院する病院に近いほうが安心。
 (今の家からは車で片道1時間の距離)
・地下鉄など公共乗り物を利用できる都心のほうが楽。
 (今の家は田舎なので移動手段は自家用車が主)
・除雪作業がないほうが楽。
 (今は主人が一人で除雪をしているが、加齢と共にできなくなるのは明らか)
・兄弟は遠方にいるため、家の相続を希望する者がいない。
 (遺産相続トラブルの元になるので、両親が自分たちのために消費したほうが良い)
・両親と適度に距離をとりつつ、側にいるという目的にかなっている。
・高齢の両親が、将来的に施設入居になる可能性もあり得る。
・屋根や壁の塗り替えなど、生涯にわたる修繕費用のリスクがなくなる。
・固定資産税を払わずにすむ。

しかし、以下のデメリットも考えられました。

・すぐに家が売れるのか?
・すぐにバリアフリーに近いマンションが見つかるのか?
・家が売れても、トータル的に、もっと経費がかかることにならないか?
・戸建に慣れた者が狭いマンションに暮らすのは辛くならないか?
・住み慣れた家や地域から離れると、両親が喪失感から健康を損ねるのではないか?

以上のことから、家を総リフォームして一生住むか、今のうちに都心マンションに住み替えるか、または、もっと良い方法があるのか……、このように色々と悩んでいます。

是非とも、良いアドバイスを、よろしくお願いいたします。

A 回答1

回答者
回答した数
971
参考になった数
1987
ベストアンサー
336
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2015年05月21日(木) 08:31

きらくひらく様

おはようございます。
この問題は、ご自身にとっての一長一短を精査しながら考えなくてはなりません。

きらくひらく様には、ご自身におかれている環境やその先の姿がおぼろげながら見えているようですので、今すぐ行動を起こさないといけない状況でない今、ひとつづつ検証なされたらよいでしょう。

出されているメリットはメリットとしてとらえてよいと思います。
ですから、デメリットを検証していきましょう。

質問の中で

・すぐに家が売れるのか?
・すぐにバリアフリーに近いマンションが見つかるのか?
…は先ほど言ったように、時間があるのですから、相談した建築士さんなどの協力をえて、解決の方向を模索しましょう。

・家が売れても、トータル的に、もっと経費がかかることにならないか?
…確かに、家賃はいらないが、共益費、管理費等、安い家賃相当のお金がかかってきます。
生涯設計の計算に盛り込む必要があるので、無理があるかないかの検証は大事です。(ファイナンシャルプランナー等に相談)


↓↓私が、ご両親の事を考えると、この質問が一番大事になるかも・・・、と思いました。↓↓

・戸建に慣れた者が狭いマンションに暮らすのは辛くならないか?
・住み慣れた家や地域から離れると、両親が喪失感から健康を損ねるのではないか?


 私が、介護のリフォームを多くしていた頃、都会や利便性のある市街地への移住を勧める子供さんたちの気持ちとは真逆で、住み慣れてところでないと無理だと、拒む方を何組も見てきました。

 個人的には、きらくひらく様のメールの状況から、利便性のあると思われるバリアフリーマンションですが、地域への思いなどは、時間をかけてゆっくりと話し合ってください。
話をして、意外に本人たちも心配していたりすることもあるのですが、『絶対、都心のマンションがイイ!!』というと、心を閉ざされるケースもあるので、最初は、ご両親に向けて 『都心がイイよ』でなく、『最近は、都心でもバリアフリーのプランもあるんですね。』と、情報を少しづつ教えてみられて下さい。
地域のデーサービスも最初は拒む方もいらっしゃいますが、一度行くと、雰囲気が気に入り、入居される方もいます。
(当然、イヤって言う方もいるので、あくまで、こんな所があるんですね・・・。と体感、見学をされるとよいですよ。)

あくまで、一個人としての体験上での回答です。
今後の方向性は、ご両親の性格を理解したうえで、ご主人さんと先に相談して、お話して言ってはどうでしょうか。

参考になった数 2
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年05月21日(木) 08:55
藤田靖英 様

早速のご回答、誠にありがとうございます。

お蔭さまで方向性が明確になりました。

回答内容から、1000万円以上の総リフォームをかけて今の家に住むよりも、都心マンションへの住み替えのほうが良いという結論にいたりました。

両親と夫の気持ちを大切にしながら、事前調査と準備をゆっくりと進めてゆきたいと思います。

関連するQ&A

カテゴリー一覧