中古物件のリフォームするには

中古物件のリフォームするには

中古物件にお住まいの方、これから中古物件を購入して思う間取りにリフォームしてから住むという方、いろいろな事情から中古物件をリフォームする方は多いのではないでしょうか?今回はそういった中古物件のリフォームについて、「中古物件だからこそ」知っておきたいポイントを紹介します!

中古物件を入手する

新築物件ではなく、敢えて中古物件を選ぶのには、中古物件ならではのメリットがあるからですよね。入手する際の価格税金など、諸費用との折り合いはもちろんですが、実際に建物がそこにあるので、日当たり間取り水廻りの劣化や不便な動線などの問題点を体感できるため、リフォームのイメージを具体的に把握しやすいことも大きなメリットのひとつです。また、近隣に住んでいる人やその町内の様子もよくわかるので、そこに住みやすそうであるか?などを細かくチェックできるのも利点です。

リフォーム可能かどうかを確認すること!

リフォームの前にその建物がどこまでリフォーム可能であるのかどうかを確認しましょう。リフォームする中古物件が、いわゆる一軒家の場合にはそこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが、集合住宅マンションをリフォームする際には「手を入れてはいけない部分」があるので気をつける必要があります。例えば、浴室水廻りを大きく移動してはいけないとか、基礎である躯体を傷つけてはならないといった、構造上「動かせない」箇所についてです。また、ベランダ専用庭共有部分であることが多く、改築することはできません。マンションの規約にはこういった取り決めを必ず謳っているので、リフォームの計画を立てる前に確認することが重要です。中古物件を購入した場合でも、仲介した不動産業者に確認してもらうか、そのマンションの管理組合管理規約を見せてもらいましょう。

 

どんな家にしたいか?

お金をかけてリフォームするからには、元のままでは困る理由がそれぞれあると思います。それは、住む人の人数が減ったり増えたりしたことや、住む人が高齢になったことかもしれません。また、仕事を変わるなどして生活のリズムが変われば音や光の問題など、今の間取りでは不便を感じるようになることも考えられます。車を購入したのにガレージに屋根がなければ、小さな子どもお年寄りが乗り降りするのは大変です。このように、住んでいる人が変われば悩むポイントも変わってきます。では、あなたの家では具体的にどんな風にリフォームしたいのでしょうか?

現実と希望の乖離を把握

誰にも憧れる家のイメージがあるものです。花や緑のあふれる庭を手入れしたいとか、大人がゆったりと横になれる浴槽が欲しいとか。ですが、あなたが考える「理想の暮らし方」をそのまますべてリフォームしたとしても、それが暮らしやすいかといえばそうとは限りません。例えば、高齢になったおばあちゃんの住む家のお風呂台所2階へ移動したらどうでしょうか?子どもの部屋を書斎の隣にするとかキッチンからランドリースペースまでが遠くなったらどうでしょう?お風呂が広いのは素敵ですが、お湯が冷めないように余分なエネルギーが必要だったり水道料金が高くなったりします。おばあちゃんが自力で階段を上がり降りできなければ家庭用エレベーターを設置する必要がありますが、それなら初めから1階に生活スペースを作る方が費用がかからなくて済みます。書斎を防音壁にするのであれば、子ども部屋と離れた場所を書斎にすれば解決です。夢も大事ですが、使い勝手や利便性、住む人の健康なども考慮して現実的に計画を立てた方が、後々までみんなが快適に暮らすことができそうです。こういった点は自分たちだけでは気づきにくいので、しっかりチェックして親身にアドバイスをしてくれるリフォーム業者を選ぶと安心ですね。逆の場合も同じように、限られたスペースと予算の中で、いかに住み良い間取りにすることができるかを考えることが大事です。

慣れている業者がおすすめ

ひとことでリフォーム業者といっても、実は会社や職人さんによって得意とか不得手があるのをご存じですか?その会社が商業店舗事務所を中心に扱っているとか、戸建ての住宅を専門にリフォームしているのかマンションを数多く請け負っているかなど、見積もりを取るついでに話を聞いてみましょう。特に窓の交換水廻りの配管など、戸建てと集合住宅では扱う建築資材や構造なども変わってきます。お風呂やトイレのリフォームを多く扱っているところでは、提携先の都合でお値打ちに見積もれる場合や、単純にクロスを張り替えることだけでも、職人さんによって仕上がりが大きく変わることもあります。一概に「リフォームやってますよ!」と書いてあれば、どこでも同じなわけではないということも知っておきましょう。

具体的な特徴

リフォームが完了したあとにといったペットと暮らす予定であれば、専門の資格を持ったスタッフがいるリフォーム会社を探すとか、或いは家族の介護が必要な家ならではのアドバイザーがいる店を選ぶのもリフォームの後に想定外のトラブルや間違いが少ないでしょう。シャンプーしたペットの毛で排水溝を詰まらせてしまうとか、を汚してにおいが取れないといった、知っていれば回避できるトラブルを踏まえてリフォーム計画を立ててもらえます。同じように、キャットウォークペット用の出入り口などの設置についても、取り扱いがあるプロならではの目線でアドバイスしてもらえそうです。

また、音の問題ひとつを取ってみても、子どもが多い家や習い事ピアノバイオリンを弾くとか、趣味で聴くステレオの音が気になるという悩みなどもありますね。外部の話し声や車の音が気になるのと同じように、室内から外へ漏れる生活音についても心配です。そういったリフォームを扱ったことがある業者を選べば、防音遮音について具体的な対処法を一緒に考えて教えてくれますが、経験がない業者では費用がかなり高くなってしまったり思うような効果を感じられない結果になることもあります。

リフォーム工事に入る前に

いよいよリフォームを始める前に、もうひとつ大事なことは何でしょうか?それは、工事の間、「どう暮らすのか?」ということです。中古物件を購入して入居する前にリフォームを済ませるのであれば問題ないのですが、その家に住みながら大きなリフォーム工事をする場合には荷物をどこかに移動する必要も出てきます。工事を行う場所や規模によっては一時的に引っ越す方が良い場合もあります。接着剤のにおいや作業の機械音は負担になりますし、或いは作業の邪魔になってしまうことも考えられます。工事するのが夏なのに長時間お風呂を使えないと困りますよね。家族の都合などで家を離れることが難しい場合は、工期を分けるとか部分的に集中して進めてもらい、一カ所が終わったら別の場所に移動して順に作業してもらうなど、柔軟に対応してもらえることも必要です。良心的な業者であれば、こちらの事情を考慮してくれますが、繁忙期と重なった場合には思うようなスケジュールで進まないことも想定しておきましょう。

まとめ

中にはテレビやネットで話題になるような悪徳業者も多いのですが、騙された気分で損しないためにも、その業者の特徴を知って、自分の予算事情に合ったリフォームプランを立ててくれるリフォーム業者を選ぶようにしましょう。そのためには多少手間がかかっても、複数の業者と話をしたり見積りをとってその中から自分たちにぴったり合う、意見をしっかり聞いてくれ、柔軟に対応できるリフォーム業者を選ぶことが不可欠です。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

和室を洋室にするリフォームのメリットとデメリット

最近の新築マンションや注文住宅では、初めから和室が無い家も多く、住宅の欧米化が進んでいます。そのため、現在、和室がある家にお住まいの方も、リフォームのタイミングで全ての部屋を洋室にした方が良いのではないかと考える方も少なくないようです。

では、和室を洋室にリフォームするうえでメリットやデメリットはあるのでしょうか?また、リフォームするうえでのポイントや注意点についても確認しておきましょう。

耐震診断って何?どこに依頼すればいいの?

地震大国日本において、家族や家財を守るために家の耐震性は重要な問題となっています。どんなに外観や内装がキレイでオシャレであっても家そのものの耐震性が低ければ、震災時に不安要素となってしまいます。

そこで「自分の家は大丈夫だろうか」「リフォームするにあたって耐震性が弱くなってしまわないだろうか」と考えておられるのであれば、耐震診断をしてみることをおススメします。

ここでは、耐震診断とは何か、どこに依頼すれば良いのか、耐震診断の費用などについてご紹介したいと思います。

2階に洗面所を設けることは可能?費用はどれぐらいかかる?

リフォームは、古くなったものを新しくしたり、修繕したりするだけでなく、生活をしていく中でより使いやすいように、また家族構成や生活スタイルの変化に伴って間取りを変えたり新しい設備機器を取り入れたりすることもリフォームのひとつです。

そんな、生活スタイルに合わせて行うリフォームとして、「2階に洗面化粧台を新設したい」という依頼は少なくありません。しかし、新たに洗面所を設けること、しかも2階に作ることは可能で、問題はないのか、もし可能であれば費用はどれぐらいかかるのだろうかと思っておられるかもしれません。そこで今回は、2階に洗面所を設けるリフォーム工事にスポットをあてて、ご紹介したいと思います。

内装リフォームの手順や確認するポイント

いざリフォーム工事を始める時には準備や段取りが大切になってきます。リフォームをしたことのある人も初めてリフォームする人も当日の朝になって慌てなくていいように、内装のリフォームを行うにあたって、大まかな手順と特に確認しておきたいポイントをおさらいしてみましょう。

生活しやすい家にリフォームしよう

私たちの住む家は一生の間にそう何度も買い替えられるものではありません。しかし、そこに長く住んでいるほど、家族構成や家族の年齢による暮らし方の変化建物の経年劣化などによって、リフォームが必要になる場所や場面が何回も出てくると思います。いろいろな事情から行うリフォームの中でも、今回は特に「生活しやすい家」に焦点をあてたリフォームについて考えてみましょう。