アパートのリフォームが空室対策としてのどの程度有効か知りたいです。

Q 質問

アパートのリフォームが空室対策としてのどの程度有効か知りたいです。

(神奈川 )
  • 質問者:psycolo
  • 投稿日時:2019年02月06日(水) 19:31
  • お住まいの状況 : マンション

昨年、両親が亡くなり築8年のアパートを相続しました。

築5年目で父がフルローンの借り換えを行ったため、
アパートのローンを払いきるまでに築40年まで収益を上げ続けなければなりません。

そこで質問ですが、築年数が増えていくと、どうしても空室が出てきてしまうと思うのですが、
空室対策としてリフォームはどの程度有効なのでしょうか。

私の所有しているアパートは7階建てで、1階がテナント、
2~5階までが各3室で広さが約25平米の1Kの部屋、
6~7階まで両親が住んでいた居住部屋で約136平米の2LDKの部屋です。

築何年目位に行い、費用がどれぐらい掛かったか。
それによって空室の埋まり具合がどれぐらい改善されたのか
実例があればとても参考になります。

crown

ベストアンサー

回答者
回答した数
99
参考になった数
100
ベストアンサー
65

こんにちは^^
成都地所の三上と申します。
相談されてからだいぶ経過されていたので僭越ながらコメントさせていただきます。
大事な事は利回りを考え、オーナーさんが苦しまない事です。
色んな視点があるのであくまでも参考としてください。

リフォームをすれば人が入る!ではないという事
そして入居率をあげる必要性も急務という事
不動産業の〔本来の形は〕信頼と実績を持って地域貢献する事が重要であると当社では理念を掲げています。

結論は管理していただく不動産やと提携する事、そしてこれから先、メンテに至るまでお付き合いしていくパートナー(施工店)

さんを紹介してもらう事です。

単発での工事ではなく、原状回復など、諸工事として付き合っていくという事です。

不動産やさんでは入居したいという人を内覧してもらい、住むために必要な条件を聞き出し
リフォーム提案する!ここがポイントでしょう。
先に仕上げて完成するのではなくという事がポイントで。
ここでのリスクは資金面です。
一括で借り入れで一気にできればですが、全室改装しても入居されないと意味がありません。
そこには、現在の地域性や家賃の価格帯などもあります。
時には市役所の出向き、生活保護のかたの受け入れもするなど多角的に考える事です。

家賃は低めでも入居率はあがります。

保障については不動産やに任せましょう。

これからはお付き合いしていくパートナーの選定が重要です。

どんな会社でも<理念>があります。
理念を確認して、ともに地域貢献しながらをベースにする事です。


使用する資材、建材は様々、保障とは化粧材(仕上げ)についてが多いです。

10年、20年、半永久的・・・

イニシャルとランニングと先をみた計画が必要となります。

外装に関しては屋根、外壁がメインとなりますが、雨もれに直結する屋根は点検が必要です。

私の地域では外装をきれいにするよりは内部の使い道を重視する人が多いです。

よって少しボロボロ、汚くても入居する人はいるという事です。

最後に

長文になり申し訳ございません。

psycoloさんが幸せになりますよう

よきパートナーさんとの出会いを祈念しております。

参考になった数 1
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2019年06月05日(水) 09:48
丁寧な回答ありがとうございました。内覧で必要な条件などを聞き出すなど参考になりました。頑張っていこうと思います。

関連するQ&A

カテゴリー一覧