オール電化から給湯暖房を灯油へ変更したい

Q 質問

オール電化から給湯暖房を灯油へ変更したい

(北海道 )
  • 質問者:こみゅ
  • 投稿日時:2018年11月04日() 15:15
  • お住まいの状況 : 戸建て

現在オール電化の戸建てに住んで4年になります。
1階は全面床暖、2階はパネルヒーターです。
給湯暖房は一体型の電気温水器です。
エコキュートではありません。
こちら北海道ですが冬場ピーク時の電気代が7万ほどになり、
あまりに高すぎるので熱源を灯油へ変更したいと考えています。

エコジョーズ も検討しましたが基本料金がかかるなら灯油の方がお得かと思う部分と都市ガスが来ていないためプロパンとなるので灯油にしたいという結論です。

灯油へ変更する工事はおよそどれくらいの予算で考えれば良いでしょうか。
また工事を頼むのは灯油会社でしょうか。それともリフォーム会社でしょうか。

crown

ベストアンサー

回答者
回答した数
55
参考になった数
57
ベストアンサー
34

こんにちは^^
成都地所の三上と申します。
少しでも参考になればと思います。
まずはオール電化住宅は【良い】という事ではないという事です。
それは全て電気設備での住宅を称してオール電化となると置き換えられます。
大事な事は全室暖房計画なら断熱材等の作り方がどうかという事です。
本来、設備稼働では【止まっている時間】がランニングコストに比例してきます。
北海道であればある程度断熱工法のグレードは良いと思われますが、現実的に7万/月?だと辛いと判断します。
<暖房期間が12月から4月までの4ヶ月程度であれば7万はある程度妥当な線です。>
温水器での暖房であれば、相当大きい温水器でしょうか?(温水器置き場で6帖程度必要と想定されます)
それは深夜電力を利用しているかどうかがポイントです。
そして給湯も温水器と思われますので、こちらも深夜電力を利用しているのであれば・・・
ここで伝えたい事は深夜電力の値段は元々、灯油を比較して設定されたという事です。
深夜電力を使っているのであれば灯油に変えても金額自体はあまり大差がないと判断となります。
そこに費用を掛けてまでの工事が適当かが判断基準となります。

ただし【7万】自体を安くしたい!という【目的】であれば全室暖房をやめる事が第一歩かと思います。
必要な時に、必要な部屋を冷暖するとなれば今より安くなっていくと思われます。
地域によって差はありますが光熱費で高い順は日中の電気、プロパン系ガス、都市ガス、灯油、深夜電力です。
今の熱源自体はこれを参考にしてください。
次は暖房形態です。
床暖はかなり電気代を使うという話を聞きます。
パネルヒーターも玄関、ホール、トイレと全体を暖める事が本来の形です。

オイルタンク設置、灯油配管(ある程度露出を覚悟する)、そして高効率のストーブ設置は一つの手段と思います。
設備業者さんだけで工事はできますので、シンプルにできます。
価格はストーブにもよりますが30万~程度と思われます。
詳しい情報がわからないのでざっくり回答となり申し訳ございません。
長文なり併せてごめんなさい^^

 こみゅさん 2018-11-23 22:02
詳しくありがとうございます。とても勉強になりました。 深夜電力のプランはありますが深夜電力の時間に暖めておいて使うタイプでは無いです。暖房のスイッチを入れた時に使われるので日中電力の使用部分での電気代が高そうです。 やはり灯油へ切り替えようと思います。ありがとうございます!
参考になった数 2
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2018年11月23日(金) 22:03
とても分かりやすい回答をありがとうございます。また質問させていただく事があると思いますので、その時はよろしくお願い致します。

関連するQ&A

カテゴリー一覧