よいリフォーム業者を選ぶコツ

Q 質問

よいリフォーム業者を選ぶコツ

(東京23区 )
  • 質問者:たっこ
  • 投稿日時:2015年07月09日(木) 23:37
  • お住まいの状況 : マンション

現在のマンションに入居して、1年半程になります。中古マンションとして購入し、2度程リフォームをしました。

1度目は、入居時に押入れをとる、給湯器が室内にあったので外に設置するなどの工事とお風呂の取り換えです。

この時のリフォーム会社は、マンションの管理会社に紹介してもらいお願いしました。工事してみて、コストは安かったのですが、仕上がりは雑な面があり、さらに元々個人向けの会社ではなく、マンションオーナー向けのリフォーム会社でしたので細かい説明はあまりなく、こちらの要望もあまり理解してもらえず、少し疑問が残りました。

2度目は、キッチンシステムの取り換えと居室の仕切り(ドア付け)のためのリフォーム工事です。

この時も、管理会社にまた別の会社を紹介してもらいましたが、1度目と同じように、説明はあまりなくこちらの要望を伝えてもあまり工夫や案は理解してもらえず、普通に素材選びや、寸法のみの相談になりました。

よくテレビや雑誌などでも、リフォーム時には、実際に会社の方と設計からきちんと相談に乗ってくれたり、こうすると動線が便利になるなどのアイデアを盛り込んだリフォームがしたいのですが、次回(また、窓枠などの3度目のリフォーム予定です。)リフォーム会社を選ぶときにどうしたら自分の理想を聞き入れてもらって、工夫してもらえるような会社を選んだらよいかわかりません。

何かいいアドバイスはありますでしょうか?

A 回答1

回答者
回答した数
669
参考になった数
1933
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2015年07月10日(金) 00:21

こんばんは~ たっこ さま

そうですね。たっこ様が望むようなかゆいところまで手が届くようなリフォーム業者はそうはいないと思ってもらったほうが良いですね。

簡単に言えば自分達と相性の良い会社はどこに存在するのかわからず、見つけるには至難の業です。

ではどうしたら良いか?今までみたいに紹介してもらうという探し方はやめて、3社くらいの会社へどのようなリフォームを望むのか伝えたり相談して見積りを依頼し、その後、その3社がどのような提案のリフォームで見積りをしてくるか?

よく吟味をして、その見積書からどのような製品を使い、その製品をどのように工事をするのか?見積書をみて(細かい作業手順が見えてくるような見積書でないと駄目です)よく吟味をする事です。

見積書を素人が見てもどのような工事をするのか正しい工事なのか分からないから業者を信用するしかないというのは良くないです。

窓の工事一つにしても、既存の窓を解体処分して新しくつける方法と既存の窓枠を残してその枠に新しいアルミ枠をつけてサッシを取り付ける(カバー工法)の2種類があります。

其々の方法に特徴がありますのでその特徴が自分が希望する内容に合う特徴なのか?
こっちは駄目だからこちらのほうが良いと決め付けてくるのは良くないです。

そういうやり取りをする事により、自分の相性の良い会社かどうか見えてきます。これは良いのですか?と質問をするとYes か No しか返ってきませんので、こちらとこちらでしたら、どちらが良いと思いますか?それは何故良い(悪い)のですか?と打ちあわせをしていくような感じで見積相談を進めていかれたら良いのでないでようか? 

そうしていく事で、ここの会社は自分達の願いや希望に対して、本当に真摯に受け止め、施主様の気持ちを察してくれる会社であるかどうか見えてきます。

相手任せにはしない事です。口約束は絶対駄目です。打ち合わせや相談はすべてメモで残す事です。

最終的に信頼に値する会社なのか?どうか?直感で判断をして下さい。お互いの信頼関係が大事だからこそ、自分と相性の良い会社かどうか判断をして、そして、メモや仕様書、見積書に分かるように記録していくという事が大事でないかと思います。

参考になった数 4
の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答2

回答者
回答した数
232
参考になった数
411
ベストアンサー
1

リフォーム会社の選び方について回答します。

当方は設計のみで、50年間も建築の世界にいます。
そこで、設計者の立場で話をします。

お客様の文面の中に、お客様自身が答えを出されています。
1.業者が要望を理解しない。
2.業者から説明もなく、業者に工夫や案が伝わらない。
3.テレビの如く設計から相談にのる。

上記の1項と2項は、明らかに工事はするが、設計とは縁のない人間に話しをしたと云う事です。
俗に言う、「馬の耳に念仏」 のたぐいで話の通じない人に話しかけていたのです。

3項に設計から相談に乗る会社こそが正解なのです。
すなわち、インテリアデザイナー等で図面が描ける人が、いる会社を探して下さい。
会社探しは、お客様ご自身が近隣を歩かれて、リフォーム会社の看板のある店先のウインドーを見て下さい。
その会社が施工した写真やパースがあるはずです。
それを眺めて、ご自身の感性を働かせて下さい。

気に入られたら、デザイナーと話をされて図面ではなく、パースを描いて貰うのです。
パースがOKなら、初めて見積を依頼して下さい。

それを、2社でも、3社にでもお願いするのです。
パース付きの見積書により、比較し検討して下さい。

設計は設計屋に任せて下さい。
古い言葉に、「モチはモチ屋に」とは此の事です。

以上です。   2015.6.10

参考になった数 3
の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答3

回答者
回答した数
669
参考になった数
1933
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2015年07月10日(金) 09:36

追加回答 回答文字数は 1回に1000文字以内という制限がある為、書ききれなかった事を回答させて頂きました。

ビフォアーアフターというテレビは人気番組でご覧になっていらしゃる方も多いと思いますが、殆ど、建築家のデザイン設計任せになっており、リフォームをした後、確かに其々の建築家の個性的デザインで見た目は良いのですが、いざ、生活をしてみると自分の生活スタイルや使い勝手からみると程遠く、自分の意見や意向が殆ど入っておらず、もっと施主様の生活スタイルや意向や希望を聞いて欲しかったと評価される方も数多いようです。

はたからテレビを見ていても中にはあれはないな・・という部分もあります。
人それぞれ、生活スタイルは違いますので、他のお客様の住宅リフォームは良いリフォームであっても、それが自分の住宅に良いかと言いましたら、違います。

それ故、建築設計や施工会社に全て、お任せしてリフォームをすると後々後悔をします。

やはりリフォーム会社と施主様のコミュニケーションが一番大事です。自分達の生活スタイルや夢を叶える為に考えているリフォームをきちんと相手に伝え、どのような提案をしてくるのか?それが自分達の生活スタイルや使い勝手に合うのか?という事も大事なところです。

ですので業者選びはリフォームに関するトラブル例がインターネットに数多く出ていますので、これからされようとしているリフォームにどんなリフォームトラブルがあるのか?その知識や情報を収集しておくだけでも、失敗するリフォーム工事のリスクをかなり少なくする事ができると思います。

そして2社3社の相見積の中から自分の直感を信じて、相性の合いそう会社を選択し、納得のいくまで何回も打ち合わせをしてメモや仕様書、見積書に分かるように残していくという事が失敗しないリフォームになるかと思います。

リフォーム実例やリフォーム後のトラブルは数多くネットに流れていますので、そういった情報を仕入れ、知識として深め、それが知恵として今後のリフォームの成功につながっていくと思います。

素人で分からないからこそ、知識を深めるのです。そして自分と相性の良いリフォーム会社を選択をされたほうが良いかと思います。
我々、プロの世界であっても始めての会社を取引きして失敗例もあるので。

参考になった数 4
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年07月10日(金) 13:14
何度も質問して、詳しい内容を聞いてみる。あとパースが書ける人がいるかどうか?。。いろいろ参考になりました。内窓工事も今後考えていましたので、参考になりました。頂いた意見をよく頭に入れて探してみようと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧