混合栓の種類、取替工事や価格帯についてご存知ですか?

混合栓の種類、取替工事や価格帯についてご存知ですか?

キッチンや浴室の水栓金具は、長年使用していると腐食や錆により劣化してきます。使用していてシャワーの出が悪くなったり、急にお湯が出なくなるなど、不測の事態に備えて少しでも知識を蓄えておきたいもの。また、少しでもレイアウトを変えて、見た目以上の快適さを味わいたいところですよね。水栓金具には様々な種類があり、取り替える機会もそうそう頻繁にあるわけではないので、いざ新しいものを購入する際に、どのようにしたらよいのか迷う方も多いはず。ここでは、ライフラインの要である混合栓の種類、取替工事における費用や価格帯などをご紹介します。

単水栓と混合栓の違いとは?

単水栓は、一般に公園などの公共施設や住宅の庭先などでよく見かける、俗に水道と呼ばれるものです。最も簡単な構造の水栓金具で、ハンドルを左右に回し、【コマ】と呼ばれる給水栓の開閉によって水だけ、または湯だけを出すタイプの水栓です。構造が単純で扱いやすく、楽にメインテナンスを行えるといった特徴があります。対する混合栓は、台所やキッチン、お風呂場などで私たちが日常的に使用する水栓金具です。シングルレバーや2ハンドルタイプといったそれぞれのレバー操作により、湯と水を同時に出すことが可能で、住宅内で使用するのに最も適した水栓です。単水栓に比べ内部構造も複雑で、コストもそれなりに高価なものが多いですが、1度変えてしまえば長く使用することができ、耐久性に優れているといった特徴があります。単水栓は、水か湯だけのどちらかを吐水でき、混合栓は水と湯の両方を吐水できるものと覚えておきましょう。


混合栓の種類と価格

台所・キッチン

台所やキッチンで使用する混合栓は、使用頻度の高さから各社、様々なタイプのものが販売されています。レバー操作1つで自在に吐水量や湯温を調節できるシングルレバー混合栓やダブルハンドル式のもの、壁付けタイプや台付けタイプ、ワンホールタイプなど、使いやすさやご自宅のシンクに合わせた長さの吐水口のものなど好みで選ぶといいでしょう。また、昨今では、湯水量を調節できるエコハンドルタイプのものや、取り付けが便利なベンリー偏心管仕様のものが主流となっています。ご自宅で据え置きの食洗器などを使用している際は、分岐栓付きの専用のものを選ぶ必要がありますので注意してください。

 

種類

価格帯

特徴

ワンホール混合栓

900025000/

シンク穴に対して垂直に取付けるタイプ。浄水機能付きやシャワータイプのものが人気。取付穴3539mm

壁付け混合栓

800025000/

壁に直接取り付けるタイプの混合栓。配管ピッチ105220mmが多く、キッチン用のものであれば大抵は取り付け可能。

台付け混合栓

900020000/

シンクと平行に取り付ける台座が付いているのが主流。配管ピッチ203mmなど。

 

浴室

浴室で使われる混合栓には、壁付きタイプと台付けタイプの2種類があり、用途によって使い分けられています。一般には、シャワーとの併用で身体を洗うのに使いやすいよう、サーモスタット式の水栓が多く使用され、シャワーのヘッド部分には押しボタンが付いていて長時間の吐水が可能なものなど、多くの種類のものが店頭に並んでいます。また、昨今では、35%・48%節水・省エネ効果を担う種類も多く販売されており、機能が多く、耐久性の高いものほど価格も高価になるのが一般的です。おもに壁付きタイプの混合栓が主流となっていますが、風呂釜などに直接お湯を張る際に使用される水栓は、台付けタイプのものも多く取り揃えられています。

 

種類

価格帯

特徴

壁付シャワー混合栓

7000円~25000/

湯量の出し止めが簡単なアーチハンドルタイプや大容量/節水効果の高いものが人気。配管ピッチ105225mmくらいが主流。

台付け混合栓

9000円~25000/

水と湯の各ハンドルを開閉し吐水量・温度調節をするダブルハンドルタイプなど種類は様々。配管ピッチ85120mmくらいまでが主流。

 

洗面化粧台

手を洗う・歯を磨く・顔を洗うなどの日常の動作を快適に行えるよう、ジャバラホースで手元まで引き寄せられるシャワータイプのものが人気があります。また、クリック音1つで節水効果を高めたエコシングルレバー水栓など、ワンホールタイプのものや台付けタイプのものが主流となっています。高価なものですと、手をかざすだけで吐水ができるタイプのものなどもありますが、現状では、洗面化粧台ごと買い替えてしまう方が多く、各販売店でも多くの種類を見かけることは少ないように感じます。どうしても混合栓のみの交換をお望みであれば、インターネットの大手ECサイトなどを活用してみるのも1つの手と言えます。

種類

価格帯

特徴

台付け1穴混合栓

500020000/

洗面台に設置するシャワー付きのワンホール混合栓に似た形状。取付穴36mm程度のものが多い。

台付け2穴混合栓

500020000/

台座の付いた2つ穴で取り付けるタイプの混合栓。穴芯100102mm前後のものが主流。

 


混合栓の取り換え

取り付け業者への依頼|相場と価格

「急に水の出が悪くなった...」「蛇口の下から水が漏れてきた...」など、水回りの急なトラブルにはアタフタとしがち。普段、交換することも少ないため、まずはどこへ相談すればよいのか、何をすればよいのかといったことをしっかりと理解している方は、割と少ないと思います。特に水道関係に詳しい方が周りにもいない場合は、思い切って取り付け業者に頼んでしまいましょう。これらの水回りに関するプロ達は、多くのトラブルについて熟知しているため、安心、かつ確実に丁寧に作業を行ってくれるといったメリットがあります。

取り付け業者は主に、街中にあるリフォーム業者や工務店、新聞広告などと一緒に折り込んである修理業者の中から選択してみるという方法もありますが、初めてですと、なかなかの高額になってしまう場合も多いようです。まずは、お近くのホームセンターなどの水回りを扱っている部門を訪ね、相談してみる事がコスト面で大いに役立ちます。これらの大きなホームセンターなどは、商品を大量にストックしているため、メーカーからも安価で在庫を仕入れているはずです。そのため、在庫を持たないリフォーム業者などと比べると、商品代金が大幅に抑えられ、結果として総合的に安価で取り換え工事をしてもらうことが可能です。

 

工事業者

本体価格

工事費

処分費

合計金額

リフォーム業者等

1000031000

750011000

13001800

1880043800円(業者によってまちまち)

ホームセンター

800025000

60009000

10001500

1500035500

上記は一例です。

 

ご自身でのお取替え|相場と価格

混合栓は、日頃から日曜大工程度を行う方であれば、比較的容易に取り付けることができます。そのため、本体のみを購入して、ご自身で取り換え工事を行う方も大勢いらっしゃいます。まずは、コストを抑えたいという方は、是非チャレンジしてみてください。工事費だけはまるまる浮かすことができるのでお得です。また、混合栓の内部構造はとても複雑で、1度分解すると元に戻すことはできません。くれぐれも取り付けの際に、本体内部の分解だけは避けてください。

 

工事業者

本体価格

工事費

処分費

合計金額

ご自身での取り換え

800025000

0

5001000

850026000

処分費に関しては、各自治体の不燃物や燃えないゴミ・リサイクルなどで無料で出すこともできます。また、メーカーによっては商品お買い上げ後、いらなくなった水栓を無料で引き取ってくれるところもあります。リサイクルショップなどでは買い取ってくれるところもあるようです。

混合栓取り換え工事のための施工とフロー

混合栓の取り換え工事を依頼する際は、事前に業者を特定して金額や作業時間、作業工程などを明確にしておくことが大切です。初めて依頼する場合は、どのような商品にするべきかなど窓口でしっかりと話し合い、相場に見合った金額であるかなどの判断をしなければならないため、信頼できる業者を見つける必要があります。以下に工事に取り掛かるまでの基本的なフローをご紹介しますので、発注までの参考にしてみてください。

<手順1>交換工事を依頼し、現場調査の日時を決める

折り込みチラシなどに入っている24時間対応の工事業者、街中にある工務店やリフォーム業者、ホームセンターなどに出向き(電話でも可)、現状を伝え、現場調査の日時を決める。 

<手順2>自宅で状態を確認してもらい、後日、店頭を訪れる

当日、実際に業者に自宅まで来てもらい、水栓の破損個所、取り換えが必要か、修理で直るか、水栓の位置・止水栓の位置などを確認してもらい、適合機種やおおよその工賃などを訪ねておく。後日、店頭を訪れ、機種を購入し、工事代金とともに事前に清算。工事着手日を決定する。

<手順3>工事当日、立ち合いの元、交換工事を行う

交換工事の当日は、万が一のためにご家族の方の立ち合いが必要です。家具を移動したり、急な突貫工事が発生することがありますので、必ず自宅に居るように努めてください。

 <手順4>追加工事があれば、追加の代金を支払う

工事当日は、実際に作業を行ってみないとわからないことも多いので、急な追加工事が発生することがあります(例えば、コーキングの補修など)。追加の代金は、そう高額なものではありませんが、残りのお支払いは忘れずに店頭まで出向きましょう。

浄水器内蔵型混合栓について

おもにキッチン仕様の混合栓

キッチンで使われる人気の混合栓で、「浄水器内蔵型」というものがあります。シングルレバータイプのワンホール混合栓が主流で、幅広の吐水口の内部に専用のカートリッジが装着されており、約3か月ごとに交換することにより、浄水機能を楽しめる売れ筋の混合栓です。ハンドシャワーとの兼用で、汚れが付着したシンク周りをきれいに洗い流せるだけでなく、節水効果もあり、日常の家事を楽にしてくれるおすすめのアイテム。一般的な混合水栓に比べ、少々、コストは割高ですが、吐水口の先端に付ける浄水器よりもはるかに場所を取らず、洗浄スペースが確保できます。台所の混合栓を交換する際の選択肢として、是非覚えておくとよいでしょう。

 

別売りカートリッジの特徴

浄水器内蔵型混合栓の交換用のカートリッジは、本体をお買い上げ頂いた店舗等で購入することができます。一般に、1個入りと3個入りのパッケージのものがあり、各メーカーによって価格はそれぞれ違いますが、1個入ですと35004500円くらい、3個入りですと980012800円くらいでお求めできます。交換期間は約3か月なので、フィルターを確認して小まめに交換する方は3個入りを、期間が近づいたら交換したいという方は1個入りを目安に購入するとよいと思います。

まとめ

普段、何気なく使用している水栓金具ですが、聞きなれない「混合栓」という言葉に戸惑う方も多いのではないでしょうか。水回りの急なトラブルは、日常生活がストップするばかりか、放っておけば、さらに状態が悪化することも考えられます。常日頃から、キッチン周りや浴室をチェックし、最悪、ご自身でも交換できるくらいの最低限の知識は蓄えておきたいものですね。

 

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

擦り切れてしまった網戸の張替え|意外と簡単に交換してもらえるのをご存知ですか?

毎年、暖かい季節になってくると虫よけの必需品として欠かせない網戸ですが、戸袋から久しぶりに引き出した際に、網戸の網が傷んでいたり、擦り切れてしまっていたことはありませんか?長年、使いこまれた多くの網戸は風にさらされ、出し入れを繰り返しているうちに自然と劣化してくるものです。夏場以外はほとんど出番のないサッシだけに、突然の悲劇に驚かれる方も多いことでしょう。今回、網戸の張替えに掛かる費用や必要な部材をご紹介します。業者さんに頼む張替え作業のメリットなどを感じて頂けたら幸いです。

サッシの種類と基礎知識|快適な住環境に必要な窓の役割とは?

普段、私たちが快適に暮らしていく上で、とても大切な役割を担う「窓」。木造住宅や鉄骨建築物には、多くの種類のサッシが取り付けられ、そこで暮らす人々や働く人に恩恵をもたらします。私生活であまり意識することなく触れている住宅用サッシには、一体、どのような機能や役割があるのでしょうか。今回、種類やカラーのラインナップなども含め、あまり知られていないサッシの基礎知識に迫ります。

失敗しないリフォームの方法

家も古い箇所が多くて、そろそろリフォームをしたいけど、失敗しそうで気が進まないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

壁紙の貼り替えなど簡単で安価なリフォーム工事であれば、比較的気軽にやり直すこともできます。しかしキッチンやお風呂の取り換え、ましてや増築などであれば、簡単にやり直すことはできません。

今回は、失敗しないリフォームをするために抑えておきたいポイントをご紹介します。

これでリフォーム後に「失敗した」という後悔をしなくて済みますよ。

リフォーム訪問販売の危険性

リフォームをしたいと考えていた、どの業者が良いか分からなくて悩んでいた、そんなタイミングでリフォーム業者に訪問販売されると、むしろナイスタイミングだと思うかもしれません。お得にリフォームが出来そうだし、親切で信頼できそうな営業マンであれば、特に契約したくなるものです。しかし、実は悪徳リフォーム業者の被害にあった人の99%は訪問販売で出会っていることをご存知でしょうか?

それだけ、リフォーム訪問販売は危険が多いと言われます。なぜ危険なのかを知って、その対策をしておきましょう。

リフォーム業者の選定方法のポイント

大事な家に長く住むため、快適な状態を保つために必要なリフォームですが、最近は悪徳リフォーム業者が社会問題になっていることもありリフォーム業者の選定には頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

悪徳業者に引っかからないように気を付けることに加え、リフォーム業者の中には大手もあれば個人でやっている業者、地域密着型の業者もあり、選択肢が多いというのも、業者の選定を悩ませる原因のひとつになっています。

そこで今回は、リフォーム業者の選定を行ううえで役立てて頂ければと思い、リフォーム業者の選定方法ポイントについてご紹介したいと思います!