大阪府の工務店にリフォーム相談

大阪府のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

大阪府でのリフォームのポイント

ええとこやで!!大阪でリノベーション?

西の大都会である東京は、関西の人たちが一旗上げるためにやってくる場所です。そのため、実は東京並みに他県民が多かったりします。今回は、そんな大阪について見ていきましょう。

・ゴチャゴチャしてるが、それがイイ


このゴテゴテ具合、ほかではなかなか見れないんじゃないでしょうか。

大阪は「キタ」「ミナミ」に分かれています。「キタ」はオフィスビルやオシャレな建物が多い場所で、逆に「ミナミ」は一般大衆が楽しむ街となっています。

しかし昨今、女性だけで遊ぶ機会が増えてきたからか、かつては大衆居酒屋が並ぶようなミナミのお店ですらオシャレ空間にリフォームされているという現実があります。何かしらのシミで薄汚れた壁や、黒ずんだ暖簾のお店も女子会スポットとして生まれ変わってきているわけですが、これは世代交代が起こり始めていることに加え、昨今ブームになっているリノベートを活用してキレイなお店に生まれ変わっているということもあるようです。

しかし、さすがは食い倒れの街といったところで、裏路地に入るとそれっぽいお店が今も営業を続けています。大阪の裏路地は非常に狭くごちゃごちゃしていて「本当に店があるのか?」とすら思えてくるほどです。だからこそ、お店にたどり着くことができたときは得もいえぬ快感が訪れます。

・古着文化が根強い


数百円ほどのものから百万円を超える物まで存在するヴィンテージアイテム、カッコイイ物はそれだけ高いです。

大阪を象徴する言葉の一つに「もったいない」というものがあります。また、これに派生して「まだ使えるやん」「いらんのやったらウチに頂戴」などもあります。

それを象徴するのが「古着」という文化です。もともとは東京にある「バナナボート」というお店のオーナーである平野氏が使い古されたジーパンを「ヴィンテージジーンズ」と見出したことがきっかけで世界中に派生したヴィンテージ衣類ですが、大阪でも上記の言葉とマッチして、古着の文化が根強いです。もともと繊維や織物も盛んであったため、江戸時代にはすでに古着屋が存在しておりましたが、今で言うところのリサイクルショップ的な立ち位置だったようです。


大企業の本社が結構ある大阪は、起業する人が多く集まるビジネスの街でもあります。

 

大阪の人間は、とにかく安く済ませることに努力します。それは会社の経営者でも同じです。

建物を使用する際、案外ネックになってくるのが「火災防止法」です。例えば非常階段の案内表示が指定位置にあるか、あるいはスプリンクラーは設置しているかなど、様々な規定があります。

それは当然のことながら、すべての荷物の配置がある程度済んでから点検されるわけです。しかし、大阪人の経営者はとにかく安く済ませるために、その辺のこともちょろまかそうとする人がワリと居ます。私が大阪人だからこそ、そういう細かい点を見てきたので実体験として語れるわけですが、例えばものすごくボロい中古物件をある程度壁や天井をリフォームし、更に窓も良いものにした上で会社を始めようとしていた経営者が居りました。

消防署が点検に来ることはわかっていたので、かなり安く押さえた上で認可されるギリギリのところでやっていたそうです。

結果はどうなったかといいますと、なんと認可が下りなかったのです。なぜかというと、もともと入り口に固定されていた傘入れが非常時には邪魔になると判断されたのです。どうやら同じ事をリフォーム業者にも言われたようですが、「傘入れが付いているなんてオトク」と感じてしまい、そのままにしてしまったのです。こういう時のリフォームは、業者の意見に逆らわないほうが良い、ということですね。
・リペア、リフォームが盛ん


買い換えるよりも、リフォームして使い続けることが多い大阪。新しく買い換えたほうが良いといわれても、愛着がわいてしまいリフォームを選ぶ人も多いです。

 

大阪は、なんとしても物を長く使おうとする性質があります。

そのため衣類のリペアや、中古物件のリフォームが非常に盛んです。特に店舗のほとんどは中古物件であることが多く、それも古いものが特に好まれます。

これは単に安いから選ばれているだけでなく、「長くやっている感じ」をかもし出すための演出という意味もあります。

大阪は、例えば「近鉄不動産」という大手の不動産会社が存在しているためそういう業者とのつながりも深く、非常に質のいいリフォームやリノベートを受けられます

また案外保障もしっかりしていて、例えば「住んで1年で、浴室の壁がはがれてきた」というギリギリ保障年数外であっても無償でリフォームしてくれる場合もあります。
・だんじり祭りとリフォーム


だんじりを中心に日常を過ごす岸和田市民は、だんじりが終わると来年のだんじり祭りのことを考え始めます。どんな仕事があろうとも、だんじりの日は必ず休みを取ることでも知られています。

大阪の岸和田市には、「だんじり」という独特のお祭りがあります。

四隅に車輪がある山車という感じで、これが町中を走り回るのです。住宅街でもお構いなしに走り回るので、毎年何かしらの事故があります

そのため岸和田市には「だんじり保険」というものが有り、もしだんじりによって家が破損してしまった場合は、その壁の修繕費やリフォームの費用を補償してくれるのです。

岸和田市のほとんどの世帯や商店、あるいはコンビニすらも加入しており、だんじりの時期になるとどこかしらでリフォーム業者が働いているところを見かけます。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全165件中 1~10件目

参考になったランキング 全158件中