岡山県の工務店にリフォーム相談

岡山県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

岡山県でのリフォームのポイント

晴れが多い!?岡山県ってどんなところ?

比較的地味なイメージのある県の一つである、岡山県。これといった名物は浮かびませんし、存在を忘れがちな県の一つでもあります。今回は、誰も知らない岡山県の魅力について語っていきます。


・青空を拝める日が多い

真っ青に透き通った空が美しいです。しかし、学生さんはマラソン大会のときなんかはがっかりするかもしれないですね。

 

 

実は、岡山県が日本で最も晴れの日が多い県です。そのため、洗濯物が非常に乾きやすく「雨が降ってはいけないから一気に洗濯してしまおう」といことにならないんです。水源地も多く、水は豊富であるので雨が降らなくても水不足になりづらいのです。しかし、晴れの日が多いということは夏が辛いということにほかなりません。


夏の気温は高く、また雨がほとんど降らないため気温が下がりづらいのです。一長一短とは、まさにこのことですね。しかし湿度はそんなに高くないので、カラッとした暑さです。

そして太陽の出る日が多いため、太陽光パネルを設置し、それを家庭用電源として利用するようなリフォームが盛んです。

太陽光発電は、日本のように雨が多い天候の土地ではかなり不便です。逐電も出来ませんし、パネル自信の稼ぐ電力でパネルを作り出すことは未だ出来ませんしね。しかし、岡山県でなら話は別です。発電効率が悪いといっても、ほとんどの日が晴れならば問題ありません。一説には、岡山県で生み出された太陽光電気は余っているので電力会社に売り、家計を支えているそうなのです。

結構、太陽光パネルを採用している家庭では聞く話しなのですが、毎日電力を稼ぐことが出来るわけですから、その量は段違いといえるでしょう。

他県の太陽光パネルを採用している家庭よりも、圧倒的に多いはずです。


・桃太郎発祥の地

岡山県には、日本で最も有名なヒーローが生まれた土地です。

そのヒーローの名前は、「桃太郎」です。日本で最も有名な昔話として知られ、「仲間を集め、鬼を退治する」というストーリーは多くの物語の基盤となっています。

日本の漫画やアニメの多くが、この桃太郎と同じような筋書きになっているのもそのためです。しかし、この桃太郎は本来は川から流れてきた桃をおじいさんとおばあさんが食べ、若返った結果出来た子供が桃太郎だったという、実は大人向けのお話だったというのですから驚きです。

そんな桃太郎は、岡山県を代表するアピールポイントとなっています。

そのため街のあらゆる所に桃太郎をモチーフにした何かが点在しています。銅像はもちろん、壁画ですとかイラスト、そしてお土産のお菓子にも。これでもかというほど桃太郎が登場しますので「名物はほかに無いのか」と、少し悲しくなってしまいます。

しかし最初からこうだったわけではないようで、昨今の地方をアピールする風潮に乗っかった結果、例えばなんでもない壁に桃太郎を描くようなリフォームをしたりしてアピールするようになったのだそうです。


・関西圏からの観光客が多い

実は、岡山県は関西圏から観光客が非常に多いです。

といいますのも、まずは距離の問題がありますね。そんなに離れているわけではないのですが、かといって近いというわけでもありません。なので、電車や車を使って行くわけですが、これで3時間ほどつぶれます。


そして食文化が微妙に似ているという点もあります。例えば、普通カツ丼と聞くと、揚げたてのトンカツを卵でとじた物を想像しますよね。

しかし、岡山県の場合はデミグラスソースをかけた「ドミカツ丼」か主流です。これが、ソース好きの関西人の舌にヒットし、今では毎週のように食べに出向いているという人が結構居るほどです。更にチーズを上からかけても美味しいので、結構オススメです。


もう一つの理由としては、岡山県から大阪に移住する人がけっこう多いという点もあります。要するに、近くに東京と同じレベルの都会である大阪が比較的近くにあるわけですから、社会人になると大体の人が大阪へ働きに出るのです。そうして幾年か経って、子供が出来たりすると里帰りということで岡山に帰る人が多く現れます。


つまり、親族が岡山県民というのが関西圏では結構聞く話で、その親族を頼ってプチ旅行をしたり、あるいは里帰りをする人が多いというわけです。

そこから岡山県の魅力にハマって、結果としてそのまま岡山に住むという人も結構いらっしゃるようですね。岡山もそこそこ都会なので、そんなに不便ではなく、建物もリフォームを利用すればキレイになりますし。


・岡山県と果物

桃や梨など、岡山には名物となる果物がたくさんあります。

築地などでは高値で取引されるものも数多くあり、高級レストランや料亭でも取り扱っているほどの名ブランドも存在します。

果物農家が多いわけですが、一般の家庭においてもそういった果物は楽しまれています。


例えば桃が定番ですね。シーズンになると、毎朝の朝食のデザートとして食べたり、あるいは凍らせておいて職場や学校に持っていったりしている家庭もあります。かなりうらやましいですね。そのため、果物の摂取量は日本国内においてはかなり多いようです。身近に果物があるというのは、食生活を豊かにする上では非常に重要なことであるといえます。しかし、良いことだけではありません。

例えば、土地関係の資格を取る際に見ることになる、その手の参考書に良く出てくる問題があります。


それは「隣の家の柿の木の根が敷地内に有り、更に果実の付いた枝が伸びてきている。このとき、果実を取っても問題は無いか」という問いです。

正解は、だめなんですね。果実のほうをとってしまうと訴えられたら負けます。ただし、根っこは切ってしまっても問題ありません。


ですが、根っこも樹そのものの成長に大きくかかわる部位であることには間違いないので、隣人問題になりかねないのです。

そのため、岡山のとあるお宅では、そういったトラブルを未然に防ぐため、垣根の根元をかなり深くまで生めて、木の根が外に出てしまうことを防ぐようなリフォームをしたのだとか。なかなか大変ですね。


・名産品は藍染め

岡山県の名産品の一つに藍染があります。

鮮やかな青は今なお染物の定番として選ばれており、特に男性に人気があります。今で言うところの甚平も、この藍染が多いです。

地味、といいますか結構渋めの色なんで、女性はあまり選ばないですね。しかし帯なんかはシックな雰囲気でかっこよく、女性にも選ばれているようです。かつては夏祭りで着物を着るというと女性がメインでしたが、この甚平のおかげで昨今は男性でも気軽に着物を楽しむことが出来るようになりました。日本の文化をリニューアルしつつ流行に乗せた、偉大な発明といっても過言ではありません。

ちなみに、この藍染は建築物にも活用されています。

例えば壁紙ですね。壁を藍染の色合いにするとどこと無くオシャレな雰囲気になります。また、意外なところでは「畳」にも藍染が利用されています。

古くなった畳を藍染することでリフォームする、というわけです。藍染は防虫効果も高く、夏には蚊の対策にもなるということで結構注目されています。

藍染自体は伝統的な文化の一つではありますが、こうして現代にあわせて進化を遂げているのです。


それも、リフォームなどの建築物を相手にだって出来てしまうのですから驚きです。自分たちの文化を見直して、新しい使い方が出来ないかを模索するというのは、これからの地方活性化には非常に重要なことなのかもしれません。


・ジャパニーズジーンズ発祥の地

そもそも、この藍染が新しい文化に転用されるようになったきっかけが「ジーンズ」です。ジーンズといえば、今ではファッションの定番アイテムとなっていますがもともとはアメリカ人の作業着です。


安価で大量生産が可能、そして丈夫という三つの条件をクリアした最高峰の作業着ですが、これをファッションにまで昇華させたのが、実は日本人だったりします。


今でも東京の原宿にて「バナナボート」というヴィンテージショップを構えるオーナー、平野氏が最初に使い古されたジーンズ、すなわちヴィンテージジーンズを取り扱ったことがきっかけといわれています。


ジーンズの特徴は、藍染の色が落ちていくことによって様々な表情を見せてくれる点です。

例えば太ももあたりに出来る横じまの色落ちは「ヒゲ」といい、太ももから膝付近まで出来る色落ちを「縦落ち」、更に膝裏に出来る格子状のものを「ハチノス」と呼ぶなど、場所や落ち方で名称も異なってきます。また、そもそも古着のジーンズ全般をヴィンテージと呼ぶわけでなく、主に1960年代以前のものを指すことが多いです。これは希少価値に加え、1960年代のジーンズは質やデザイン共に完成されたものであるといわれており、古い年代で当たり年のワインと同じく「ヴィンテージ」と呼ぶようになったのです。

このヴィンテージジーンズによって、藍染への要望も大きく変わり、先述のリフォームの現場においても、ヴィンテージ風の質感が求められるようになったのだそうです。

 

 

それに触発され、日本でもジーンズブランドの立ち上げが始まったわけです。

それがもっとも盛んだったのが、製糸業が中心的産業であった大阪と、ここ岡山というわけです。特に岡山は、そもそも藍染の名産地です。偶然にもジーンズと同じく藍で染めていたというのは、いささか運命を感じてしまいますね。

 

例えばビッグジョンが有名ですね。日本で始めての国産ジーンズを発売したこのブランドは、もともとはラルフローレンなどからカジュアルウェアの受託生産を行っており、そのため独自のジーンズ製造も可能だったというわけです。

今では更に増え、岡山らしいネーミングの「桃太郎ジーンズ」や豚のアイコンがかわいらしい「ステュディオ・ダルチ・ザン」など、多くのブランドがしのぎを削っています。


ジーンズと聞くとアメリカを思い浮かべますが、実は岡山もそれに負けないくらいのジーンズを作っている県なのです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全25件中 1~10件目