新潟県の工務店にリフォーム相談

新潟県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

新潟県でのリフォームのポイント

日本の心!!日本食の中心、新潟県


日本で最も稲作が盛んである新潟県、すなわち、新潟県は日本の食文化を支えているともいえます。

今回はそんな日本の主食であるお米のふるさと、新潟県について語っていこうと思います。


・稲作の激戦区

広大な田んぼです。鳥獣対策として、こういった案山子のほかにも爆竹なんかが定期的に鳴らされています。初めて行くと、けっこうビックリしてしまうんですよね。

日本のお米と聞いて真っ先に思い浮かべるブランドが「魚沼産コシヒカリ」では無いでしょうか。数あるコシヒカリの中でも、魚沼産のものはトップの品質を誇ります。

日本一とも呼ばれており、数多くの高級料理店や、近年では海外からの注文も盛んに行われているのだとか。

しかし、お米が最も美味しい状態なのは新米・・・ではなく「精米」したてのものが最も美味しいのです。

すなわち、海外はもちろん日本国内においても「最も美味しい魚沼産コシヒカリ」を新潟以外では食べることができないのです。

同じ魚沼産コシヒカリでも、作り手は多数いらっしゃいます。近年では企業の農業参加も着々とすすんでおり、個人レベルでも中古のコンバインやトラクターが数十万円で購入できるとあって、簡単なリフォームをして農家に転進する人も出てきています。


・最近の日本酒

日本中で作られている日本酒ですが、実は新潟のお米を使っているというところも結構あります。新潟県は、地酒の根幹をも支えているんですね。

 

日本酒好きと言うのが、最近増えてきています。

特に女性の間では密かにブームとなっているようです。ここ新潟は米どころとあって美味しい日本酒が多いです。

有名どころで言えば、「八海山」なんかは一度は口にしたことのある人も多いかと思います。

しかし、最近ではそういった日本酒ばかりではありません。

例えば、スパークリング日本酒なるものがあります。日本酒独特のフルーティーさに炭酸を組み合わせた、まさにシャンパンのような飲み口が大変人気です。

実はこれ、「生酒」が元ネタなんですよね。生酒と言うのは、まだ発酵が完全に終わっていない状態の日本酒のことで、市場ではほとんど出回らない超レアなお酒です。

生家が酒蔵であった名相、池田隼人は実家で作られている生酒を持参して敵対する人物の家に乗り込んで、抱き込んだなんていう逸話があります。

それほどの美味しいものをリフォームして作られたスパークリング日本酒は、大体2000円前後で楽しめると言うのですから驚きですよね。


・実は、鮭も美味しい

ものすごく立派な鮭です。チャンチャン焼きなんかにしても美味しそうですね。とくに秋は、産卵が近いため脂の乗りも最高潮です。

酒と共に有名なのが「鮭」です。まるで駄洒落のようですが新潟の鮭は脂の乗りなんかが北海道産と引けをとらないレベルのものです。

この鮭を酒と共に美味しくいただけるのが「鮭とば」です

秋鮭の身を薄く切り、そして海水で洗って干して出来上がるのが、この鮭とば。

結構塩気が強いのですが、新潟の味を長期間保存できるため人気が高いです。もともとは山間部の人が、なかなか味わうことのできない魚を長く楽しむために作られたものではないかと思います。


・水がおいしい 

清らかな水が多い新潟県。しかしこういった水源地にたどり着こうとするとものすごく時間がかかり、体力も必要です。パラエティ番組なんかでも、まれにやってますよね。

 

米やお酒がこれだけ美味しく、さらに鮭までも美味しいのには理由があります。

それは、水が大変美味しいからです。水道水からみても、その味わいは他県のものとまったく異なります。

考えられる理由としては、比較的気温が低い地であることに加えて、温泉が多いからだと思います。

温泉のミネラルが地下水にもしみこみ、結果美味しい水が飲めるというわけです。

最近では、地下水を常用水として楽しめるようにリフォームする方も増えているので、新潟で住んでいる方は一度考えて見るのも良いかもしれません。


・あの、ハッピーターンや柿の種誕生の地

ビールのお供には、やっぱりこれですよね。安い割りに量もそこそこ有り、庶民の味方です。

魔法の粉という、怪しげな白い粉を振り掛けることでいっそう美味しくなるお菓子「ハッピーターン」を製造、販売している会社が「亀田製菓」です。

その亀田製菓があるのが新潟県なのです。ハッピーターン以外にも、例えばお酒のお供の代表格ともいえる「柿の種」なんかも有名です。

これらの主原料は「お米」です。

地産地消が叫ばれている昨今で、それを超える地産他消を成立させているのがすごいですね。

地元の食材をリフォームし、多くの国民に愛されるお菓子として販売する。

そのことでさらに新潟という地を知ってもらえるわけですから、地元企業の鏡ですね。


・心を和ませてくれる、チューリップ

ここまで咲き乱れていると、本当に圧巻ですよね。赤以外にも、様々な色のチューリップがあることが良くわかります。紫のチューリップ、なかなか見たことが無いですね。

 

新潟県は、何も食べ物だけの県ではありません。

実は園芸面においても非常に強い県なのです。数ある花のでも、特にチューリップが盛んに栽培されており、シーズンになると各地で壮大なチューリップ畑を見ることができます。

チューリップそのものは非常に栽培が簡単なので、稲作農家の方なんかも空いた土地をチューリップ用にリフォームすることで、言ってみれば副業として栽培しているなんてことも結構あります。

一般の家庭でもチューリップは庭先に植えられていることが多く、新潟ではかなりポピュラーな花のようです。


・謎の料理「イタリアン」 

一般的なミートソースといえばこんな感じですが・・・

 

日本には、和食に並ぶ食文化「洋食」があります。

「海外の料理のことでは?」と思われるかも知れませんが、少し違います。例えばトンカツやコロッケ、あるいはナポリタンのように「西洋の料理を日本流にアレンジしたもの」を洋食といい、実はれっきとした日本文化なのです。

元来日本は、海外のものを取り入れ、独自にアレンジしたうえでオリジナルのものを作り出す、言ってみれば文化をリフォームすることに長けています。

さて、このイタリアンもそんな洋食の一つなのですが、食べられるのはこの新潟県だけです。

どういった料理かと言いますと、なんと「うどんにミートソースをかけたもの」なんです。

すぐに家でもできてしまう料理ですが、これが結構美味しいんです。

コシのある麺でやると、いっそう楽しめますよ。


見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全27件中 1~10件目

参考になったランキング 全27件中