奈良県の工務店にリフォーム相談

奈良県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

奈良県でのリフォームのポイント

京都に負けない歴史!奈良県を見てみる

日本文化の中心と聞くと、なんとなく京都を思い浮かべてしまう人も多いかと思います。

しかし、実はここ奈良県も昔の日本の名残りが残る古都なのです。今回は、そんな奈良県について見ていきたいと思います。

・シルクロードの終着地

こういった異国の文化を感じることができる品が多くある奈良県。輸入会社を経営している人が今も結構多いです。神戸や堺などの港町も比較的近いですし、そういった輸入雑貨なんかを扱うにはちょうど良い文化が根付いていますからね。シルクロードは今もなお機能しており、こういうお土産屋さんがたくさんあります。


奈良県は、ヨーロッパから続く商の道「シルクロード」の終着地点です。そのため世界中の宝物が正倉院に仕舞われており、定期的にそれを一般公開しています。


大昔の宝物が国籍問わずに存在しているのは世界でもかなり珍しいことで、当時から大国として存在していた証明にもなります。

そんな奈良県だからか、実は一般家庭にも結構なお宝が眠っていることがあるようです某鑑定団に出てきそうなお宝も見られるようで、更にそういったものを収集している方も多く居ます。


古美術が非常に盛んな土地で、今では定年退職された人が蔵を新しく作ったり、あるいは古い物件を買ってそれをリフォームしてコレクションの保管に利用したりしているそうです。


それでも虫や小動物によってコレクションが破損してしまうこともあるというので、なかなか難しい話ではあります。


・国際的

留学が盛んになったといっても、日本の場合は国内で簡潔できてしまうことがおおく、また内需で経済活動も簡潔できてしまうという背景があるため、留学の件数はかなり少ないようです。しかし奈良県は、全国的に見ても結構高い比率で、外国の人から見ても留学先として人気が高いようです。


昔から海外との交流が盛んであったからか、今でも国際交流が盛んです。

特に留学生の受け入れ、いわゆるホームステイを行っている家庭も他県に比べると多い印象にあります。


そのため、家を建てる際は客室用の部屋を必ず設けるようにしているところが多く、場合によっては部屋をわざわざリフォームして対応できるようにする場合もあるようです。まあ、交換留学であったとしても子供の部屋を使わせるのは気が引けてしまうところがありますからね。ならば、新しい部屋を作ってしまうという選択肢を選ぶのも納得です。しかし、なかなか費用がかかってしまいそうですね。あと、近年の観光客の増加があるからか看板に英語を併記する個人店や、あるいは海外の電子機器(ノートパソコンや充電器など)に対応できるようにコンセント部分をリフォームするホテルも、最近は増えているようです。海外で経験したことですが、コンセントを利用できないというのはなかなか辛いもので、wifiは使えるのにスマホの充電ができないという非常にもやもやする状況におかれたときは、本当にこまりました。そういった声があったために、おそらくそういうリフォームをしたんでしょうね。


・せんとくんの今

今見てもなかなかの衝撃を与えてくれるすごいキャラクター、せんとくん。着ぐるみになると、その恐怖感はいっそうキツいものになり、恐怖の対象として全国の子供たちをどん底に突き落としました(笑)着ぐるみであるにもかかわらず、結構な慎重の持ち主で威圧感もものすごいんですよね。

 

各都道府県には、ゆるきゃらと呼ばれるイメージキャラクターが存在します。

しっかりとしたものではなく、いかにも「お役所が考えた」感をかもし出しながらも、どこか「かわいげ」のあるというバランスの取れた設定とデザインは人気となり、今ではその著作権料などが重要な収入になっているという背景があります。

場合によっては数十億もの収入になっているキャラクターもあり、なかなか馬鹿にできません。

さて、そんなゆるきゃらですが、ここ奈良県にも存在します。平城京に「遷都」して1100年目にあたるということで考案されたキャラクターが「せんとくん」です。鹿の角を頭に生やし、どこか悟りを開いたような表情を見せ、そして衣装はチベット僧のように半裸という、なかなか独特なキャラクターで当時話題を呼びました。

今はどうかといいますと、遠足などの撮影スポットにせんとくんの銅像が設置されており、これが子供たちに大ウケしています。

かつては批判対象だったせんと君ですが、今では子供に人気のキャラクターとして活躍しているのです。今見てもかなり不気味ではありますが、キャラクターそのものに罪はありませんからね。なので、少々ホッとしました。

風呂有りのアパートならまだマシですが、風呂なしのアパートに長期間住むというのはなかなかシンドイ物ですよね。昔はそういったことでトラブルになったという話もめずらしくはありませんでした。しかし、その分仕事は完璧です。

築数十年経ってもぜんぜん使える中古物件は結構ありますし、それを利用してリフォームしたとしても、かえって趣があってふつうの新築よりも良いという人さえ居るほどです。なかなか難しいことではありますが、仕事をキッチリしてくれるからこそ、受け入れられた考え方といえます。

・実は稀にある、鹿被害

ここまで鹿が集まるわけですから、事故や被害が起こっても不思議はありませんよね。しかし、本当にまったくといっていいほど人間に襲ってくることが無いのです。こちらから手を出すと頭突きを食らいますが、なでたりしてもぜんぜん平気なんで、結構かわいいんですよね。しかし、かなり獣くさくなってしまうのが玉にキズです(笑)

奈良県といえば、やはり鹿です。奈良の鹿は天然記念物に指定されており、枠組みとしては一応「野生動物」となります。しかし、ものすごく人懐っこいです。

なでても怒ることは滅多に無く、それどころか自分から体をこすり付けてくるほどです。ちなみに、結構獣くさいので注意が必要です。

運が良い?と集団に追い掛け回されるという体験をすることもできます。もちろん、傷つけられるようなことはこちらから手を出さない限りはありません。

もし鹿せんべいを持っていたら、そこらじゅうに居る鹿という鹿がよってきて、かわいがる暇も無いほどに鹿せんべいをせがまれます。

そんな鹿せんべいですが、おばちゃんが屋台で販売しているのです。

これを狙って、ごくまれに鹿がおばちゃんの屋台を襲うことがあります。そんなときは鹿を殴る棒で応戦するのですが、屋台に追突されることもあります。

そのため、実はその屋台を修理したり、あるいはぼろぼろになった外壁をリフォームしたりする業者が存在します。普通の屋台でなく、対鹿用の屋台である必要があるので、普通の屋台では耐え切れ無いのです。


・山に囲まれた地形

ここまで広大な山ではないですが(笑)それでも山間部の地形に区分されます。関西では小学生の頃に行く遠足として選ばれることが多く、鹿と戯れながら弁当を食べるという体験を誰もがします。地面には鹿の糞、通称「チョコボール」がそこかしこに転がっているという状況であるため、なかなか箸が進まないというのも、今となっては良い思い出であるといえます。

 

奈良県は山に囲まれた地形です。そのため、風がかなり強く、また天気が良く変わります。

突然の雨にその強い風が組み合わさると、台風といっても過言ではないほどの天気に見舞われることもあるのです。そのため折り畳み傘はもちろん、雨合羽も常日頃から持ち歩いているという人も珍しくないのです。

そんな天候のため、建物に対するダメージは結構深刻です。

 

例えば屋根の修理。屋根瓦は、一般的には2~30年ほどに一回やるかやらないかというリフォームですが奈良県の場合、特に山側だと10年に一回は修理をしているお宅もかつてはあったほどです。

今ですと、技術の発達により瓦が丈夫になり、また組み方も風に強い方法が考案されているので、ずいぶん長く保てるようになりました。

それでもやはり、10数年ほどで交換するということが多いようで、今後の技術発展に期待されているというのが現状です。

 

また、山が多いということは、ぜんまいやタケノコのような山の幸が非常に多いということになります。

そのため山菜取りが一般家庭においても盛んに行われており、収穫物を保管するための部屋や納屋があるというお家が結構あります。

そういった道具を保管しておく場所が設けられていることも多く、道具の進化によってその数も増えていくため、保管場所の増築をする人もいらっしゃいます。

山菜取りは他県に比べると、イノシシや熊といった害獣に遭遇することがあまり無いため、比較的安全であるといわれています。

それでも注意に越したことは無いのですが、のんびりと山で山菜取りをして、夕飯のオカズにそれを並べるというのは地方ならではの贅沢って感じがしてなかなかうらやましく感じてしまいますよね。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全14件中 1~10件目

参考になったランキング 全14件中