「壁付けキッチン」VS「対面キッチン」 使いやすい台所はどっち?

「壁付けキッチン」VS「対面キッチン」 使いやすい台所はどっち?

台所リフォームのメインと言えば、キッチン選びです。メーカーやデザイン、サイズなど数多くあるため、どのキッチンを選べば使いやすい台所になるのだろうと考えるかもしれません。

その中でも特に比較されるのが壁付けキッチン対面キッチンです。どちらを選ぶかで、リフォーム内容が大きく変わるだけでなく、使いやすさも変わります。

では、使いやすい台所になるのは、壁付けキッチンか、それとも対面キッチンか検討してみましょう!

壁付けキッチンと対面キッチンの特徴

どちらが使いやすいかを検討する前に、それぞれのキッチンにどんな特徴があって、どんな違いがあるかを確認しておきましょう。

壁付けキッチン

壁付けという名の通り、キッチンの背面が壁に密着しているタイプのキッチンです。キッチンに立った場合、前面はキッチンパネル、もしくは間取りによっては窓がくる場合もあります。壁付けキッチンの形には、スタンダードなI型だけでなく、L型やコの字型のU型などもあり、どのメーカーもサイズや形などラインナップが豊富です。

   対面キッチン

対面キッチンとは、キッチンに立った時に、前面に壁がなく他の人と対面出来る形になっているキッチンのことです。対面キッチンには、換気扇部分の側面だけ壁に付いているペニンシュラ型や、部屋の中でキッチンが島のように独立して設置できるアイランド型収納やカウンターテーブルがセットになったタイプのものなど、各メーカーのオリジナル性が存分に反映された商品が多くハイグレードシリーズが多いのも特徴です。

 

壁付けキッチンと対面キッチンのメリット・デメリット

壁付けキッチンと対面キッチンは、そのデザインや設置場所の違いから、壁付けキッチンにとってメリットになることが、対面キッチンにとってデメリットだったり、またその逆になったりと、メリットとデメリットが真逆になる場合があります。どんなメリットとデメリットがあるか、分類別に確認してみましょう!

 

   効率性・・・対面キッチンなら料理以外も楽しめる

対面キッチンのメリットといえば、何と言っても料理をしながら他の事も楽しめるという点ではないでしょうか?小さな子供がいるから目が離せないという方、夫婦で、また友達と会話を楽しみながら料理をしたいという方、リビングにあるTVを見ながら料理をしたいという方にとって対面キッチンは効率性が高いデザインです。また、作った料理をすぐに出したり片付けたりも、壁が無い分スムーズに行えます。奥行きの広い対面キッチンであれば、イスを置いてカウンタ―代わりにも使えます。これらは、壁付けキッチンには無い対面キッチンならではのメリットと言えるでしょう。

 

   価格・・・壁付けキッチンより対面キッチンは高い

壁付けキッチンと対面キッチンの大きな違いといえば、価格です。対面キッチンの場合は、壁が無い部分に化粧パネルが必要となり費用がかかるため、どのメーカーも壁付けキッチンに対して対面キッチンの価格は高くなります。人気のキッチンメーカーの各シリーズで、どれだけの違いがあるか確認してみましょう。

 

メーカー

売れ筋シリーズ(開口2400~)

壁付けキッチン価格

対面キッチン価格

LIXIL

サンヴァリエ アレスタ(基本プラン)

714,000円~

1,170,500円~

Panasonic

ラクシーナ(標準プラン)

776,200円~

1,148,500円~

TOTO

ザ・クラッソ(扉グループ1A・1B

623,100円~

1,187,200円~

タカラスタンダード

レミュー(標準プラン基本セット)

710,500円~

1,279,900円~

クリナップ

ラクエラ(シンシア)

614,800円~

1,005,000円~

 

※上記の価格はメーカーが設定している定価です。メーカーによってグレードが多少異なるので、メーカー比較ではなく、各メーカーのキッチンタイプで比較してください。

 

リフォーム業者によって値引き率が異なるとはいえ、どのメーカーも対面キッチンになると壁付けキッチンと比較して倍近い価格になってしまいます。これほどの価格差があると、対面キッチンにとってはデメリットと言えるでしょう。また、全面化粧パネルが必要となるアイランドキッチンになると、さらに価格が高くなります。

 

★対面キッチンでも安く出来る?!

対面キッチンを価格の高さで諦めている方には、壁付けキッチンの価格で対面キッチンに仕上げるという方法はいかがでしょうか?壁付け用のI型キッチンやL型キッチンの壁はコンロ部分を除けば、天井までの高さが必要なわけではありません。ですから、キッチンのシンクや調理スペース部分だけ腰壁をキッチンの背面に設置することで、対面キッチンを造作することが可能です。比較的安価に購入できる壁付けキッチンで対面キッチンを作ることが出来るというわけです。大工さんに腰壁とカウンタ―テーブルを作ってもらうか、腰壁だけ大工さんに頼んで、好きなテーブルや棚、収納ボックスなどを家具屋で購入して設置するということも可能です。

この大工さんによる造作キッチンであれば、レイアウトの幅も広がりますし、対面式のカウンターキッチンに比べキッチンの奥行きが狭くおさめられるため、対面キッチンにしたいけどスペースがあまりないという方にもおすすめの方法です。

 

   インテリア性・・・キッチンはインテリアにも大きく影響

対面キッチンの開放感が好き、オシャレだと思うという方は多いのではないでしょうか?対面キッチンの多くは、まるで家具のような美しさを楽しめます。しかし、反対にキッチンパネルのデザインやカラーがインテリアに大きく影響することも忘れてはいけません。対面キッチンを家具のように、部屋に馴染むパネルを選ぶことでインテリアに統一感を出しコーディネートできる一方で、部屋のテイストを変えたり、簡単に模様替えしたりできないというデメリットもあります。また、キッチンが丸見えになるため、常にキレイな状態を保っていなければいけない、隠せないというのが嫌だと感じる方も少なくありません。臭いが部屋中に広がってしまうというデメリットもあいます。しかし、この問題は間取り次第で、リビングと一続きのダイニングの場合は、壁付けキッチンの方がむしろ手元だけでなく全体がオープンになってしまうかもしれません。キッチンもインテリアのひとつとして、調理機器などと一緒に飾ることを楽しみたい方は特に、キッチンをどう見せたいか、どうコーディネートするかによってどちらが良いかが変わってくるかもしれません。

 

★壁付けと対面のいいとこ取りキッチン

壁付けと対面、それぞれにメリットがあることを考えると、どちらにすべきか一層悩んでしまうかもしれません。そんな方は、両方のいいとこ取りをした半分対面になるL字型キッチンを検討してみるのはいかがでしょうか?L字の一方面は壁付け、もう一方面は対面タイプのキッチンです。シンク側だけ対面になっているといいうL字型キッチンをもっているメーカーも少なくありません。また、先ほど取り上げた造作キッチンという方法でも、壁付けと対面のいいとこ取りL字型キッチンを作ることが出来ます。

 

   間取り変更・・・壁付けキッチンから対面キッチンにすると工事費や間取りに影響

現在、壁付けキッチンを使っていて、同じ壁付けキッチンにリフォームする場合や、対面キッチンから対面キッチンにリフォームする場合は問題ありませんが、壁付けキッチンから対面キッチンにリフォームする場合は、壁のクロスと床のフローリング、配管の移動など、キッチン以外のリフォームも必要になり、対面キッチンから壁付けキッチンにリフォームする場合に比べ、工事費が高くなってしまいます。キッチンの取替えではなく間取りも大きく変更するような台所リフォームの場合にはキッチンに伴う内装工事費用も確認しましょう。

また、対面キッチンにする場合、特にアイランド型を入れる場合には四方に通路が必要となるため、キッチンの開口部にプラス各75㎝以上、合計で約150㎝以上のスペースが必要となります。背面に収納や冷蔵庫を置くのであれば、そこからキッチンまでのスペース90㎝程も確保しなければいけません。壁付けキッチンに比べ、対面キッチンは広いスペースが必要となるため、間取りによっては対面キッチンが置けない、置いても導線が悪くなるという可能性もあります。それに対し、サイズのラインナップが豊富でスペースがそれほど必要ないという点は壁付けキッチンのメリットと言えます。

使いやすいかは間取りと導線次第!

壁付けキッチンと対面キッチンのメリットとデメリット、価格などについて見てきましたが、どちらが使いやすいかは実際のところ人それぞれです。なぜなら、家によって家族構成も違いますし、間取りやキッチンを使う人の動き、家事導線、キッチンに求める事の優先順位などが異なるからです。

例えば、間取りや家族構成で考えてみましょう。リビングとダイニングが一続きになっているような間取りであれば、対面キッチンにすることで、空間を仕切ることができます。また背面収納を設置することで、食器の取り出しやすさも抜群です。しかし、LDKがそれほど広くない場合は、対面キッチンにすることで、ダイニングテーブルが置けなくなる可能性があります。夫婦2人で朝食をとるぐらいであれば、カウンターテーブルでも問題ないかもしれませんが、大家族にとってはカウンターキッチンで食事、とはいかずダイニングテーブルが必要となるため、むしろカウンタ―キッチンが邪魔に感じるかもしれません。

逆にリビングとは離れて台所が個室となっており、ダイニングテーブルを置いている様な部屋では、対面キッチンを置くことで、部屋が狭くなり導線が悪くなるので、対面キッチンにする意味はないと感じる方もいらっしゃいます。また、料理をしながら、家族と話したい、子供の様子を見たいという理由で対面キッチンを選ぶ方もいらっしゃれば、キッチンを窓側にして外を眺めながら料理を楽しみたい、キッチン正面にスパイスラックや調理器具を飾って、導線を出来るだけ短くするために壁付けキッチンが良いという方もいらっしゃいます。

他にも、台所の用途によっても違ってきます。料理教室やホームパーティーを開く方は、キッチンが主役になるように、あえて対面のアイランドキッチンを部屋の真ん中に置くというケースもあります。

台所を料理だけの場所として使うか、食事を行う場所としての役割があるか、人を呼んでキッチンを囲むことがあるか、など用途によっても使いやすさは変わるでしょう。

台所リフォームの時は、自分の家の間取り、家族構成、用途、家事導線を前もって確認して今のキッチンの問題点や改善点を明確にしておきましょう。キッチン選びに関しては、キッチンに立つ人の身長や利き手なども影響してきます。自分にとって使いやすい台所は何かを考えるようにして下さい。

リフォーム業者選びが重要なカギ!

自分の家の馴染みのある台所とはいえ、間取りを変えたり、使いやすい導線を把握したりするのは案外難しいものです。雑誌やテレビで見た憧れの間取りやインテリアがバッチリ自分の家にも納まるとは限りませんよね。台所という毎日使う部分だからこそ、使いやすいものに仕上げたいものです。そのためには、ただ工事をしてくれるリフォーム業者ではなく、提案力のある業者に依頼しましょう。キッチンのメーカーや形、サイズだけを提案してもらうのではなく、家事導線や収納についてもよく考えて提案してもらうようにして下さい。台所のプランは特に、家事に精通した主婦収納プランナーお掃除スペシャリストの資格をもった設計士がコーディネートを担当しているという業者もあるほどです。プロの目から提案してもらうなら、見栄えだけでなく家事の効率をあげ楽しく料理するために、壁付けキッチンが良いか、それとも対面キッチンが良いか判断する点でも効果的です。

また提案の際には図面3Dパースで提案してもらいましょう。キッチンだけでなく、今もっているキッチン収納や、新たに増やしたい収納、ダイニングテーブルやイス、ゴミ箱など普段台所で使うもの、必要なものは全て図面の中に落とし込んでみて下さい。その上で、スムーズな導線が確保できるか使いやすく、かつ見栄え良く納まっているかパース等で確認してみましょう。そうすれば、リフォーム後に、食器棚を置く場所が無かったり、無駄な動きをしなくてはいけなかったり、という問題を避けられます。

まとめ

壁付けキッチン対面キッチンどちらが使いやすそうだったでしょうか?形や設置場所の違いによってそれぞれ、下記のようにメリットとデメリットがありましたね。

比較ポイント

壁付けキッチン

対面キッチン

備考

効率性の良さ

対面は料理以外も同時に楽しめる

価格の安さ

対面は壁付けの倍近い価格

ラインナップの豊富さ

サイズ・デザイン等壁付けの方が豊富

インテリア性の高さ

対面は開放感があり家具のような美しさ

リフォームのしやすさ

対面は壁や床の修繕費がかかり広さも必要

 

しかし実際のところ、台所の使いやすさは、家の間取り、家族構成、台所に求める用途、家事導線によって異なるので、使いやすさやメリットとデメリットは人それぞれです。自分にとって、今のキッチンの問題点、改善点などを把握し、目指したい台所を具体的にしておきましょう。そしてプロの提案も効果的です。

台所リフォームを行う際には、価格だけでなく提案力も踏まえて比較し、リフォーム業者選びを行うようにして下さいね。

 

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

システムキッチンの各ユニットを知ろう!セクショナルキッチンとの違いは何?

毎日の食卓の準備に欠かせないキッチンスペースは、水回りや収納、空調にいたるまで、住宅リフォームの多くの部分を占める生活部分。中でもシステムキッチンは多彩な機器が備わり、ちょっとした環境を整えるだけでも普段とは違った雰囲気が楽しめ、効率よくお料理に専念できる調理スペースです。今回、普段何気なく使用しているシステムキッチンの基本構成、あまり聞き慣れないセクショナルキッチンとの違いなどをご紹介します。お台所の環境や日頃の作業効率をイメージし、この機会に各機器のメインテナンスなど、ご自宅のキッチンスペースのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

キッチン上層空間のリフォーム|レンジフードを交換するだけで今までのイメージとガラリと変わる!

キッチンのリフォームには、間取りの調整から修繕、改装など、普段、目につく位置の改善が多く見受けられますが、実はあまり気づくことの少ない上層空間を利用したリフォームというのも数多くあります。その代表的なものが吊戸棚などのキャビネットの交換やレンジフードといった大型アイテムの入れ替え。これらは、住宅が新築された時のままの状態であるご家庭が多く、新しくすることにより、今までのレイアウトや見栄えが見違えるほど変わるリフォームとして大変おすすめです。今回、その1つとしてレンジフードの交換について取り上げてみたいと思います。昨今では、とても便利な機能を搭載したものが販売されていますので、この機会にご自宅の台所の上層空間をイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。

これから寒くなる時期に注意!ガス給湯器の種類や取り換えに関する豆知識

これから寒くなる冬にかけては、ガス機器の使用頻度も多くなり、劣化や故障などのトラブルが原因で急な交換を依頼されるといったご家庭を毎年多く見かけます。なかでもガス給湯器のトラブルは、日常生活に最も支障をきたすもので、いざ交換となればそれなりにコストもかかり、機種を選ぶだけでも相当な時間を費やしてしまうでしょう。今回、日頃あまり知ることのないガス給湯器に関する豆知識をご紹介します。突然のトラブルでもすぐに対応できるように、ご自宅のものがどのようなタイプであるのか、今1度再確認しておくことをおすすめします。

ビルトインコンロを交換したい!種類や取り換え費用、確認するべきこと

グリルやオーブン機能といった便利な機能が多く、キッチンにある調理器具の中でも最も使用頻度の高いビルトインコンロ。ある日突然、点火できなくなったり、物を落としてしまった拍子に割れてしまったなどのトラブルで使えなくなってしまったことはありませんか?ビルトインコンロを交換する機会などは、そうそうある訳ではないので、お取替えに関する情報、その他、予算に関することなど予備知識として知っていて損はないでしょう。今回、交換する際の様々な留意すべき事項についてお伝えします。取り換え費用もそれなりにコストが掛かるものですから、しっかりと情報を集め、事前に準備をしておきたいものですね。

 

お料理好きは必見! 使いやすいキッチンにリフォームしよう!

家庭のあたたかさを一番感じる場所といえば食卓、そしてキッチンです。

主婦をはじめ、家族のために料理をする方は、特に使い勝手が気になりますよね。

しかしキッチンは毎日使うものなので、老朽化してしまったり、家族が大きくなってきたり食器や調理器具が増えてきたりして、リフォームの必要性が出てくることもあります。

リフォームするなら、やっぱり使いやすさを配慮したキッチンにしたいですよね!

それでは、使いやすいキッチンへのリフォームについて、解説してまいりましょう。