岩手県の工務店にリフォーム相談

岩手県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

岩手県でのリフォームのポイント

岩手県の魅力とは・・・

日本の北東北に位置する岩手県ですが、結構地味な印象があるかと思います。名物は何かと聞かれても、パッと思い浮かぶものが無いという人がほとんどではないでしょうか。

しかし、実は岩手県には面白いところがたくさんあるのです。今回はそれらをご紹介していきます。


・一度は食べたい!前沢牛


程よい脂がジューシーさと肉肉しい感じを保ってくれます。

 

高級和牛の一つとして有名なブランド牛の中でも、比較的手に入りやすいのが前沢牛です。なぜかといいますと、肉質の等級が4以上、そして歩留等級がA以上である事が基準となっているからです。

しかし、だからといってほかのブランド牛と劣るというわけではありません。例えば流通経路には必ず「岩手ふるさと農業組合」を経由しなければならず、これによりいわゆる産地偽造などを防いでいるわけです。

そしてブランド牛としての歴史は1970年代から始まっており、比較的歴史の長いブランド牛なのです。もともとは労働力として活用されていたようで、例えば田畑を耕す際に木を根から抜くために利用したり、あるいは建物のリフォームなどで柱の一部を壊す際に利用されたりしていたそうです。

今では重機が活躍しているのでその必要は無いですが、かつては牛や馬なんかは重要な労働力だったのです。


今ではこうしておいしく頂けるわけですが、現在でも例えば雑草を食べてもらう事で農業にも利用している場合が見られます。


・北海道に次ぐ!第二位の面積


すがすがしい雰囲気です。

 

あまり知られていませんが、実は岩手県はかなり広いです。

なんと北海道に次いで二番目の面積を誇っています。その面積は15378平方キロメートルと、下手をすればどこかの小国よりも広い面積です。

人口は約135万人ですが、そのほとんどが内陸部に集中しています。この広さですので、北海道と同じく車は絶対に必要になります。都市部になると比較的便利ですが、郊外になるとコンビニが一軒も無い、なんて事が珍しくありません。

冬も大変厳しいので、雪対策のリフォームをする家が増えてきています。

屋根が雪の重さに耐えられず、雨漏りならぬ雪漏りなんて事になってしまったら大変ですからね。


・名水+お米


浴びるように飲みたいですね(笑)

 

岩手県は、実は水が大変おいしい地域としても有名です。

なぜかといいますと、まず土が大変品質の良い腐葉土で、そこから水がろ過され、さらに地中にある石灰質が多く溶け込むためといわれています。

そして近隣には宮城県や秋田県のような米どころがあります。

つまり、おいしい日本酒のメッカでもあるのです。こんな良い条件の場所は、なかなかありませんからね。


ちなみに、岩手県の農家では「どぶろく」が楽しまれています。水と麹、そしてイースト菌とお米があれば簡単に作れてしまう代物ですが、もし我々が製造すると違法行為とみなされ逮捕されてしまう可能性があります。


では、なぜ岩手県では可能なのかといいますと、実は岩手県では農家である届出をしていれば「どぶろく」を製造しても良いのです。これは「どぶろく」という文化を守るために行われている取り組みといわれていますが、我々としてはうらやましい限りとしか言いようがありません。


・コウモリが、隠れた名物?


実は結構かわいいかも!?

最近ではメッキリ見なくなったコウモリですが、かつては家の屋根に住み着く勢いでたくさん居ました。ですが、今ではコウモリ対策のリフォームですとか駆除業者の活躍により、都市部ではほとんど見ることができなくなりました。すこし、さびしい気がしますね。

そんな方はぜひ、岩手県に行ってみてください。

岩手県にある龍泉洞は、全長が5キロ以上あるといわれるほどの大洞窟です。そこには大量のコウモリが生息しており、なんと国の天然記念物として指定されています。

そんなコウモリですが、タイミングが合えば龍泉洞から大量に飛び立つ姿が見れるかもしれません。


その姿は、はっきり言ってしまえば怖いです(笑)黒い影が塊になって洞窟から出て行くその姿は、まさに妖怪そのものです。


実際に大昔では、その姿をコウモリでなく化け物か何かと勘違いした人が大勢居たといわれています。


いくらコウモリを見たいといっても、そこまでたくさんのコウモリは遠慮したいですが、怖いもの見たさというのもありますね。


・超土建王国


大変なお仕事です。

 

岩手県が一時期、ある言葉によって悪い意味で有名になったことがあります。

その言葉というのは「天の声」です。この天の声の主は誰かといいますと、今ではメッキリ姿を見せなくなった「小沢一郎」氏です。彼は土建業界に太いパイプを持ち、その癒着によって岩手県を土建王国と呼ばれるほどにしたという事実があります。

今なお黒いうわさは耐えませんが、それはひとまず置いておきましょう。

土建が強いというのは何も悪い意味だけでなく、我々の生活にも直結する場合が多々あるのです。


例えば新築の家を建てたりですとか、あるいはリフォームやリノベートを考えたときには大手の業者の方が安心して任せられますよね。


しかし、通常そういった大手はお金がかなりかかってしまうものです。

ですので、こういった地元が土建で強いと金額が比較的安くなったり、多少は口を利いてくれたりするというわけなんです。


・文学好きにはたまらない!?


岩手県といえば、実はあの「宮沢賢治」の故郷なのです。

彼の作品「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」、あるいは「セロ弾きのゴーシュ」など、面白くもどこか素朴で、懐かしい雰囲気のある名作は岩手県の風土が反映されているのではないか、と私は思います。

今なおファンが多く、いわゆる「聖地めぐり」として古くから文学好きがやってくる場所なのです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全6件中 1~10件目

参考になったランキング 全6件中