茨城県の工務店にリフォーム相談

茨城県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

茨城県でのリフォームのポイント

移住者増加中!!茨城件の魅力とリフォーム事情!?


茨城県といいますと、多くの人は「納豆と水戸黄門の街」というイメージでしょう。

しかし近年、そんな茨城県が大変な人気スポットとして栄えていることをご存知でしょうか?


・震災前より観光客が増加

 

東日本大震災から早5年が経過して久しいですが、あの直後は地震によってさまざまな影響が見られました。

物理的な被害は今なおリフォームなどのような改善作業が続いている状態のところも確かにあります。しかし、震災における被害の中でも、「風評被害による観光客の減少」や「他県への移住」というのは今なお多く見られる現象です。

特に観光資源を主力としていた県にとっては、当初はまさに大打撃でありました。しかし一方で、なんと震災前よりも観光客や移住者が増加したという県があります。


それが、この「茨城県」なのです。

従来は海を目当てにサーファーなどが多く集まることで有名な茨城県でしたが、「放射能汚染」というデマによりガクッと減ってしまいます。が、海目当ての観光客とはまったく違う目的を持った観光客がドッと押し寄せたのです。

 

※発想の転換!部屋数を増やす方法

マイホームというのは家族が増える、つまり子供が出来たときに考えるものです。

アパートだと狭すぎますからね。中には早くからマイホームを所有していたり、あるいはご両親から譲り受けたりする場合もありますし、最近では中古の物件をリフォームして活用するなんて方もいらっしゃいます。

そしてそんなマイホームに住んでしばらく経ち、二人目の子供が誕生したときに「子供部屋不足」という問題に直面する方も少なくありません。

既存の住宅に部屋を増築するとなると結構な費用がかかります。将来のことを考えると、改築して部屋を増やすというのは難しいですよね。そこで今流行しているのが「既存の部屋を二つに分ける」というものです。10畳ほどの部屋を5畳ずつに分割すればよいだけですので、リフォームの範囲で収まります。すると、費用も100万円以内で出来てしまう可能性も出てきます。物は考え方なんですね。

 

二世帯住宅では大変人気があるようです。

 

・人懐っこい県民性

 

茨城県の人たちは、かなり柔和な性質のようです。それでいてノリが良く、上記のアニメ作品に地元の有名な旅館や、大変な歴史のあるゴルフ場も登場するほどです。


ちなみに作品内で砲撃によってぼろぼろになりますが、リフォームなどの料金は国が負担してくれるそうです。

それでも作品内で破壊されるなんて・・・と我々なら思ってしまうところですが、当の本人たちは「ガルパン内で破壊された旅館です」なんて宣伝してしまうほどです。


さらに商店街では、ガルパンのキャラクターたちのポップなんかが飾られており、そこで働く人たちはキャラ名を把握しているというから驚きです。もう自分たちの娘のように感じているようです。

 

※あえてヴィンテージ調に!?トイレに清潔感を持たせるのは

日本において、トイレとは「不浄」とされています。なのでトイレ掃除なんかは罰の定番となっていますよね。

日本神話でも「厠の神さま」だけはなかなか決まらず、厠の神さま自ら手を上げて成られたので、「トイレの神様」は最も偉大だ、なんて話があるほどです。神様でも嫌がる場所・・・とまでは言いませんがやはりトイレは「汚い場所」というイメージです。

では、どうすれば清潔感を持たせることが出来るのでしょう。

一般的には、白で統一する方が多いです。確かに「白」は清潔のシンボルです。

しかし、ひとたび汚れてしまうと台無しになりますし、ちょっとした汚れであってもなかなか落ちません。

なので、最近では「ヴィンテージ調」なオシャレ空間にするという方法が選ばれています。

例えば、若干痛んだレンガ調にするという方法。

まるで港の歴史ある倉庫のような雰囲気で非常にオシャレです。更に汚れがシミに成ることもありません。「トイレをおしゃれにする」というのは、なかなか面白い発想ですよね。

 

・そしてその魅力にとりつかれ・・・


茨城の魅力に取りつかれた人たちは何度も大洗を訪れ、さらには移住を決意してしまう、というわけです。実際にガルパンは、茨城の魅力を伝えるための入り口として機能しているように思えます。


例えばふるさと納税でもらえる品のランキングを見てみると、ガルパン関連のグッズも多くあるにもかかわらず、意外なことに「鮟鱇鍋セット」なんかが人気が高いんですよね。


茨城=納豆というイメージですが、実は海産物も非常に美味で、大洗のアンコウ祭りは毎年多くの人が訪れるほどなのです。

そういった前情報を一切知らない人たちがガルパン目当てに押し寄せ、そして茨城の魅力にハマっていくのです。

 

コンテンツに寄りかかるのではなく、そこから魅力を知ってもらおうというやり方が当たって、今では観光客はおろか移住者まで出ている、というわけです。

茨城の人は本当に仲良くなりやすい県民性ですからね。

 

※洗面台は、自分の心を映す!?

毎朝身支度を整える際に利用するのが「洗面台」です。

朝顔を洗い、歯を磨き、そして髪型を整える。一日の始まりは洗面台から始まるのです。

その洗面台にある鏡は、昔から「心を映す」といわれています。どういうことなのかといいますと、「鏡が曇っているということは、心も曇っているということだ」というのです。

そういった意識からか、鏡だけでなく洗面所は白を基調としている場合が多いです。

この鏡の曇りは、もちろん原因は温度差から生じたものですが、「心を曇らさないためにも、鏡は常に磨け」ということなんでしょうね。


しかし、タオルや雑巾で拭くだけではなかなか曇りは収まらず、それどころか変なシミになってしまう場合もあります。なので、洗面台の鏡を「ウォーマー」付きの鏡に取り替えるというリフォームが大変増えています。


鏡の曇りは、すなわち水分です。なので、ウォーマー付きの鏡であれば鏡の温度を上げることで水分を蒸発させ、曇りを一気に吹き飛ばすというわけです。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全37件中 1~10件目

参考になったランキング 全35件中