秋田実家 リビングに断熱材を入れるべきか?

Q 質問

秋田実家 リビングに断熱材を入れるべきか?

(東京23区 )
  • 質問者:rina
  • 投稿日時:2015年06月05日(金) 12:08
  • お住まいの状況 : 戸建て

私の秋田の実家に関してご質問させて頂きます。築30年、木造2階建ての戸建てですが、隙間風が入ってくるというほどではないですが、冬場は家全体が寒く、部屋から部屋への移動も億劫なくらいです。
リビングも含め、二重サッシにしたり、玄関には風除室を設けたりして対策を取ってきましたが、ガス代(オールガス)もかさみ、断熱材を入れることを検討しています。広さは20畳ほどですが、外張り断熱もしくは充填断熱の方が適しているのか、床にも断熱材を入れた方が良いのか(床暖房も光熱費がばかにならないので検討していません。)等悩んでいます。
両親もだんだん高齢になっていきますので、長い目で見たときに良い方法を選択したいと思います。
アドバイスをよろしくお願い致します。

A 回答1

回答者
回答した数
232
参考になった数
401
ベストアンサー
1

寒冷地・秋田の断熱の話ですが、部屋の広さが20帖とは想像の外です。
断熱施工は勿論の事すべきですが、部屋の大きさを半分位にする計画が優先します。

壁の断熱は内側から、ウールを充填するのがよいでしょう。
20帖の上が2階ならば、天井はそのままにしましょう。

床は断熱するのと合わせて、床暖房にすべきです。
電気式ですと、設備費用が10帖で40万円位です。

光熱費の心配より、ガス代を少なくすることが、良い結果を生みます。
暖房の熱は上へ、上へと逃げますので、床から暖めるのが、暖房における常道です。
悩む事はありません。  此の理屈を理解して、本気で計画を進めて下さい。

以上です。   2015.6.5

参考になった数 1
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年06月06日() 11:22
ご回答ありがとうございます。
的確なアドバイスを頂き、感謝しています。
やはり、専門の方にご意見を頂き正解でした。部屋の大きさと床暖房を考慮しながら、リフォームを進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧