断熱材を増やして快適温度の家にしたい

Q 質問

断熱材を増やして快適温度の家にしたい

(徳島 )
  • 質問者:ドラえもん
  • 投稿日時:2015年04月11日() 20:27
  • お住まいの状況 : 戸建て

今住んでいる家は、壁に入っている断熱材が少ないような気がします。
というのは、数年前に実家の建て替えをしたのですが、うちに比べて実家では、夏は涼しく、冬は暖かいようなのです。

夏も冬も冷暖房を付けずに過ごせる期間がすごく長いですし、一度暖房をつけると、すぐ温まり、消しても保温効果があるようでなかなか寒くなりません。
快適なうえ、電気代も節約できて、とてもうらやましいです。

うちは、30坪二階建てなのですが、全体に断熱材を入れていただいて、外壁も替えていただくとなるといくらくらいかかるのでしょうか。

また、期間は、どのくらいで完成できるのでしょうか。
 

A 回答1

回答者
回答した数
848
参考になった数
1838
ベストアンサー
228
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2015年04月12日() 13:53

ダンガンロンパ 様

こんにちは、まず質問に対する回答ですが200万円~400万円前後かかる工事になると思われます。

工期ですが、家の周りに足場を架け外壁を剥ぎ取りながら、断熱を工事する方法が考えられます。
断熱材も多様にありまして、吹き付けて発泡するものや、グラスウールと呼ばれる繊維系のものがあります。
外壁を全て取り払って吹き付けをするタイプのものは、外壁を取り除いている間に、風雨がない事が前提になる事から選択しにくく、コストも通常に吹き付けるより上がるのでコストアップは避けられません。
(断熱施工の職人と外壁工事をする職人さんを一括で雇っている会社なら最小限のコストアップがすむかもしれませんが・・・。)

 それを考えると、外壁を剥いで繊維系の断熱材を入れ、新しい外壁を張るという工事の方が対応可能な会社が多いと思います。
ここで問題なのが、部屋内からの湿気の流入をどう止めるかという点です。
古い家ですので、室内、天井裏、床下から暖気、冷気が壁の中に入る事で起こる内部結露が発生するとが考えられます。
その結露で断熱材が濡れた状態になりますと、断熱効果が大幅に落ちるだけでなく、湿気によるカビが発生、住人への健康被害など悪い環境になる恐れが出てきますので、防湿シートを張り、湿気の流入を止めないといけません。
大変大掛かりで、なおかつ知識のあるものが工事中現場にいないと判断の難しい場面が多く出てきますので、注意しなければなりません。

 このような工事であれば約2週間前後で終わらすような計画を立てるのですが、予想外の事が出て長引けば、1ケ月以上の覚悟も必要です。

かなり、難しい工事が予想されるので、工務店選びはかなり慎重にして下さい。

もし、内部の断熱を良くしたいというだけでしたら、ガラスをペアガラスや二重サッシに変え、壁に貼るタイプの薄く高性能な断熱材も出ています。
費用は、かなり高く詳細な金額はわかりませんが、工期は短期です。
最寄の工務店などに最新の事情に詳しいお店を選択して、エコポイントをうまく活用すれば、少しは安く出来ると思います。

参考になった数 4
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年04月13日(月) 13:34
ご回答ありがとうございます。
もう少し簡単に出来ると考えておりました。予算もオーバーです。
ペアガラスや二重サッシ、壁に貼るタイプの薄く高性能な断熱材のほうが良い気がします。
ご提案いただき、ありがとうございます!

関連するQ&A

カテゴリー一覧