部屋の寒暖差を何とかしたい。

Q 質問

部屋の寒暖差を何とかしたい。

(広島 )
  • 質問者:fuji
  • 投稿日時:2015年05月09日() 23:12
  • お住まいの状況 : 戸建て

現在、築40年程の木造建築に、私と両親の3人で住んでおります。
夏は暑く、冬寒いという悪条件が揃う、この環境を何とかしたいと思い、色々調べていますと、木炭で湿度調整できるという事がわかりました。
家自体を、完全にリフォームするとなると、費用がかかりすぎてしまうのを、湿度調節木炭で、ある程度押さえてもらいたいのですが、どれほどの効果があるものなのか、たとえば暑い夏ですと、3度から5度程も、温度が下がるものなのか、全ての部屋に、施行しなければ効果はないのか等、専門知識がありませんので、教えてください。

A 回答1

回答者
回答した数
848
参考になった数
1838
ベストアンサー
228
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2015年05月10日() 06:55

fuji様

 木炭で湿度調整は可能ですが、決しておくだけで体感できるほどの快適さは期待はまずできないと思います。
あくまで、しっかりとしたお住まいの作りがあってのことです。
(もちろん、住まいにとってはプラスな効果はあるものです)

 予算を抑えて、まずこの夏を何とかしたいという事であれば、まず、屋根 (天井) 面からの断熱を強化(リフォーム)することから
考えていきましょう。
点検口とよばれる作業用の開口を数か所屋根下の天井の設け、そこから、断熱材を入れる作業になります。
もちろん、プロに頼むことがベターな選択ですが、最近はホームセンターにも断熱材は売って所もあります。
 天井に上がるにも 経験もある方の方がよいですので、ご自分で…と思われる時には十分注意してください。

壁面に関しては、スダレやよしず などで壁面に影をつくる事で、効果的に温度は下げれます。

手頃感からいうと、まず、壁からでしょうか。



参考になった数 2
の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答2

回答者
回答した数
232
参考になった数
401
ベストアンサー
1

木炭の湿度調整には、誤解があるようです。
木炭の働きは床下の湿気を取りますが、家の温度を下げる働きはありません。
木炭は湿気を溜め込みますが、自分では湿気を吐き出しません。
床下から木炭を出して、天日に干す作業が必要です。
では、その天日干しをしないで、放置しますと木炭にカビが生えて、幼児やお年寄りの身体に悪い影響を与えます。

築40年の木造住宅にリフォームをする事も、お勧め出来ません。
木造住宅の耐用年数が50年としますと、残り10年の建物に費用を掛けるのは、躊躇します。

お客様の年齢を考えるのに、平均寿命までの年月を逆算して、建物の建て替えを考えられるのが、良いと勘考します。

以上です。   2015.5.10


参考になった数 2
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年05月10日() 19:18
早速のご返答、ありがとうございます。

家全体のリフォームは、今の段階では予算的に難しいので、とりあえず、よしずやすだれ、更に断熱材の検討も致したいと思います。

関連するQ&A

カテゴリー一覧