古い家の断熱リフォーム

Q 質問

古い家の断熱リフォーム

(岩手 )
  • 質問者:shingo0905
  • 投稿日時:2020年05月26日(火) 12:02
  • お住まいの状況 : 戸建て

築40年以上の古い一軒家に住んでいるのですが、
東北なので冬はとても寒いです。
暖房をしても温まりにくく、
すぐに部屋が覚めてしまいます。
どうすれば暖房費のかからないように
リフォームできるでしょうか?知りたいです。

crown

ベストアンサー

回答者
回答した数
848
参考になった数
1838
ベストアンサー
228
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2020年05月26日(火) 15:44

 こんにちは、shingo0905さん。
東北地方での築40年の建物がどのような状態かがわかりませんが、
一般的な断熱改修の一例をあげてみたいと思います。
まずは、窓。当時の窓の仕様がわかりませんが、サッシ自体の交換や内窓といって2重サッシにすることで、窓から逃げる熱の損失を減らすという工事が考えられます。
その次に、そのお部屋が外部に面していれば、壁面や天井といった面の中に断熱材を入れてあげるという方法があります。その断熱方法も様々あるので、状況やコストを考えた方法を模索してもらうといいでしょう。
難しい部分ですが、気密性をあげて高性能な断熱材を隙間なく入れることが大切です。
床暖房などは暖かく気持ちのよいものですが、気密や断熱がわるいと光熱費がたくさんかかり、結局使えなくなってしまう恐れもあるので、ご注意ください。

参考になった数 1
の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答1

回答者
回答した数
197
参考になった数
197
ベストアンサー
114
  • 建築家 / 二級建築士 / 建築施工管理技士 / 他
  • 回答者: 成和技建 の岩本 孝成です。
  • 回答日時:2020年05月26日(火) 18:11

工事金額を気にしないのらな、耐震補強工事を兼ねて、断熱リフォームをお勧めします。
床下に断熱材(重要)を入れ温水床暖房を設置。
壁天井に断熱材を充填。
窓は室内サッシ(ペアガラス)、玄関も室内サッシ(出来ない場合、外部風除室)
24時間換気必要(吸気口も)気密が良すぎるので、吸気排気を検討下さい。

参考になった数 1
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2020年06月28日() 13:23
断熱リフォームをすると気密性が悪くなって、換気が必要な暖房は使えなくなるのでしょうか。床暖房よりも夏にも使えるエアコンを暖房手段として使いたいのですが、お話の感じだとそれでも大丈夫そうですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧