屋根裏の暑さ対策について

Q 質問

屋根裏の暑さ対策について

(茨城 )
  • 質問者:HAPPY LIFE
  • 投稿日時:2015年04月29日(水) 08:48
  • お住まいの状況 : 戸建て

私は築40年以上の古い家に住んでいます。
夏になると2階の部屋が異常に暑くなって困っています。屋根裏に上ったところ、かなり暑かったです。
断熱材を敷き詰めるだけで違うとは聞いたことがありますが、どのように対応すればいいでしょうか?
瓦屋根の塗装も剥がれているので検討してます。

A 回答1

回答者
回答した数
574
参考になった数
1652
  • インテリアコーディネーター / インテリアデザイナー / キッチンスペシャリスト / 他
  • 回答者: パウダーイエロー有限会社 の稲垣史朗です。
  • 回答日時:2015年04月29日(水) 18:41

HAPPY LIFE さま

屋根裏断熱の最良の方法は

1 屋根裏の両サイドの「棟部分」に窓を取り付けて日中には開放できるようにしてあげれば、概ね暑さ対策は出来ます。
  いわゆる、空気の流通できる道筋が無いために起こる蓄熱現象です。
  その熱が天井板を伝わり2階の部屋に伝達しているからです。(当然、屋根裏には断熱材を入れて下さい)

  注)断熱材だけでは効果はそんなに変わらないですから~必ず2か所に窓を取り付けて下さいね!
    窓の開口寸法は、最低でも60㎝四方は欲しいですね。
    予算的には1カ所25万円程度は掛ると思います。

参考になった数 3
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年04月29日(水) 19:47
風の流れが重要だったんですね!ありがとうございます。早速検討してみたいと思います。

関連するQ&A

カテゴリー一覧