物置を子ども部屋として利用したいが暑さと寒さで部屋として利用不可能

Q 質問

物置を子ども部屋として利用したいが暑さと寒さで部屋として利用不可能

(秋田 )
  • 質問者:りゅうママ
  • 投稿日時:2015年07月13日(月) 10:36
  • お住まいの状況 : 戸建て

2階に物置が2部屋あります。1つの部屋を子ども部屋にしたいと思っています。
物置2つは扉でつながっています。電気は通っていますが、窓が小さく光が入ってこないので湿気がこもるのと屋根の熱気が直接きていてすごく暑い。風も入ってこないので熱気逃げ口がない。雪国なので逆に寒さも感じます。

部屋として使えるようにフローリングと天井は普通につけたようですが暑さと寒さで部屋に居られないくらいです。

雪国で屋根を斜面にしているのですが屋根に窓をつけることは可能なのか?その場合開く窓になるか光を取り込むだけの窓なのか値段も気になります。よろしくお願いします。

A 回答1

回答者
回答した数
536
参考になった数
916
ベストアンサー
26

りゅうママ様

屋根に窓を取り付けるのは、かなり大がかりになり費用もかかるのでやめた方が良いです。
LIXIL製品に断熱用リフォーム部材がありますのでそちらは如何でしょうか?
また換気扇や給気口などの取付も配慮して頂くと良いと思います。
天井にはグラスウール断熱材厚み100mm(10cm)の物は入っているか確認してください。

参考になった数 3
1の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答2

回答者
回答した数
669
参考になった数
1933
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2015年07月13日(月) 12:24

りゅうママ さま
専門家である石橋様がご提案しています通り、天窓の後付は雨漏りがしにくいように板金工事や防水テープやコーキングをかなりがっちりしないといけません。それでも完璧ではないので、雨漏りを防ぐには定期的に点検やメンテンナスをしていかないといけませんので、あまりお勧めはできません。

それよりも石橋様もお勧めしているガイナ塗装という塗料を塗るという選択もあります。

ガイナ屋根塗装は宇宙ロケットの技術で地球の大気圏から宇宙に飛び出す際、摩擦熱でロケットの先端が1000℃以上の熱が生じますのでその先端に特殊な4種類のセラミックを素材したもので守っています。

その特殊なセラミックを平和利用の目的で応用して塗料に配合したガイナ塗装が開発されました。
このガイナ塗料を屋根に塗る事で、断熱効果がかなり高く、屋根裏の温度が20℃以上下がる効果がありますので、物置の天井部分の熱気もかなり解消されます。
屋根上からの熱で天井裏の熱気がこもっている問題もかなり解消される、効果覿面の方法です。 選択肢の一つとして検討をさたら良いかと思います。

参考になった数 4
1の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年07月13日(月) 14:09
お二方とっても参考になる提案ありがとうございました。やはり知らないことがたくさんありとっても参考になりました。窓を足すのではなく断熱材や屋根用塗料で検討してみたいと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧