2階にトイレを増築したい

Q 質問

2階にトイレを増築したい

(神奈川 )
  • 質問者:ふくだ
  • 投稿日時:2015年09月18日(金) 06:58
  • お住まいの状況 : 戸建て

我が家は中古で購入したのですが、築18年の一戸建てです。
一階にしかトイレがなく五人家族のため、毎朝トイレの戦争が勃発しています。五人のうち四人の寝室が二階のため、夜中にトイレに起きた時も下まで降りるのがおっくうになっています。二階にトイレを増築したいのですがどのくらいお金がかかるものなのでしょうか?ちなみに二階に水道関係の配線は全くありません。そしてこの家、前の持ち主が図面を紛失してしまったらしく、間取り図等が一切ありません。その場合でもリフォームは可能でしょうか?

A 回答1

回答者
回答した数
669
参考になった数
1865
ベストアンサー
1
  • 建築家 / 建築施工管理技士 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 昭和アルミ株式会社 の深澤 煕之です。
  • 回答日時:2015年09月18日(金) 08:41

ふくだ さま

2Fトイレの増設リフォームは可能です。
2Fの間取りの状況によってどこの部分にトイレを増設をするかまた、給排水工事費用や木工事の費用が変動してきます。
1Fトイレの真上の2Fに増設するほうが給排水費用の工事は抑えられますのですが、その位置に設置できるかどうか現場の状況を優先です。
それによって、給排水の隠蔽配管工事になるのか2F外壁の途中から外側に配管する工事になるのか?2Fの間取り次第になります。
(途中の外壁を貫通しての排水菅工事は雨漏りの大きな原因になりますので、それは可能な限り避けたいところです。)

・洋式便器一式製品費用15万~20万位(ウオッシュレット・手洗い等・設置するかしないかによって変動してきます)
・給水工事10万円位
・汚水及び手洗い排水用配管工事10万~15万位
・建具工事10万~12万位
・トイレ用間仕切り及び床・木工事10万~20万位
・内装工事 5万円~6万円位
・照明器具及び電気配線工事5万位
・廃材処分費用5万~

空くまで 総額70万~93万円位ですが、現場の状況によっては55万~60万位に抑えられるかかもしれないですし、
逆に、1F・2Fの間取りの位置関係によって更に20万~30円位の上乗せの費用がかかる場合もあります。




参考になった数 14
2の専門家がこの回答を支持しています。

A 回答2

回答者
回答した数
108
参考になった数
175
ベストアンサー
21
  • 配管工(職) / 浄化槽設備士 / 増改築相談員
  • 回答者: 株式会社近畿住設 の林 利晋です。
  • 回答日時:2015年09月18日(金) 08:55

ふくだ様

2階にトイレの増設ですね。
上記の工事であれば構造的な部分を触る訳ではないので、図面等が無くても工事的にはあまり影響がないと思います。

さて、工事についてですが、先ず問題は2階にトイレにするスペースがあるかどうかです。
トイレの広さは畳一畳分程のスペースが必要ですので、真っ先に思い当たるのは押し入れやクローゼットです。
但し、押入れやクローゼットをトイレにした場合、動線(生活上の人の動き)的にトイレに行く度にその部屋を通らないといけなくなるので不便ですし、その部屋の使用者の方は匂いも気になりますよね。
一番理想は2階の廊下の一部をトイレにできれば一番良いのですが、その様なスペースはおありでしょうか?

次に問題なのは、そのトイレまでどのようにして配管するか?です。
2階に水まわりが無い事を考えると、給水管(水)排水管共に1階部分から立ち上げて配管する必要があります。
給水管はただ単に水を送るだけのパイプですから、パイプの径も細いですし、管勾配も気にする必要がありませんが、トイレの排水管は最低でもφ75㎜以上(外径約90㎜)のパイプで配管する必要がありますし、上流から下流へ自然勾配で水を流す必要がある為、管勾配が必要になりますし、クネクネと継手で配管を多く曲げますと詰まりの原因にもなります。

配管の方法としては家の外壁を露出で立ち上げて配管し、2階の外壁を貫通して、1階の天井裏(2階の床下)へ配管する方法と、1階室内部分にパイプスペース(パイプを通す箱状のもの)を設置し、その中へパイプを立ち上げて配管する方法と2種類の方法があります。

露出で配管する場合は工事費が安く済む場合がありますが、状況によっては配管する為に足場を組む必要があったり、露出なので家の外観を損なう、凍結や直射日光等によるパイプの劣化や破損等が考えられます。
パイプスペースを設置して配管する方法は、見た目はとてもきれいに納まりますが、パイプスペースをどこに設置するか?、配管に水が流れた時の騒音の問題、工事範囲が家の屋内になる為、修繕等にかなり費用がかかる等の問題があります。

いずれにしても、家の間取りや条件によってどの程度費用が要るか、果たして工事自体が可能かどうか?(幾らでもお金を出すなら可能ですが・・・)現場状況次第ですね。

全くの空想での工事金額をお答えしますと、便器+ウォシュレット=15万~25万円、その他工事費=50万~150万円程度ではないでしょうか?
もちろんそれ以上必要になる場合もありますし、それ以下で済む場合もあります。




参考になった数 9
1の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年09月18日(金) 12:12
御二方ともとてもわかりやすい回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

カテゴリー一覧