二世帯住宅にするために増築した場合の耐久性

Q 質問

二世帯住宅にするために増築した場合の耐久性

(千葉 )
  • 質問者:みい
  • 投稿日時:2018年12月10日(月) 09:32
  • お住まいの状況 : 戸建て

二世帯住宅にするために風呂、脱衣所の増築を考えています。
新規で風呂、脱衣所を庭に増築する予定です。

しかし、現在の家は崖の上に建っており、
横断で見ると、家、庭、崖となっており、家から崖までは3.5m程度(庭)、
崖はL型擁壁(厚みは10cm)となっています。
崖の高さは5m程です。崖の下は畑です。

この条件で、風呂場を増築すると、風呂場は幅が約2m程なので、
風呂場から、L型擁壁まで、1.5m程となります。

1. 心配なのはL型擁壁が壊れないか、風呂場を増築しても大丈夫かです。

2. また、心配ならこんな施工方法が有効だと言うようなものがあれば教えてください。

A 回答1

回答者
回答した数
58
参考になった数
72
ベストアンサー
45
  • 建築施工管理技士 / 工務店 / その他リフォーム業関連
  • 回答者: 高安建設株式会社 の高安 太喜男です。
  • 回答日時:2018年12月10日(月) 12:01

みいさんこんにちは。
現場を確認していないので正確な答えは出ませんが
既存の建物の確認申請書類関係を調べる必要があるかもしれません。

例えば今の地盤が軟弱でなく、地盤改良等補強を行う必要が無い物でしたら
増築しても大丈夫かなと思います。
その場合は木造の建物によって擁壁が倒れる事は考えずらいんですが
軟弱地盤の場合は増築自体が難しいのかなと思います。
というのも今現在のご自宅が擁壁から3.5m離れてるのがポイントかなと思ってました
L型擁壁ですとその高さの約半分くらいは底板が出ています。
ということは2.5mは底板がご自宅側に返ってきていて
それを避けるように住宅部の杭が打たれてる可能性があります。
増築部も同様に杭を打つ必要がありますが
地盤の強度が出る部分は5mより下にあるのではないかと思いますので
そうしますと杭が今の擁壁の底板に当たってしまい
補強が出来ない事になります。

長文になってしまいましたが
一度以前家を建てた時に依頼した設計事務所に相談してみる事をオススメ致します。

参考になった数 2
の専門家がこの回答を支持しています。

関連するQ&A

カテゴリー一覧