システムキッチンの各ユニットを知ろう!セクショナルキッチンとの違いは何?

システムキッチンの各ユニットを知ろう!セクショナルキッチンとの違いは何?

毎日の食卓の準備に欠かせないキッチンスペースは、水回りや収納、空調にいたるまで、住宅リフォームの多くの部分を占める生活部分。中でもシステムキッチンは多彩な機器が備わり、ちょっとした環境を整えるだけでも普段とは違った雰囲気が楽しめ、効率よくお料理に専念できる調理スペースです。今回、普段何気なく使用しているシステムキッチンの基本構成、あまり聞き慣れないセクショナルキッチンとの違いなどをご紹介します。お台所の環境や日頃の作業効率をイメージし、この機会に各機器のメインテナンスなど、ご自宅のキッチンスペースのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

システムキッチンとは?

新築住宅に関わらず、多くの戸建て住宅の住まいの決め手となる要因の1つに、今も昔も変わらずキッチンスペースの見栄え・収納力、使いやすさが挙げられます。調理スペースの大部分を占めるシステムキッチンは、「調理」「収納」「清掃」という3要素を兼ね備えた、言わば台所の心臓部といえるものかも知れません。そんなお台所を「見せれる」「使いやすさ」を意識したものにリフォームしてみたいものですね。一般にキッチンは大きく分けて、システムキッチンとセクショナルキッチンの2つのタイプに分かれます。システムキッチンとは、複数のキャビネットからなるフロアユニットを連結し、シンク付きのワークトップ(天板)により一体化させ、調理用加熱機器や食器洗い機などのビルトイン機器が組み込み出来る構造になったキッチンのこと。各住宅機器メーカーのショールームやリフォームセンターなど、一般の展示場で販売されていることも多く、昨今の新築住宅では当然の様にお台所に設置されている優れた収納システムです。

 

システムキッチンの特徴

システムキッチンの特徴としては、以下の点が挙げられます。

 

ワークトップ(天板)に継ぎ目がなく、お掃除しやすい。

一定の寸法で、しまい易さと取り出しやすさを意識してキャビネットが設置されている。

扉などのバリエーションが豊富で、安価なものから高価な物まで価格帯が広い。

ビルトインタイプの調理機器の交換が容易。

シンクなどの材質の種類が豊富。見た目も高級感があり、キッチンをおしゃれに演出できる。

 

キッチン本体だけでなく、レンジフードや吊り戸棚、前面部のキッチンパネルなどにもこだわり、落ち着いた自分だけの限られた空間を作り出せるのがシステムキッチンの特徴と言えます。

キッチンのレイアウトと作業スペース

システムキッチンの配置には、「壁付けキッチン」と「オープンキッチン」という2つのレイアウトがあり、それぞれにいくつかの決まった配置方式があります。どの方式のキッチン形態をとるかで、調理時に作業順序が異なり、動き方も変わってきますが、基本的には最もご自宅に適した配置を考え、入れ替えなどを検討するとよいでしょう。リフォームの専門家の方であれば当然のことの様に知っている「理想のワークトライアングル」、それぞれのレイアウトや作業スペースの必要寸法をご紹介しますので、これから設置を考えておられる方は、この機会に参考にしてみて下さい。

 

理想のワークトライアングル

「理想のワークトライアングル」とは、冷蔵庫・シンク・加熱機器の3点を結んで作られる三角形のこと。「冷蔵庫から材料を出す」「シンクで仕込みをする」「加熱機器で調理する」の3つの動作を動線で結び、作業効率を上げるのに最も適したレイアウトを考える際に使用する概念として知られています。この概念を使って作業動線距離を考慮し、プランをイメージするのが理想とされています。

 

壁付けキッチンのレイアウトの種類

キッチンの配置は「壁付けスタイル」と「オープンスタイル」の2つに大きく分かれますが、一般のご家庭でも多く見かける「壁付けスタイル」のレイアウトは以下の4種類が最も代表的です。

 

<壁付I型>

壁面に沿って横に真っすぐ一直線に設置される方式であるがゆえに、その見た目からI型と呼ばれています。最も基本的なキッチンのレイアウトで、多くのご家庭で見かける方式。ワークトライアングルを形成せず、「冷蔵庫」「仕込み」「調理」の3工程が横歩きのみになるため、キッチンの長さは最長でも3600ミリ程度が理想と言われています。

 

<壁付L型>

DK型キッチンに多く見られるレイアウトで、冷蔵庫の隣にシンクが配置され、90度横を向くと加熱機器が配置されるようなL型のキッチン形式。I型に比べて作業動線が短くなるというメリットがある反面、調理スペースが狭くなる恐れがある為、加熱機器はコーナー部より出来るだけ離して設置するのが望ましい。

 

型>

片方の壁面に沿って冷蔵庫とシンクが横に並び、後ろを振り返った壁面に加熱機器が設置されるような漢数字の「二」に例えられたレイアウト。横に動かず、背面を向くだけで作業が行えることから、最も効率の良い方式として知られています。シンクと後ろの加熱機器を少しずらすのがよく、通路間隔は1200ミリ程度取るのが理想。最低でも900ミリは開けておいた方がよいでしょう。

 

U型>

アルファベットの「U」の字を模したキッチンレイアウトで、冷蔵庫・シンク・加熱機器が互いに90度横に設置されるタイプ。最も作業効率がよいとされ、それぞれの間隔は9001200ミリ程度は空けたいところ。

 

オープンキッチンのレイアウトの種類

見た目も美しく、誰もが憧れる「オープンキッチン」は、ご家庭でのホームパーティーなど来客時にもちょっと誇らし気になれる異空間。作業をしながらのコミュニケーションなど、セレブ気分を味わえるキッチンスタイルです。最も知られているレイアウトは以下の2つとなります。

 

<ペニンシュラ型>

半島(ペニンシュラ)のようにキッチンが壁から突き出た配置で、ダイニング側とのコミュニケーションがしやすいというメリットがあります。但し、水や油のダイニング側への跳ね上がりには配慮が必要な場合があります。

 

<アイランド型>

島(アイランド)のように、壁から離れた孤島のようにキッチンが配置されるスタイル。ホームパーティーなど、大勢の人が料理に携わる機会の多いご家庭でとても重宝します。アイランド部に加熱機器を設置する場合は、レンジフードの設置などにも気を配る必要があります。

 

キッチンの作業スペースと適した寸法

システムキッチンのトッププレートには、作業の効率化をはかるために、「準備スペース」「調理スペース」「配膳スペース」という3つのスペースが定義付けられています。「準備スペース」とは、仕込み前の食材を陳列したりするスペースで、「調理スペース」とは切ったり盛り付けたりするスペース、「配膳スペース」は盛り付け、提供前の食材を盆に並べたりする場所のことを言います。これらの作業スペースには理想とされる寸法が決まっており、最低でも以下の寸法は確保できるようなレイアウトにすることが望ましいでしょう。

 

作業スペース

最小寸法

準備スペース

5センチ

調理スペース

15センチ

配膳スペース

15センチ

 

調理スペースに関しては、多くの食材を火にかける必要があるため、理想は6090センチ程度確保する必要があると言えます。

システムキッチンを構成する各部の名称

システムキッチンは、各パーツ・ユニットの集合体であり、長年愛用し続けてきた方の中にも、いまだどのような構成になっているかご存じない方も多いはず。各部材の名称や特徴をご紹介しますので、どのような種類があるのかを理解し、交換時の必要知識として頭に入れておきましょう。

 

ワークトップ・カウンター

ワークトップとは、カウンターとも呼ばれる天板部分のことで、主にステンレス・人造大理石などの材質が用いられています。他にメラミン・木・天然石・タイルなどが使われ、壁付けキッチンの奥行きは標準で65センチ、プランによっては60センチタイプなども選ぶことができます。

 

シンク

シンクは、洗い物を洗ったり溜めておくスペースのことで、ステンレス・人造大理石の材質のものが一般的です。各メーカーから様々なタイプのものが出ており、ステンレスシンクでは、水はね音が静かに設計されていたり、人造大理石においてはコーティングによってお掃除を楽に行えるものなど多くの種類のものが販売されています。

 

水栓金具

システムキッチンに付帯されている水栓金具の多くは、水とお湯を混ぜて吐水できる混合栓が多く使われており、市販されている様々なタイプのものに交換可能です。昨今では、タッチレス水栓やオールインワン浄水栓などの一風変わったものに加え、ハンドシャワー水栓、シングルレバー水栓といった使いやすさを求めた従来型に人気が集中しています。

 

フロアキャビネット

フロアキャビネットとは、おもにパーティクルボードなどの木質を用いた収納スペースのこと。開き扉や引き出しタイプのものがあり、高価なものほど収納力が高く、使いやすいといった特徴があります。床からワークトップまでの高さは、標準では85センチに設定されているものが多いですが、目安として身長(cm÷2+5センチの高さが最も作業がしやすいと言われています。

 

IH・ガスコンロ

ビルトインの加熱機器は、IHとコンロの両タイプがあり、IHの熱源は電気、コンロの熱源は都市ガスやLPなどのガスであるといった大きな違いがあります。安全性の面では、IHは直火を使用しないため、コンロよりも優れていると言えますが、逆にコンロの場合も昨今では調理油加熱防止装置などの普及により、高い安全性を実現しています。

 

食器洗い乾燥機

システムキッチンには、食器洗い乾燥機が設置されているものも多く、大家族の御家庭にはとてもありがたいユニット部として愛用されていることでしょう。食洗器があることのメリットとしては、「高温で洗えてなおかつ温風乾燥機能が付いているので衛生的」、「水道料が経済的」などの利便性が挙げられますが、デメリットとして「洗えない食器・落ちにくい汚れがある」などの声も聞かれるようです。

セクショナルキッチンとは?

キッチンには、システムキッチンとセクショナルキッチンの2つのタイプがあることは冒頭に述べましたが、それではセクショナルキッチンとは、いったいどのようなものなのでしょうか。システムキッチンは、一体化された構造であるのに対し、セクショナルキッチンは、「流し台・ガス台・調理台・吊戸棚」等の独立した部材を組み合わせて並べて据え置くタイプのキッチンです。メーカーのショールームや販売店などであまりお目に掛かる機会は少ないかもしれませんが、予備知識として知っておくと役に立つことがあるかもしれませんね。

 

セクショナルキッチンの特徴

システムキッチンと比べて、セクショナルキッチンのおもな特徴は以下となります。

 

間口に合わせて各独立した部材を組み合わせて置くことができる。

一体型ではないため、交換したい部分だけを交換することができる。

水栓金具や燃焼機器、レンジフードなどの機器は、本体とは独立しているため、交換の必要がなければそのまま使用できる。

システムキッチンに比べて、設置が楽。

など。

 

システムキッチンとの設置の違い

システムキッチンは、おもに戸建て住宅やマンションなど、居住スペースへの設置が主流ですが、セクショナルキッチンは、その運搬のしやすさ、設置のしやすさから、会社の給湯スペース、事務所、プレハブ、仮設住宅など人が済む居住スペース以外にも設置できるなどの違いがあります。


両者の施工費の違い

また、業者に依頼する際の施工費用についても大きな違いがあります。もし今後、ご自宅の新しいシステムキッチンへの変更を予定していたり、お勤め先のキッチンリフォームを考えておられる方は、あらたにセクショナルキッチンの導入を視野に入れてみるのもよいかもしれません。

 

<システムキッチンとセクショナルキッチンの施工参考価格>

キッチン種別

本体価格

施工費用

内装工事費

合計

システムキッチン

3040万円

2030万円

510万円

5580万円

セクショナルキッチン

1020万円

1020万円

510万円

2550万円

上記は、おおよその目安となります。

まとめ

少し大げさですが、システムキッチンは現代の文明の最先端を行くクッキングシステム、セクショナルキッチンは、ひと昔前の風情あるアナログ型調理システムと言えるかもしれません。両者のメリット・デメリットを理解し、より環境の適したところに設置して、明日のレシピを考える秘密基地を作り上げてみてはいかがでしょうか。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

キッチン上層空間のリフォーム|レンジフードを交換するだけで今までのイメージとガラリと変わる!

キッチンのリフォームには、間取りの調整から修繕、改装など、普段、目につく位置の改善が多く見受けられますが、実はあまり気づくことの少ない上層空間を利用したリフォームというのも数多くあります。その代表的なものが吊戸棚などのキャビネットの交換やレンジフードといった大型アイテムの入れ替え。これらは、住宅が新築された時のままの状態であるご家庭が多く、新しくすることにより、今までのレイアウトや見栄えが見違えるほど変わるリフォームとして大変おすすめです。今回、その1つとしてレンジフードの交換について取り上げてみたいと思います。昨今では、とても便利な機能を搭載したものが販売されていますので、この機会にご自宅の台所の上層空間をイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。

これから寒くなる時期に注意!ガス給湯器の種類や取り換えに関する豆知識

これから寒くなる冬にかけては、ガス機器の使用頻度も多くなり、劣化や故障などのトラブルが原因で急な交換を依頼されるといったご家庭を毎年多く見かけます。なかでもガス給湯器のトラブルは、日常生活に最も支障をきたすもので、いざ交換となればそれなりにコストもかかり、機種を選ぶだけでも相当な時間を費やしてしまうでしょう。今回、日頃あまり知ることのないガス給湯器に関する豆知識をご紹介します。突然のトラブルでもすぐに対応できるように、ご自宅のものがどのようなタイプであるのか、今1度再確認しておくことをおすすめします。

ビルトインコンロを交換したい!種類や取り換え費用、確認するべきこと

グリルやオーブン機能といった便利な機能が多く、キッチンにある調理器具の中でも最も使用頻度の高いビルトインコンロ。ある日突然、点火できなくなったり、物を落としてしまった拍子に割れてしまったなどのトラブルで使えなくなってしまったことはありませんか?ビルトインコンロを交換する機会などは、そうそうある訳ではないので、お取替えに関する情報、その他、予算に関することなど予備知識として知っていて損はないでしょう。今回、交換する際の様々な留意すべき事項についてお伝えします。取り換え費用もそれなりにコストが掛かるものですから、しっかりと情報を集め、事前に準備をしておきたいものですね。

 

「壁付けキッチン」VS「対面キッチン」 使いやすい台所はどっち?

台所リフォームのメインと言えば、キッチン選びです。メーカーやデザイン、サイズなど数多くあるため、どのキッチンを選べば使いやすい台所になるのだろうと考えるかもしれません。

その中でも特に比較されるのが壁付けキッチン対面キッチンです。どちらを選ぶかで、リフォーム内容が大きく変わるだけでなく、使いやすさも変わります。

では、使いやすい台所になるのは、壁付けキッチンか、それとも対面キッチンか検討してみましょう!

お料理好きは必見! 使いやすいキッチンにリフォームしよう!

家庭のあたたかさを一番感じる場所といえば食卓、そしてキッチンです。

主婦をはじめ、家族のために料理をする方は、特に使い勝手が気になりますよね。

しかしキッチンは毎日使うものなので、老朽化してしまったり、家族が大きくなってきたり食器や調理器具が増えてきたりして、リフォームの必要性が出てくることもあります。

リフォームするなら、やっぱり使いやすさを配慮したキッチンにしたいですよね!

それでは、使いやすいキッチンへのリフォームについて、解説してまいりましょう。