注文住宅の価格と相場

注文住宅の価格と相場

念願のマイホーム、間取りやデザインなど考えることは沢山あり、夢は膨らみますが、その一方で気になるのは価格のことではないでしょうか?

新築のマイホームを持つには、分譲住宅を購入するか注文住宅で建てるという方法があります。こだわりの家、満足度の高い快適なマイホームを目指して、注文住宅を選択する方も少なくありませんが、注文住宅価格と相場はどれぐらいなのでしょうか?

注文住宅とは?

そもそも注文住宅とは、どのようなものでしょうか?簡単に言うと、分譲住宅が既に規格化された住宅を買うのに対し、注文住宅はオーダーメイドで自分の希望や要望を詰め込んだ住宅を建てるという方法のことです。間取りや外観、材料などを自分で決めることが出来るので、住宅そのものだけでなく、価格も自分で調整出来るというメリットがあります。

この注文住宅に対応できる会社といえば、ハウスメーカー、工務店、設計事務所が主流です。そして、会社によって得意分野や価格が異なります。まずは、それぞれの特徴を知ることにしましょう。


1.ハウスメーカー

ハウスメーカーといえば、分譲住宅が主流ですが、ヘーベルハウスや積水ハウス、住友林業など注文住宅に対応している会社も数多くあります。知名度もあり、施工例も多く安心という方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、注文住宅とはいえ、ある程度パターン化されており、一から施主の希望を取り入れて建てるというより、いくつかの仕様を組み合わせて決めていくことになります。そのため、標準仕様や規格品を選択すれば、大量生産によって価格を抑えられるのに対し材料の変更や間取りを複雑にしてしまうと、オプションというかたちで価格が膨らんでいく可能性があります。

 

2.工務店

地域の気候や風土に対応した住宅を建てる点で適しているのは、地域密着型の工務店です。近隣で営んでいる工務店であれば、すぐに駆けつけてくれ打ち合わせや細かい相談もしやすく、入居後のアフターフォローにも信頼がおけます。

しかし、近隣に腕の良い工務店や相性の良い工務店があるかはエリア次第ですし、構造やデザインといった点では、やり慣れた古い方法を貫いているという工務店もあり、細かいこだわりが反映できるかには地域や工務店によってバラつきがあります。

 

3.設計事務所(建築家)

デザインや設計に重きを置いて家を建てるのであれば設計事務所がおススメです。デザインの自由度が高く、細かい要望やこだわりが反映される間取りや構造を可能にしてくれます。

設計事務所の場合は、設計が完成すると施工は工務店が請け負うことになります。設計だけ設計事務所に依頼し、自分で工務店を探す場合もありますし、設計事務所が契約している工務店が請け負う場合もあります。どちらにしても、簡単にいうと2カ所と契約を結んでいるかたちになるため割高になるケースが一般的です。

注文住宅の価格を比較する点での注意点

では、気になる注文住宅の価格ですが、住宅の広さやデザインはそれぞれ異なります。そのため、1件ごとを比較するのは、実際的ではありません。そこで、目安となるのが坪単価です。尺貫法と言われる日本独自の面積の表し方で、約畳2枚分の大きさ、平米で表すと約3.3㎡ごとの価格で比較する方法です。

この坪単価を使って、 坪単価×建築面積 で住宅の価格を比較することが出来ます。

 

★坪単価の算出方法が会社によって違う!?

しかし、相場を調べる前に注意しておかなければいけない点があります。それは、会社によって坪単価の算出方法が異なるという点です。坪単価は下記のように求められます。

坪単価=本体価格÷床面積

例えば、2,000万円の家で床面積が50坪であれば

本体価格2,000万円÷床面積50坪=坪単価40万円 となります。

この計算式はどの会社も同じですが、この床面積にどこまで含んでいるかで違いが出ます。

例えば、屋根付きの室内の面積、延べ床面積のみで計算している会社もあれば、玄関やバルコニーといった室内ではない土間部分も含んだ施工床面積で計算している会社もあります。

床面積に含める部分が異なれば、同じ住宅でも床面積は変わってしまい、必然と面積の大きな施工床面積で計算した坪単価の方が安くなります。坪単価が安いと思っていたら、単純に玄関やバルコニー部分が含まれていなかった、ということもありますので、しっかり比較をするのであれば、床面積の基準を同じにして比較することをお勧めします。

また、坪単価はあくまでも面積からの目安です。壁が多くドアなどの材料費が上がったり、水回り設備などのグレードが高かったりすれば、コストアップするので、坪単価だけでは見えてこないコストもあることも踏まえておきましょう。

注文住宅の価格と相場はどれぐらい?

ここでは、施工床面積で計算した坪単価をもとに、ハウスメーカー・工務店・設計事務所で注文住宅を建てた場合の相場や違いを比較してみましょう。

1.ハウスメーカー・・・60~80万円/坪

ハウスメーカーは上記でも取り上げましたが、規格化された標準仕様で建てると費用はおさえられますが、工務店や設計事務所と比較すると、宣伝広告費や開発費にお金がかかっているため、経費が工事費に上乗せされ坪単価が高くなります。しかし、ローコストをうたっているハウスメーカーでは、25万円~という会社もあるので、相見積もりをとって比較してみましょう。

2.工務店・・・40~55万円/坪

ハウスメーカーに比べ、経費の上乗せが少なく、利益は25%ぐらいを確保することが一般的なので、ハウスメーカーと同じ金額で建てる場合、建材やキッチンやシステムバスといった水回り機器のグレードを高く設定することが出来ます。

3.設計事務所・・・50~70万円/坪

設計事務所や建築家に依頼すると高く、70万円からが相場と言われますが、これは延べ床面積で算出している場合が多く、施工床面積で計算するとハウスメーカーより安くなります。しかし、設計事務所の場合は、施工は工務店が行うので、工務店の坪単価にプラス設計料が上乗せされた価格となるため工務店より高くなってしまいます。

意外とかかる注文住宅の諸経費

注文住宅で建てる場合には物件価格以外にも忘れてはいけない費用が他にもあります。それは諸経費です。下記のようなものが諸経費として必要となります。

地盤調査費用

建築確認申請料

工事請負契約書の印紙代

水道加入金

建物表示登記料

所有権保存登記料

 

その他、地鎮祭や上棟式、近隣挨拶などの費用も場合によって含まれるかもしれません。これらのものを加えると、諸経費は一般的に建築工事費の5~10%を見込んでおく必要があります。注文住宅は大きな買い物なので、諸経費だけでも数百万円になります。各会社で抑えられる部分がないか相談することや相見積もりをとってみることは重要です。

まとめ

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカー・工務店・設計事務所に依頼するのが一般的で、それぞれメリットやデメリット、価格が異なります。

会社

特徴

金額

ハウスメーカー

実績があり安心感があるが、完全自由設計のメーカーは少なく価格に広告料が含まれ高くなる。

60~80万円/坪

工務店

地域密着型でフットワークが軽いため細かな打ち合わせができる。工務店や地域次第で施工力にバラつきがある

40~55万円/坪

設計事務所・建築家

完全自由設計で、こだわった住宅に出来るが施工は工務店が請け負うため割高になる。こだわるほど坪単価とかけ離れ高くなる。

50~70万円/坪

 

坪単価だけを比較するとハウスメーカーが高いですが、完全自由設計となる工務店や設計事務所は、間取りやデザイン、建材にこだわることでコストアップしてしまうケースが多く最終的には、設計事務所の相場が高くなるケースが多々あります。

注文住宅の費用を検討する際には、坪単価を算出する時の床面積の求め方を一致させておくことや諸経費を含めることも忘れないようにしましょう。諸経費は工事費の510%が目安です。諸経費を忘れていて予算オーバーしたということにならないよう予算に組み込むことを忘れないようにしましょう。

坪単価を目安にしつつ、数社から相見積もりをとって、納得のいく快適なマイホームを注文住宅で建てて下さいね。

 

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください