冬場のヒートショックにご用心!「浴室換気乾燥暖房機」が危険な入浴時の温度変化をバリアフリー化する!

冬場のヒートショックにご用心!「浴室換気乾燥暖房機」が危険な入浴時の温度変化をバリアフリー化する!

寒い時期に起こる「ヒートショック」という言葉を1度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。冬場の入浴などの際に、住宅のリビングから脱衣所・浴室といった寒い空間へ移動する際に、温度変化により体内の血圧が急激に変化して起こる事故の事をこう呼びます。実は入浴時に起こる事故というのは、毎年1万件以上に達すると言われ、特にご年配の方に多いと言われています。このような事故を未然に防ぐには、できるだけお部屋とお部屋の温度差をなくし、身体に負担をかけ過ぎないことが重要であると言えるでしょう。今回、危険な「ヒートショック」を避けるための秘密のアイテムである「浴室換気乾燥暖房機」をご紹介します。まだご存知ない方も多いと思いますが、これから寒くなる季節のリフォーム機器として大変おすすめです。是非、この暖房機を設置して、浴室の温度のバリアフリー化を考えてみてはいかがでしょうか。

ヒートショックとは?

ヒートショック事故の実態

ヒートショックとは、一般に寒い冬季の入浴時などによく起こる事故で、室内と脱衣所・浴室との温度変化により、血圧が急上昇・急低下して急な心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす症状として知られています。特に高血圧や動脈硬化の症状のある方にその傾向が強く、なかでも高齢者の方はいたって注意が必要です。このような入浴時における事故は、多くがご自宅の浴室で発生し、11月~3月までの冬季期間に集中していることから、これから本格的な寒さを迎える季節を目前に控え、特に注意しなければならないと言えるでしょう。

なお、高齢者の浴室での「不慮の溺死・溺水」における死亡者数は年々、増加傾向にあり、平成23年以降では、「交通事故」による死亡者数よりも多くなっているという現状があります。少なくともヒートショックに対する認識を日頃から強く持ち、ご家族皆さんで防止策を講じれば、このような事故を未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

 

冬場の入浴時の注意点

ヒートショックは、おもに高齢者に多い事故と言われています。入浴中の事故などは、持病がなく、前兆がない場合でも起こり得る危険性があります。「自分だけは大丈夫」「病気などしたことがないから平気」などと過信せず、常日頃から「自分にも起こるかもしれない」と危機感を持ち、行動することが大切です。また、ご高齢者をお持ちの周りのご家族も、ご本人と一緒になって周りからのサポートをしてあげるように日頃から努めてあげてください。

以下に冬場における入浴の際の注意点をお伝えします。極力、脱衣所や浴室の温度差をなくし、身体に掛かる負荷を少なくすることが、ヒートショックを未然に防ぐ最善の方法であると言えるでしょう。

 

入浴の際は、浴室・脱衣所を温めておく。

湯温は41度以下、入浴時間は10分までを目安にしておく。

浴槽から急に立ち上がらない。

食後すぐの入浴、アルコールを摂取した後の入浴は控える。

精神安定剤・睡眠薬服用後の入浴は控える。

入浴前は、同居者に一声かけ、周囲のサポートを促す。

上記注意事項、「冬季に多発する入浴中の事故にご注意ください!」(平成301121日・消費者庁)文献引用

 

浴室換気乾燥暖房機の特徴

これから寒さが一気に本格化する時期に、ヒートショック対策、室温のバリアフリー化を目的におすすめできるリフォームが、「浴室換気乾燥暖房機」の取り付け工事です。多くのメーカーから様々な種類が販売されていますが、暖房機能に加えて乾燥機能や換気機能といった優れた機能を有し、高齢者とご一緒のご家族にはとてもおすすめできる暖房機です。冬季入浴時のヒートショックを未然に防げるどころか、秋や梅雨時期の天気が安定しない時期にも、安心して洗濯物が乾かせるなど、使い方も多種多様。一般には、以下の4つの機能を兼ね備えたものが多く販売されています。まずは、浴室換気乾燥暖房機にどのような機能が備えられているのかをご説明いたします。

 

暖房機能

「浴室換気乾燥暖房機」のメインとなる機能で、入浴前にあらかじめバスルームを温めておくことのできる「予備暖房」や、入浴中にも安心して快適な温風効果を得られる「入浴暖房」といった機能が多くの機種に備えられています。メーカーによっては、強い遠赤外線効果を期待できる「グラファイトヒーター」を採用している暖房機もあり、高い熱伝導率ですばやく効率的に浴室の温度を上昇させることができる機能です。

乾燥機能

乾燥機能が付加されていることにより、衣類を乾かしたり、湿った空気の浴室を乾燥させるのに大いに役立ちます。標準装備の「乾燥」モードや「節電乾燥」「風乾燥」といった数種類のモードを切り替えることにより、その場の状況や目的に応じて使い分けることが可能です。これらの機能で、シーズンを通して浴室が衣類の乾燥室に早変わりします。

涼風機能

涼風機能とは、蒸し暑い夏場などの入浴時に扇風機のような涼しい風を送り込んで快適に入浴ができる機能で、身体に当たると涼しく感じる「気化熱現象」を利用した便利なモードです。冷房機能とは異なりますが、多くの機種で換気機能も同時に作動するため、蒸し暑い時期のお風呂場の湿気を排出し、体感温度を大幅に下げれる便利な機能です。

換気機能

浴室換気乾燥暖房機に付帯されている換気機能には、様々なモードがあり、お好みに応じて変更できるのが大きな利点です。送風と換気を同時運転できるモードや、浴室だけでなく、脱衣所や廊下といった周辺までも幅広く換気できる機能などを搭載。通常のお風呂場の換気扇に比べ、機能も快適性も大幅にアップした使い道に長けている換気機能を有しているのが、浴室換気乾燥暖房機の特徴です。

浴室換気乾燥暖房機の種類

これから初めて浴室換気乾燥暖房機を購入されるという方は、大まかに以下のタイプに分かれるのを知っておくとよいと思います。それぞれのタイプの違いは、壁に取り付けるか、それとも天井に取り付けるかの違いです。また、既存の換気扇が浴室に設置されていれば、それを外して取り付けるか、外さずに取り付けるかの違いだけです。分類はさほど多くはありませんので、頭の中で簡単にイメージしておくと、店頭で選びやすくなるかもしれません。

<設置別分類>

壁面取り付けタイプ

浴室換気乾燥暖房機は、設置する場所に応じて2種類のタイプに分類されます。まず1つが壁面に取り付けるタイプで、既存の換気扇同様に浴室の壁面上層部に設置します。既存の換気扇が壁面に設置してあれば、それを外して取り付けるのか否かを選択する必要があります。一般によく販売されるタイプは、この種類が多いです。

天井取り付けタイプ

浴室の換気扇が、天井に付いている場合に選ばれるタイプで、壁面取り付けタイプ同様に既存の換気扇を外して取り付けるのか否かを選択しなければなりません。設置場所が天井であるため、見栄えもよくすっきりと納まる美しいデフォルトに仕上げることができます。


<機能別分類>

換気内蔵型

換気内蔵型とは、本体内部そのものに換気機能が組み込まれているタイプで、既存の換気扇を取り外して新たにその場所に設置するタイプのものを指します。今使っている換気扇を交換して、暖房・乾燥・涼風機能を新しく追加できるおすすのタイプです。

換気扇連動型

換気扇連動型とは、既設の換気扇を残したまま、その換気扇と配線を通じて連動させるタイプのもので、新たに設置する場所の開口工事などが必要なく、場所を選ばずに設置できるタイプのものを言います。連動コードを使って自由な場所に配置できるので、様々なレイアウトが楽しめるのが魅力です。

涼風暖房機との違い

浴室換気乾燥暖房機とよく似た形状で「涼風暖房機」というものが販売されています。こちらは、遠赤外線効果を用いた「暖房機能」と、夏場は涼しく快適な「涼風機能」の2種類のみの機能を兼ね備えた涼風暖房機です。換気扇と連動させたり、交換したりといった「換気機能」は有しておらず、従って住宅の居間や脱衣所など様々なお部屋に設置できるのが浴室換気乾燥暖房機との大きな違いです。おもな使い方は、エアコンを設置するほど広くはないお部屋での設置が、一番理想的な使い方と言えます。

浴室換気乾燥暖房機の取り付け費用

浴室換気乾燥暖房機の取り付け工事は、リフォーム会社や住宅設備会社に依頼することができます。また、お近くのホームセンターなどでも受け付けていることがありますので、取り付けを考える際は、いろいろな業者を調べ、見積もりしてみるとよいでしょう。参考までに取り付けに関する大まかな費用を以下に明記しておきます。ざっくりとした金額として把握しておけば役に立つと思います。

<浴室換気乾燥暖房機の取り付け費用>

既設の換気扇と入れ替える場合

機種タイプ

本体価格

標準工事費

開口部加工費

専用電源増設費

合計

天井取り付け

3000070000

1800020000

0

0

4800090000

壁面取り付け

3000070000

1800020000

0

0

4800090000

 

 

新しく新規に取り付ける場合

機種タイプ

本体価格

標準工事費

開口部加工費

専用電源増設費

合計

天井取り付け型

3000070000

1800020000

800010000

800010000

64000110000

壁面取り付け型

3000070000

1800020000

800010000

800010000

64000110000

取り付けに掛かる費用は、既設の換気扇から入れ替える場合と、新しく新規に取り付ける場合とで金額が異なります。また、ご家庭の取り付け位置によっても開口部を広げたり、専用回路を増設したりと別途加工費が掛かります。

 

 

<涼風暖房機の取り付け費用>

機種タイプ

本体価格

標準工事費

専用電源工事費

合計

涼風暖房機

4000070000

1200015000

左記金額に含む

5200085000

 


「浴室換気乾燥暖房機」おすすめメーカー

浴室換気乾燥暖房機は、様々なメーカーから販売されていますが、おもに髙須産業、MAX株式会社、TOTO、パナソニックなどが有名です。中でも髙須産業製は、価格もお求めやすく、高コスパでクオリティーも高いのでおすすめです。機会があればぜひ、店頭で実物に触れてみてください。

 

まとめ

これから本格的に寒さが厳しくなる時期になりますが、高齢者が浴室などで溺れる事故の発生件数の約7割は冬におきていると言われています。冬季期間は部屋との温度差が激しく、特に入浴の際にはお年寄りや血圧が不安定な方は注意が必要です。この機会に是非お風呂場のリフォームの一環として、浴室換気乾燥暖房機の設置を考えてみてはいかがでしょうか。

 

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

これから寒くなる時期に注意!ガス給湯器の種類や取り換えに関する豆知識

これから寒くなる冬にかけては、ガス機器の使用頻度も多くなり、劣化や故障などのトラブルが原因で急な交換を依頼されるといったご家庭を毎年多く見かけます。なかでもガス給湯器のトラブルは、日常生活に最も支障をきたすもので、いざ交換となればそれなりにコストもかかり、機種を選ぶだけでも相当な時間を費やしてしまうでしょう。今回、日頃あまり知ることのないガス給湯器に関する豆知識をご紹介します。突然のトラブルでもすぐに対応できるように、ご自宅のものがどのようなタイプであるのか、今1度再確認しておくことをおすすめします。

お風呂掃除の天敵「カビ」はリフォームでなくなる?!

お風呂リフォームを望まれる方の理由の多くは、意外にも広さや快適さを求めるリフォームよりもカビのないお風呂にしたい!とい理由です。毎日の疲れを癒し、汚れを洗い流すはずのお風呂ですが、浴室内のカビに悩まされているという方は少なくないようです。

しかし、本当にお風呂のリフォームをすればカビやすいお風呂から開放されるのでしょうか?

お風呂リフォームにかかる費用と相場を詳しく解説!

お風呂を新しくしたいというとき、相場が分からず困っていませんか?お風呂リフォームかかる費用は業者によって大きく異なるので、どの金額が適正なのかわかりづらいところがあります。

実際、リフォーム前のお風呂の状態によって費用が変わるので、おおまかな金額での表示となっています。ここでは、お風呂の種類によってかかる費用を具体的に紹介していきます。

水回りの修理やリフォーム、考えていますか?

お風呂やトイレが部屋ごとについていて、海外の大きな家は毎日お掃除が大変…そんなセレブな暮らしでなく日本によくあるサイズの戸建てやマンションであっても、或いは学生向けの小さなアパートサイズの部屋であっても、「生活のために水を使う場所」である「水回り」は1箇所だけではありませんよね。傷む速度や壊れるタイミングは使う頻度や用途によっても違います。ほとんど使わない場所にあって見た目はキレイでも、金属やゴム素材などのパーツを中心にそれなりに劣化していきます。「どこかを修理するとまたすぐに別の箇所が壊れる」という話をよく聞きますが、笑い話ではありません。その都度業者さんを探して修理の依頼をし、その日は家に待機していることになるなど、面倒な手間がかかって大変です。1回の出費は少なく済むかもしれませんが、実はとっても不経済なのです。


お風呂のリフォームするときの成功ポイント

新築で家を建てた場合であっても、外観と同じようにだんだんと家の中も劣化していきます。特に水回りの劣化は放っておくと、後々致命的なトラブルになる可能性が高いので、お住まいが15年くらいであれば、そろそろメンテナンスが必要な、或いは心配な時期といえます。水回りの劣化の程度はその家に暮らす人数や生活のリズムなど、使用頻度にも影響を受けるので、大家族が生活していれば通常よりも早い速度で傷みがでてきます。