玄関周りのバリアフリーの価格について

Q 質問

玄関周りのバリアフリーの価格について

(大阪 )
  • 質問者:masat08
  • 投稿日時:2015年04月08日(水) 20:22
  • お住まいの状況 : 戸建て

実家の玄関周りを親が使いやすいように、バリアフリーにと考えています。

玄関に入るまでに低いのですが階段があり、家に上がる時は少し高い段があります。

楽に出入りができるようにと思っておりますが、どういったリフォームで、価格は相場でどれくらいするのでしょうか?
色々見たりしているんですがいまいち把握できていません。

玄関に入るまでは手すりを付けて、玄関は、少し低めの物にリフォームできればと思ってます。
また、リフォームの際、気を付ける事があればそれも教えていただきたいと思ってます。

どれくらいの期間と、価格かお教えいただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答1

回答者
回答した数
971
参考になった数
1987
ベストアンサー
336
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2015年04月09日(木) 09:34

masat08 様

仮の設定での出した概算工事金額です。

仮定1;工事は玄関ポーチ周辺の外部に関する手摺工事です。
 
仮定1;  
階段の横には壁がなく、階段は1段15cm程度のタイル張りの床が2段+ポーチとします。
階段の部分に1本アルミの柱を設置、ポーチの水平部分にも2本柱を設置すると仮定します。
手摺材は外部用樹脂製手摺で、全長約2.5m以内と仮定しての金額で部材で4~6万円程度
工事費で3~4万円程度が目安ですね。
注意:  【部材はメーカー名や部材のグレードにより金額に違いがありますので施工店への確認をして下さい】
~階段の周辺状況、床の仕様や状態、手摺の設置希望距離によっても金額差がございます~ 

仮定2;工事は玄関内のホールとの段差の内部に関する段差解消の為の工事です。

仮定2;
玄関の土間とホールの段差25~30cm程度の段差があるとします。
広さや下駄箱等の設置条件により幾通りもの工事が考えられますが、一般的にまず踏み台の設置で対応する事が多いです。
規格品でも巾が45~60cm 奥行き30~40cm 高さは床とホールの段差の半分の高さに対応(調整)出来るものをお求め下さい。
《ホームセンターでも幅広く対応してもらえるお店もあり、日曜大工程度でも設置可能》
玄関の条件によっては、踏み台を台形やホームベース型につくり、通常使う人との動線を妨げない計画が必要だったりもします。
       
ご自分で設置する場合、玄関の見取り図面等を添付して頂ければ、簡単なアドバイスは出来ますが、リフォームまで考えられていれば、その事を工務店,大工さんに伝えて、トータルに見てもらうほうがよいと思います。
       
あと、踏み台設置場所に近いところには、体を安定させる為の60~80cmくらいの縦向きの手摺を柱や壁に取り付けてください。
条件(下地の有無等)によっては横向きの手摺でもよいので、必ず皆さんで話し合って決定してください。
       
工務店に頼んでも踏み台で1万円~2.5万円程度+設置費用(数千円~1万円強)
手摺も1箇所 材工共で1万円~+各社の諸経費はご確認ください。
期間は、打ち合わせと採寸で1~2時間程度 工事期間は内容によりますが、外部を入れてほぼ1日で終わります。(後は施工業者の個人差です)

ご実家のご両親のどちらかが、介護保険の要介護認定を受けられるなら、地元自治体(市役所、区役所)等に確認のうえ介護保険等の補助金の活用ができるか相談してみてはいかがでしょうか。

参考になった数 5
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2015年04月09日(木) 09:51
わかりやすい回答をありがとうございます。

早速今回のご回答を参考に考えてみたいと思います。

ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧