賃貸の許される範囲でバリアフリーに対応できるリフォーム

Q 質問

賃貸の許される範囲でバリアフリーに対応できるリフォーム

(愛知 )
  • 質問者:こもれび
  • 投稿日時:2018年12月25日(火) 10:22
  • お住まいの状況 : マンション

突然の事態で、身体が動かなくなり、
車椅子生活になってしまいました・・・。

現在、住んでいるところが…賃貸マンションなため、
バリアフリーにもできず、困っています・・・。
その賃貸マンションの室内には段差があり、
車椅子では狭くて身動きができません。

浴室も狭くて、段差があり、手すりも一本もなく、
お風呂も奥深く、とてもとてもはいれません。

引っ越しも考えてはいますが、
環境やお家賃も含めてなかなか自身にあった物件がございません。

賃貸の許される範囲でバリアフリーに対応するよう
部屋をリフォームするにはどうしたらよろしいでしょうか・・・。

crown

ベストアンサー

回答者
回答した数
751
参考になった数
1682
ベストアンサー
167
  • 工務店 / 一級建築士 / 福祉住環境コーディネーター
  • 回答者: 有限会社 藤田ハウス の藤田靖英です。
  • 回答日時:2018年12月25日(火) 13:54

こんにちは、こもれびさん。
賃貸になると、持ち主の同意が必要になると思います。
ただ、皆が使って便利な手すりなどは、実費でそのまま残すから…と了承をもらえたりという事例は聞いたことがあります。
あくまで、両者間での合意になりますから、丁重にお願いすることが大事だと思います。
あと、役場の高齢 介護課などのような福祉関係の相談ができる窓口に行き先に相談をしてみるのも、少しはいい案がでるかもしれません。
段差などでしたら、ラバーなどの滑りにくい材で出来ているミニスロープがあれば取り付け不要で段差を少しでも上がりやすくできるのではないでしょうか。
最後は、現地確認がひつようになりますので、先ほど述べたように役場に行き専門の方と相談をするところから始めるとよいでしょう。

参考になった数 1
の専門家がこの回答を支持しています。

相談者からの返信1

  • 返信日時:2019年01月09日(水) 12:08
市役所に行ってみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

カテゴリー一覧