バリアフリー | リフォームの価格比較

バリアフリーリフォーム
見積比較

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

バリアフリーリフォームのポイント

★バリアフリー・リフォームの極意★


~知って得する情報をお伝えします♪~

 

少子高齢化が叫ばれる現代、皆さんの身の回りにも高齢者の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ご自宅で介護をされているご家庭も多く存在している現代において、

住宅のバリアフリー・リフォームへの需要が高まりを見せているのは周知の事実かと思います。

将来的に、老後の備えとしてもバリアフリーに特化した住宅へのリフォームは気になるところですよね。

 

そこで今回はバリアフリー・リフォームの極意」と称しバリアフリーについて詳しく伝えしたいと思います♪♪

将来への備えとしても有効なバリアフリー・リフォーム。ぜひ若い方も、他人事だと思わずにご一読ください★

 

1.バリアフリー・リフォームとは?

そもそも「バリアフリー」とは、高齢者の方や障がい者の方などの社会的弱者が、

社会生活を送る上で支障をきたす物理的、もしくは精神的な障害を取り除くことを言います。

 

つまり、高齢者の方や障がい者の方が、より良い生活を送るためのもので、

自宅などを物理的に生活しやすく快適にリフォームすることを「バリアフリー・リフォーム」と呼びます。

 

当初この言葉の由来は【バリア=障壁】【フリー=取り除く】という意味合いから派生し、

物理的のみならず精神的な場面でも広く用いられています。

 

不要な段差を無くしたり、階段などに手すりを設置したりと、バリアフリー・リフォームの種類は多岐にわたっており、

個々人・過程毎の実情や悩みに応じた施工を行うことが重要となります。

 

2.バリアフリー・リフォームの意義・必要性を考えよう!

■安全・快適な暮らしを実現するバリアフリー・リフォーム!

バリアフリー・リフォームにおいて重要となるのは、将来のため、老後のために事前に困らないように準備しておくという姿勢です。老化に伴い、虚弱になったり転びやすく、骨折しやすくなってしまうなどの身体機能の低下が引き起こされたり、視力・聴力などの悪化により感覚機能が低下が著しくなってしまいます。

 

また、排泄回数が増えるなどの生理機能の低下も老化によって引き起こされますね。どんなに嫌でも年を重ねるのが人間ですから、バリアフリー・リフォームの重要性がご理解いただけるかと思います。

 年齢に関係なく安全に暮らせる住宅へのバリアフリー・リフォームは、何と言っても下準備が大切です!

段差をなくしたり手すりを設置したりして、転倒防止・歩行補助の機能を持つのはもちろんのこと、例えばドアを引き戸にしたり、浴槽の高さを低くしたり、滑り止め効果のある素材を床に使用するなど、多角的な観点から生活をより良く快適に過ごせるようにリフォームを行うのも良いでしょう。将来の安全を実現すべく、事前に準備万全にリフォームしておけば安心ですね♪

 

■将来に備えて、少しずつ徐々に準備をしていきましょう★

前述の通り、将来の状況に応じて安全な暮らしが出来るように準備しておくことが肝心ですが、すべて完璧なバリアフリーへのリフォームは金銭的にも生活時間的にも困難かと思います。

 

今すぐに万全なバリアフリー・リフォームを実施するのではなく、部分ごとに少しずつ実施されるのも良いですね。例えば、床のリフォームをするなら、その段階で事前にリビングと廊下に介在する段差をなくすリフォームは整えておき、階段への手すりの設置は必要に迫られてからの施工でも遅くはないでしょう。このように、家族の未来のため、そして将来の安心のためにバリアフリー・リフォームを行う人が増えています♪

  

 

 

3.バリアフリー・リフォームの極意!確認すべき事項をお伝えします♪

①現在の建物の状況確認!必要な施工は何なのか!?

バリアフリー・リフォームにおいて、まず最初の段階は、自宅建物の現状を正しく把握することです。実際にリフォームを担当する業者と、現物確認をしながら相談されるのがベターです。そして、現時点での生活における悩みや不便に感じている部分などを全て伝えることが重要です。

 

問題点や改善すべき点の洗い出しを行った上で、必要なリフォームは何なのか、優先順位はどこからなのか…など、具体的なスケジュール感も含めてお打ち合わせをされることをオススメ致します。

 

②より快適な住宅へ♪生活空間の確認

寝室で目覚めてお手洗いに。そしてリビングへ向かって朝ごはんを食べる。そして玄関へ向かって仕事へ行く。…こんな当たり前の生活動作ですが、現在のご自宅の建物は快適に空間を利用できていますか?

 

自宅での生活に際して、最も重要となるのは生活動線であると言われています。生活動線とは、家庭内で日常生活を送る上で移動する線のことを指します。例えばリビングからお手洗いへ向かう空間・動線は快適ですか?

不要に仕切られた間取りや、むやみやたらに長い廊下のせいで不便な日々を強いられていませんか?洗濯物を干すスペースと洗濯機の位置が必要以上に遠かったりしていませんか?

 

これらのように、生活における様々な移動の動線を根幹に据え、バリアフリー・リフォームを考えることが大切です。空間・動線が快適に整備されることによって、気付かぬうちに蓄積されていたストレスも解消されます。ご自宅の間取りや建物空間を再三確認された上で、リフォーム業者へ相談されるのが吉です

4.バリアフリー・リフォームの気になる費用は!?減税制度って何!?

それではバリアフリー・リフォームを行いたい場合、一体どれぐらいの費用がかかるのものなのでしょうか?

実施する箇所や施工内容によって左右されますが少なくとも【100~200万円程度】は必要となります!!

 

例えば車椅子等の方がいらっしゃるご家庭で、自宅内にエレベーターを設置する場合、約400万円程度かかります。

また、手すり設置には約10万円程度、開き戸を引き戸にする場合にも約20万円程度…など箇所に応じて様々です。

更に、グレードや品質によっても変わりますし、ご依頼されるリフォーム業者によっても相違します。

あくまでもバリアフリー・リフォームには定価という概念が存在しませんので、

複数のリフォーム業者から相見積もりをとって比較検討されることがマストです!

 

■バリアフリー・リフォームに関する減税制度のご紹介

さて、ここまでバリアフリー・リフォームの概要や意義、相場などについてお伝えしてきましたが、実は所定のバリアフリー・リフォームを実施した場合、減税される仕組みがあることをご存知でしょうか?

  

例えば介助用の車椅子での移動を容易にするため、廊下や出入り口の幅を広げる工事や、階段・浴槽・お手洗い・出入り口の扉などを改良する工事の一部が「所定のバリアフリー・リフォーム」に該当します。

 

減税制度には以下の通り、いくつか種類が存在しています。

 

  返済期間10年以上の住宅ローン利用で

バリアフリー・リフォームを実施した場合に適用される「住宅借入金等特別控除」

 

★返済期間5年以上の住宅ローン利用で

バリアフリーのために増築した場合に適用される「特定増改築した場合の住宅借入金等特別控除」

 

H21.4.1~H31.6.30までの間にバリアフリー・リフォームを実施した場合に

工事完了年の所得税から工事額の10%を税額控除する「既存住宅の特定改修を行った場合の税額控除」

 

H19.1.1時点で存在している建物のうち、H30.3.31までに

バリアフリー・リフォームを実施した場合の「固定資産税の減額」

 

バリアフリー・リフォームを実施される場合にはぜひ上記の減税制度についても漏れなく確認頂くことが大切ですね♪損することなく適切な補助を受けるべく、忘れずに申請を行うようにしてくださいね★

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?今回はバリアフリー・リフォームについてお伝えしました。

将来の安心・安全のため、また家族のために事前準備をしておかれることは非常に有益です。

助成金や補助制度も忘れることなく賢く活用し、上手なバリアフリー・リフォームを実現してくださいね♫

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

バリアフリーリフォームQ&A

新着相談 全59件中 1~10件目

参考になったランキング 全56件中