青森県の工務店にリフォーム相談

青森県のリフォーム
見積り比較で安心低価格

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

青森県でのリフォームのポイント

日本に元気を与える県!?遺跡多数!?青森県の意外な顔とは・・・

・日本文化の真骨頂が味わえる

日本文化と一口にいっても様々ありますよね。

それは各地の慣習や、あるいは宗教的なものも含めてたくさんあります。

実は、このような各地域で異なる文化が存在しているというのは世界的に見ても珍しい事で、特に青森県は各市町村においても様々な風習などがあります。

これは、日本固有の宗教的思想が「アミニズム」という精霊信仰に近いものだからで、多神宗教だからだといえます。

そのため歴史的建築物や、あるいは古来の建築方法に基づいた建物が多数存在しており、それらの建物のリフォームなどを専門に扱う職人さんも居たりします。

 

※狭い方が、実は落ち着く

一日に必ず何度も立ち寄る場所といえば、トイレです。

健康な人間であれば、毎日必ず使う場所です。だからこそ、そこにはなみなみならぬコダワリのようなものがあります。

例えば、今現在では洋式のトイレが一般的ですが、中には和式で無いと出来ないという人が居ります。そういう人は、わざわざ洋式を和式トイレにリフォームしてしまうのだそうです。

幼少期から和式で過ごした人からすると、座って用を足すというのは難しい行為なのだそうです。

そして、トイレは単に用を足すための場所ではなく「癒し」の空間でもあります。トイレで本や新聞を読むのもそのためです。

広い部屋でなく、狭いトイレの方が落ち着くんですよね。そのため、逆に広いトイレは落ち着かないんですよ。そういう人は、わざわざトイレを狭くするのだそうです。

気持ちはわからないではないですが、わざわざリフォームをしてまで狭くするというのはよっぽどですね。


・遺跡が多い

青森には、ストーンサークルのような遺跡もあったりします。

実は青森県は、遺跡が多数あることでも有名です。

特に縄文時代の遺跡が多く、三内丸遺跡や二ツ森貝塚、是川遺跡から土器や土偶などが多数発掘されています。

冬が非常に厳しい気候であるにもかかわらず、なぜこんなにも遺跡が多く発見されているのかは謎です。

自然は今なお比較的豊かですし、例えば狩りなんかもしやすかったんでしょうね。

 

そういった事情もあってか、とある大学の教授なんかは青森に別宅を持ち、たびたび青森に訪れては研究をしていたりするのだそうです。

マニアなんかも中古物件を買ってリフォームなどをして住めるような時代ですからね。

そういう本職の人であれば、青森にわざわざ別宅を持っても不思議ではないでしょう。


・本州でもっとも雪が激しい

どうやって家から出れば・・・

ある意味で青森県の真骨頂と追えるのが、雪の激しさです。

本州でもっとも激しいとされる雪は、積雪量が1メートル以上になることも大変多いです。

また、真冬の日中平均気温がマイナス5度という極寒の地でもあります。

そのため、例えば床暖房のような比較的新しい暖房設備を取り入れるようなリノベートやリフォームをするお宅が大変多く、雪の対策としても、例えば屋根に積もった雪が自然と地面に落ちるような仕組みにリフォームするようなこともあるようです。

雪かきは非常に大変ですし、高齢ですと事故死につながる可能性もありますからね。

そういった事情もあって、このような雪対策のリフォームが盛んに行われているのです。

 

・林檎以外にも・・・

シャキッと甘く、おいしそうです。

青森県といえば、林檎の名産地として非常に有名ですよね。

市場に出荷されている品種だけでも、なんと40種を越えています。

さらに今なお品種改良などによって生み出されようとしているものは300種以上です。

かなり林檎に力を入れていることがわかりますが、実は青森県の名産は林檎だけではありません。

日本人なら誰もが元気になるために口にする、二つの作物も青森県産であることが多いです。

 

一つは、ナガイモです。いわゆる「トロロ」ですね。

ナガイモは非常に消化が早く、即座にエネルギー源になってくれる作物です。

食欲が無い時なんかは、これをご飯にさっとかけてかき込んだりする人も覆いのではないでしょうか。

そしてもう一つが「にんにく」です。

かつては修験者たちが旅の疲れを吹き飛ばすために口にしていたという「行者にんにく」なんかが有名ですよね。

栄養価が非常に高く、また食材を香り付けしたりすることで食欲を増進させてくれるありがたい野菜です。

実は栽培もそんなに難しくなく、近年では庭なんかで一般家庭でも育てる人たちが増えてきています。

しかし、当然ながら青森県産のものにはかなわないですね。

一粒の大きさがダントツで違いますし、味も非常に濃いです。


・あの高級食材の産地!?


見るからに高そうな料理ですね。おいしそうです。

 

そしてもう一つ、青森県で作られている名産品があります。

これはフランス料理などでも使われる大変高価な食材として知られ、いわゆる「世界三大珍味」の一つでもあります。

それは何かといいますと、「フォアグラ」です。

驚くべきことに、日本でフォアグラが作られているのは青森県だけなんですよね。

青森県はもともと鶏卵業も盛んです。

日本の鶏卵業は他国から見ても非常にシステマチックで、効率を重視しています。

そういった点が、フォアグラとマッチしたんでしょう。

フォアグラ製造の工程も非常に効率的で、エサを与える時間なんかもキッチリと決められています。

今までの経験を生かして新しいことを始めるというのは、収入を増やす上でも非常に重要なことですからね。

 

・海と海がぶつかる場所

新鮮なイカは、お刺身で食べるとコリコリとした食感が楽しめて、非常においしいです。

 

青森県は、日本海と太平洋がぶつかる県です。

そのため漁業も非常に盛んで、特イカなんかが有名ですね。

新鮮なイカをソーメンに見立てて啜るという大変豪快な食べ方をする「イカソーメン」なんていうものがあるほどで、そのイカの水揚げ漁は日本一を誇ります。

また、八戸のマグロんかも有名ですね。

テレビでももはや年末の定番となりつつあるマグロとの格闘を描いた番組、皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか?

ああいった番組の影響からか、中古のマグロ漁船を購入し、そして新しい装備にしたりリフォームしてマグロ業に転向する中年層も居るのだとか。

傍から見ていると無茶に見えますが、しかしそういった生活にあこがれてしまうことというのは、なんとなくわかりますよね。

見積り比較までの3ステップ

  1. 1. 地域を選択
  2. 2. 条件を選択
  3. 3. 厳選業者をご紹介

まずは地域を選択してください

リフォームQ&A

新着相談 全11件中 1~10件目

参考になったランキング 全11件中